求人情報

健康で長生きするために!

健康で長生きするためにTOP

 

そのおくすり、止める? 止めない? 迷った時は

 

 定期的に受診されている方は、糖尿病のおくすり、血液サラサラのおくすりなど、毎日おくすりを飲まれていることと思います。ただ、いつもと比べて体調が悪い時には、「おくすりを飲んだ方がいいの? 飲まない方がいいの?」と迷われることも多いと思います。

 

 これに関しては、体調とおくすりの種類との組み合わせで、対応が異なります。たとえば、血糖値を下げるおくすりは、ご飯が食べられない時には飲まない方が良いことが多いです。一方で、バイキンをやっつける抗生剤は、ご飯が食べられなかったとしても、きっちりと飲んだ方が良いことが多いです。

 

 こういったことについて、おくすりをお渡しした時に、医師や薬剤師から説明をしています。でも、数が多いと、いちいち覚えておくのが大変ですよね。もし迷った時は、ご自身だけで判断なさらず、かかりつけの診療所や薬局に、お気軽にお問い合わせください。皆様の安全・安心な服薬をサポート致します。

 

西淀病院 内科医師 原澤 俊也