健康友の会

 ・健康友の会のご案内
 ・機関紙「健康の友」

トップページ

機関紙「健康の友」
知りたい・知ってほしい制度のあれこれ

知りたい・知ってほしい制度あれこれ

「 肝炎治療医療費助成制度について 」

西淀病院 医療ソーシャルワーカー
竹内 洋藏

 現在、日本にはB型・C型ウイルス肝炎患者・感染者が350万人以上と言われています。この間、薬害肝炎訴訟やB型肝炎国賠訴訟等の社会的動きの中、肝炎治療に対する治療費制度ができました。

制度内容:「B型・C型肝炎のインターフェロン治療」及び「B型肝炎に対する核酸アナログ製剤治療」に対する医療費助成。

 世帯の市町村民税課税年額に応じ、ひと月の医療費(初・再診料・検査料・入院料・薬剤料)の自己負担額が原則1万円(上位所得者は2万円)に軽減されます。   
※助成期間は、申請書提出月の初日から原則1年間。
(一定条件の場合は延長あり。)
※上位所得者=市町村民税課税年額23万5千円以上の世帯。
※保険適用外の治療・肝炎治療と無関係な治療・肝炎治療を中断して行う副作用の治療は助成対象外です。

利用できる人:医療保険加入者。感染経路は問いません。
 また、過去に「肝炎治療」を行い、再度治療を行う必要があるときも対象となりますが、インターフェロン治療において医学的に効果が高いと国が認定している2回目の利用を除いて原則1回です。

利用方法・その他詳細については、各区保健福祉センターまたは、西淀病院医療ソーシャルワーカーまでお問い合わせ下さい。

各区保健福祉センター



淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ