お知らせ

知りたい・知ってほしい制度のあれこれ

制度のあれこれTOP

 

「大阪市の生活支援サービスで、介護用品の支給があるのをご存じですか?」

 

 介護が必要な高齢者を介護するご家族に、介護用品と引き換えることができる給付券(1ヶ月あたり6,500円で、1年間に最大12枚)が交付されます。

 

 対象者は、大阪市内にお住まいの高齢者(要介護高齢者)を在宅で介護している大阪市内にお住まいのご家族(介護者)で、要介護高齢者の要介護度が要介護4および要介護5、もしくは要介護3で認定調査票の「排尿」「排便」のいずれかが全介助の方です。ただし、要介護高齢者の世帯および介護者の世帯共に、市民税が非課税の世帯に限られます。

 

 給付の対象となる介護用品は、紙おむつや尿取りパッド、防水シーツ、口腔ケア用品、食事用エプロン、とろみ剤等です。1ヶ月の上限額6,500円を超える介護用品の注文をした場合、超過分は自己負担となります。 

 

 該当する方がいらっしゃいましたら、各区保健福祉センター福祉業務担当(高齢者福祉)にお問い合わせください。

 

 ⇒大阪市介護用品の給付

 

 ⇒西淀川区保健福祉センター

 

 ⇒淀川区保健福祉センター

西淀病院 医療福祉相談員
 水野 敬太