求人情報

簡単料理で健康に!!

簡単料理TOP

 

「新たまねぎの丸ごと煮」

 

 

 今回は、ちょっと遅いかもですが4月の旬な食材、玉ねぎを紹介します。
 玉ねぎに含まれる栄養で代表的なものは、硫化アリルという化合物です。玉ねぎを切った時に目が痛くなりますね。これは硫化アリルが原因です。
 硫化アリルはビタミンB1の吸収を高める効能があり、新陳代謝を活発にしたり、疲労回復などの効能も期待できます。また、硫化アリルには血液凝固作用を遅らせる働きがあり、血液をサラサラにして血栓を予防する効能があります。
 なお、硫化アリルは水に溶けやすい性質を持つため、サラダなどで食べるときは水にさらしすぎないように注意しましょう。

 

【作り方】

  1. 新たまねぎは皮をむき、上下を切り落とす。鍋に鶏ひき肉、しょうが、酒大さじ1杯を入れ、へらで混ぜる。
  2. 鍋を中火にかけ、へらで混ぜながら、肉の色が変わるまで火を通す。
  3. だしを加えて沸騰させ、新たまねぎ・菜の花を入れて弱火にし、アクを取る。薄口醤油小さじ1杯半を加えて15分間ほど煮たら、適量の煮汁とともに器に盛り、みつばの葉を添える。

【材料(2人分) 1人:110kcal】

 

 新たまねぎ     ・・・ 2個
 鶏ひき肉      ・・・ 50g
 しょうが(みじん切)・・・ 小さじ1杯
 だし        ・・・ カップ2杯半
 みつばの葉     ・・・ 適量
 菜の花       ・・・ 適量
 酒         ・・・ 大さじ1杯
 薄口醤油      ・・・ 小さじ1杯半

 

西淀病院食養科・科長 村田 敬也