健康友の会

 ・健康友の会のご案内
 ・機関紙「健康の友」

トップページ

機関紙「健康の友」
知りたい・知ってほしい制度のあれこれ

知りたい・知ってほしい制度あれこれ

「 介護保険住宅改修制度について 」

よどの里 支援相談員
吉見 伸久

 「トイレに手すりがあれば、楽なのに・・」「家の中の段差がなければ、安全に移動できるのに・・」など、感じられたことは?そのような時は、介護認定を受けている方は、介護保険を利用し、住宅改修を行ってはどうでしょうか。
 (1)手すりの取り付け(2)段差の解消(3)床、道路面の材料の変更(4)引き戸等への取替え(5)洋式便器等への取替えなどの、小規模な改修の費用については、支給限度額20万円まで、一割の負担で行うことができます(転居あるいは要介護状態が3段階以上上がった場合は新たに利用可能)。
 まず全額支払い、9割の保険給付分の払い戻しを後に受けるのが原則ですが、大阪市では給付券方式(被保険者から申請を受け、大阪市が給付券を発行することで、被保険者は1割分負担し、9割については大阪市が改修終了後に、事業者に支払う方法)を実施しているため、是非利用してください。詳しくはケアマネージャーもしくは淀協のソーシャルワーカーにお尋ねください。



淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ