お知らせ

知りたい・知ってほしい制度のあれこれ

制度のあれこれTOP

 

新型コロナウイルス感染症

生活困窮者自立支援金の支給について

 

 新型コロナウイルスは終息の気配もなく、生活への不安を抱えている方は多いのではないでしょうか。生活困窮状態が続いている世帯の生活を支援するための給付金制度があります。

 

 対象者は、総合支援資金の再貸付を終了した世帯や再貸付不承認となった世帯で、以下の要件を満たす世帯となります(生活保護受給中の世帯を除く)。

 

  1. 収入が単身世帯12.4万円、2人世帯17.8万円、3人世帯22.4万円を超えないこと(月額)
  2. 預貯金が単身世帯50.4万円、2人世帯78万円、3人以上世帯100万円以下であること
  3. ハローワークや公的な無料職業紹介の窓口に求職申込をし、求職活動を行うこと、または、就労困難で生活の維持が困難と見込まれる場合には、生活保護の申請を行うこと

 尚、申請期限は令和4年9月末まで延長されています。郵送申請のみの受付となります。

 

 不明な点は、大阪市自立支援金 申請案内コールセンター(電話:06-7777-1071)へお問い合わせください。

 

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金|厚労省

 

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金の支給について|大阪市

 

再支給について|大阪市

 

吹田市、茨木市の方は、以下のサイトを参照ください。

 

コロナ生活困窮者自立支援金|吹田市

 

コロナ生活困窮者自立支援金|茨木市

 

西淀病院 医療福祉相談室 社会福祉士