お知らせ

第3回「歯の数が寿命に影響する?

 

お口の健康について

 

健康寿命と8020(ハチマルニイマル)運動

 

 日本人の平均寿命はいまや80歳を超え、健康な状態で社会生活を送れる健康寿命もほぼ世界一なのです。それでも平均寿命と健康寿命との間には、男性で9年、女性は12年半という差があります。

 

 老化を遅らせるには「口の健康を維持することが大きな要素であること」は間違いないと思います。日本歯科医師会は「80歳で20本以上噛める歯を維持する」という8020(ハチマルニイマル)運動を展開しています。

 

 80歳で歯が20本以上ある人よりも歯が1本もない人は、1か月で医療費が1万5千円ぐらい高く、1年間でその差は18万円程になります。1~9本ある方は月に7000円程、10~19本の方も3000円程という差があります。つまり歯がたくさん残っている人は医療費が少なく、病気になりにくいということがデータから明らかになっているのです。

 

 また入れ歯で奥歯のかみ合わせのできる人は転倒が少ないというデータがあります。歯がたくさん残っている人はもちろん元気だけれど、歯も入れ歯もない高齢者は、元気な人が少なく寝たきりが多いということになります。

 

 


 

5つのテーマに沿って連載します

 

お口の健康について

 

 大阪府歯科保険医協会の協力を得て5つのテーマで連載します。具体的には、「人は口から老いる?」「歯を失うと転倒リスクが高くなる?」「歯の数が寿命に影響する? 」「歯の数が多いほど認知症にならないか?」「元気な人は知っている。お口の健康が老化予防につながる理由」という5つのテーマです。

 

 

身体もお口も健康に / オーラルフレイル