求人情報

簡単料理で健康に!!

簡単料理TOP

 

「穴子の柳川風」

 

 

 今回は、6月の旬な食材、穴子を紹介します。
 穴子の主な産地は東京湾や瀬戸内海です。穴子にはビタミンAが非常に多く含まれます。他にも、カルシウムやビタミンB群やビタミンEも豊富に含まれています。
 ビタミンAは、粘膜や皮膚の抵抗力を高めますので、かぜや肌荒れなどに有効ですし、ドライアイや眼精疲労にも効果的です。また、ビタミンB群はこれからの季節に役立つ、夏バテ防止にも有効です。スーパーで選ぶときのポイントとしては、開いて売っているものは皮に光沢があり身が白いものが良いでしょう。

 

【作り方】

  1. 穴子は4~5cmの長さに切り、酒をふりかけておく。ごぼうはささがきにし、水に放ちアク抜きをする。白ねぎは小口切りにする。卵は割りほぐす。
  2. 浅めの鍋に水1/2カップと(A)を合わせ、ごぼうを加える。火にかけて煮立ってきたら、白ねぎの半量を加える。穴子を上に並べ入れ、さらに煮て、穴子に火が通ったら卵をまわし入れる。残りの白ねぎを加え、蓋をし、卵が半熟程度まで煮る。
  3. 器に盛りつけ、粉山椒を好みでかける。

【材料(4人分) 1人:238kcal 塩分1.8g】

 

穴子(開いたもの)  ・・・ 250g
酒          ・・・ 大さじ1杯
ごぼう        ・・・ 100g
白ねぎ        ・・・ 1本
卵          ・・・ 3個

調味料(A)
酒          ・・・ 大さじ3杯
薄口醤油       ・・・ 大さじ2杯
みりん        ・・・ 大さじ2杯

 

西淀病院食養科・科長 村田 敬也