健康友の会

 ・健康友の会のご案内
 ・機関紙「健康の友」

トップページ

機関紙「健康の友」
知りたい・知ってほしい制度のあれこれ

知りたい・知ってほしい制度あれこれ

「 認知症になっても安心して暮らせるように… 」

介護老人保健施設よどの里 支援相談員
森部富美子

  「最近物忘れがひどくなった気が…」「認知症にならない方法を知りたい」「私はしっかりしてるから大丈夫!」などなど、認知症については、みなさん様々な思いを持っておられます。老健よどの里では、今年度3回シリーズで「認知症公開講座」を開きました。たくさんの友の会の会員さんや地域の方が参加され、認知症への関心が非常に高いと実感しました。
 認知症と聞くと徘徊や興奮状態が続くなど重い状態を思い浮かべる人が多いと思いますが、物忘れや気力低下などの症状から認知症に気付くこともあります。ご家族のことでも「認知症かな?」と心配なときは、専門の医療機関でなくても大丈夫。まずは、かかりつけの各診療所で相談してみましょう。
 また、認知症について正しく理解し、地域に暮らす認知症の人やそのご家族を温かく見守る応援者=「認知症サポーター」が地域で誕生しています。オレンジ色のブレスレットがサポーターの印です。養成講座を受講して、あなた自身がサポーターになることもできます。養成講座開催については友の会にご相談ください。
 是非「認知症サポーター」になって、認知症になっても安心して住み続けられる街づくりに力を発揮しませんか?



淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ