ファミリークリニックなごみ 家族まるごと、なごめる場所をめざして

contentsごあいさつクリニックの特徴クリニック内紹介診療案内健診案内医学生・研修医の方へなごみ便りアクセス・リンクHOME

〒532-0031
大阪市淀川区加島4-2-17
TEL:06-6300-5517
お問い合わせ
Mail:nagomi@yodokyo.or.jp

淀協ホームページ

 

HOME医学生・研修医の方へ>修了者・後期研修医からの一言

医学生・研修医の方へ

☆ 修了者より ☆

スタッフ全体がチームとなって。

 石井大介と申します。
 私はプログラム「なごみ」の卒業生で、家庭医療専門医を取得し現在は東大阪生協病院で家庭医療分野を開拓しながら当プログラムの研修指導に携わっています。赤ちゃんからお年寄りまで家族全員の主治医となり、地域に住む全ての人たちの健康に関わる家庭医の姿に魅せられてこの道を選びました。
 当プログラムの特徴は、病院総合医との連携により確かな臨床能力を身につけることができること、地域住民と協同での健康増進活動、そして他施設プログラムとの学び合いです。クリニックでは、看護師や事務職員まで全てのスタッフが家庭医療について関心を持ち、より良い看護や接遇に生かしていこうという雰囲気があり、研修に最適な環境だと自負しています。
 将来広く地域の人々の健康に貢献したいと思う研修医・学生のみなさん、ぜひ一緒に学び合いましょう。

医師 石井大介

こどもからおばあちゃん、おじいちゃんまで。

 みなさん、はじめまして。金子愛子です。
 そもそも私が家庭医をめざそうと思ったのは・・・こどもからおばあちゃん、おじいちゃんまで家族を含めて、診れるようになりたいと思ったからです。
 後期研修1年目は内科を中心に総合内科、消化器科、循環器を研修しました。2年目は小児科を中心に研修しました。小児科研修しながら、内科外来も行いました。
 数ヶ月前に、小児科で診ていたこどものお母さんが偶然にも私の内科外来に受診され、嬉しい気持ちになりました。
 みなさんも家庭医に興味があれば、一緒に研修しましょう!!

医師 金子 愛子


☆ 後期研修医より ☆

 ファミリークリニックなごみでは、後期研修医が研修しています。
 研修を修了した医師は、日本家庭医療学会(今後日本プライマリケア学会、日本総合診療学会と合併予定)の専門医試験の受験資格を得ることができます。

『家庭医』というキーワードにピンと来た人はぜひ!

@家庭医プログラムを選んだ理由
 地域の人によい近いところで医療がしたいという気持ちから、『家庭医療』というものに興味を抱き、家庭医プログラムを選択しました。

Aこれまでと現在の研修内容
 後期研修の前半は、総合病院で消化器、循環器など専門科ローテートや、総合診療科で初期研修医の指導医を担わせて頂いたりと病棟での内科中心の研修を行いました。後半には、診療所研修を行った後に、自分の希望に合わせたローテート(整形外科、小児科、外来中心の研修)を予定しています。

Bなごみプログラムのセールスポイン
 受け身ではなく、積極的に研修をよりよくしたいと思っているたくさんの仲間がいることです。またやりたいことを実現できる環境もそろっています。

C今後の目標
 一般外来や訪問診療を、自信をもってこなせる、または指導できるような医師を目指しています。

DこのHPを見ている人に一言
 家庭医療についてよく知らない人でも、ピンと来た人はぜひ!一緒に勉強していきましょう。

(後期研修医時の記述)

ファミリークリニックあい 所長 花房 徹郎

自分らしい研修を組み立てることが出来ます。

@家庭医プログラムを選んだ理由
 好きな臓器を探しても見つからず、その人自身と長く、かつその取り巻く背景を丸ごと診ることができる科⇒"家庭医"を学びたいと考えたから。

Aこれまでと現在の研修内容
 1年目は内科病棟、外来、往診を、2年目は小児科・整形外科・産婦人科・緩和・往診を。3年目の診療所研修は、これまでの研修を活かして、なごみ外来や往診の他に予防接種外来、子宮癌検診、乳癌検診などもやっています。

Bなごみプログラムのセールスポイン
 職員みんながアットホームな雰囲気

C今後の目標
 ・褥そうの学習会
 ・地域の介護者や医療従事者を対象に認知症の学習会
 ・往診患者さんの、QOLを評価するSEIOQLによる現状把握
 ・地域の保育所検診や小中高校に禁煙学習会や性教育などを行う
 ・子宮癌検診や乳癌検診をFcなごみで行う
 ・他職種会議(ケアーマネージャー、看護師、薬剤師、医師、ヘルパーなど)

DこのHPを見ている人に一言
 みなさんも、私たちと一緒に家庭医の仲間入りをしませんか?

(後期研修医時の記述)

医師 野口 愛

地域に地域に打って家庭医像に憧れを感じて。

@家庭医プログラムを選んだ理由
 患者さんのトータルヘルスプロモーションというところで、予防や患者教育といった病院だけではない、地域に打って出る家庭医像に憧れを感じたのと、大阪という地域が好きだったからです。

Aこれまでと現在の研修内容
 初期研修2年を終え、現在コープおおさか病院で消化器内科を中心に病棟および外来研修をしています。
 隔週の水曜日には、ファミリークリニックなごみで午前の外来1単位と、午後は患者宅での健康教育(班会)を行い、夕方からは西淀病院にて臨床倫理カンファレンス、ハーフデイバックに参加しています。

Bなごみプログラムのセールスポイント
 振り返りが適切なタイミングで行われており、自身の診療の質の向上ができると思います。また、民医連に特徴的な'濃い'患者さん'をマネジメントする面白さ、そして元気な後期研修医集団が魅力的だと思います。

C今後の目標
 継続的なファミリークリニックなごみ周辺での外来診療、往診診療、患者教育を通して、3年間で地域の健康指標の向上をアウトカムにするようなリサーチを行うことと、初期研修医教育に携われるような臨床力を磨いていきたいと思っています。

DこのHPを見ている人に一言
 まだまだ開拓中のプログラムですが、地域の方一緒に健康づくりをしていくフィールドがあると思います。独創性があり、優秀で、コミュニケーションスキルに長けている方は、きっとやりがいのある後期研修ができると思います。ぜひ、一緒に研修をしましょう、そして、僕にご教授下さい。

(後期研修医時の記述)

ファミリークリニックなごみ 所長 長 哲太郎

研修の様子へ

ページトップへ

 

copyright (c) family clinic nagomi
淀川勤労者厚生協会HP