求人情報

簡単料理で健康に!!

簡単料理TOP

 

「グリーンピースのスープ煮」

 

 

 今回は、5月の旬な食材、グリーンピースを紹介します。グリーンピースはエンドウ豆の一種で、豆が完全に熟す前の実のことです。そして、食物繊維の含有量が数ある野菜の中でもトップクラス。ほんのひと握りのグリーンピースを摂取するだけでも、サラダの大盛り1杯とほぼ同等の食物繊維が摂れるのですから、食べない手はありません。
 食物繊維は大別すると、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維に分けられ、グリーンピースに含まれている食物繊維は不溶性食物繊維に属します。この不溶性食物繊維は消化されずに腸まですすむので、腸内の水分を吸収して適度に膨らむことで、腸壁を刺激し、便の排泄を促す働きがあります。
 また、不要な腸内細菌や老廃物、発がん性物質を体外に排出する働きもあることから、がんの抑制効果も期待できますし、腸の働きを活性化させる善玉菌を増やし、腸内環境を整える作用もあります。便秘がちな方にとって、食物繊維が豊富なグリーンピースはぜひとも注目したい野菜ではないでしょうか。玉ねぎに含まれる栄養で代表的なものは、硫化アリルという化合物です。

 

【作り方】

  1. ベーコンは幅5mmに切る。玉ねぎはみじん切りにする。
  2. 鍋にサラダ油を入れ中火で熱し、ベーコン、玉ねぎを入れて、玉ねぎが透き通るまで炒める。グリーンピースを加え、スープの素と、水1/2カップ、塩、こしょう各少々を加えて弱火にし、ふたをして3分ほど煮る。

【材料(2人分) 1人:202kcal 塩分1.2g】

 

 グリーンピース      ・・・ 200g
 ベーコン         ・・・ 3枚
 玉ねぎ          ・・・ 適量
 コンソメスープの素(顆粒)・・・ 小さじ1/3
 サラダ油         ・・・ 適量
 塩            ・・・ 適量
 こしょう         ・・・ 適量
 水            ・・・ 1/2カップ

 

西淀病院食養科・科長 村田 敬也