健康友の会

 ・健康友の会のご案内
 ・機関紙「健康の友」

トップページ

機関紙「健康の友」
知りたい・知ってほしい制度のあれこれ

知りたい・知ってほしい制度あれこれ

「 火災警報器・自動消火器の給付制度についてご存知ですか? 」

西淀病院 医療ソーシャルワーカー
竹内 洋蔵

 大阪市では、「在宅高齢者日常生活用具給付等事業」として、在宅高齢者の生活の便宜を図るために、電磁調理器、火災警報器、自動消火器などを給付または、貸与しています。これらのうち平成21年1月より火災警報器、自動消火器の給付方法に変更がありました。制度概要・変更点は以下のとおりです。
事業内容:
概ね65歳以上の在宅高齢者で自宅に適当な用具を有しない方で各種の要件を満たす方

平成20年12月末まで
品目
補助限度額
対象者の要件
耐用年数
(1)自動消火器
28,700円
低所得の寝たきり
高齢者及びひとり暮らし高齢者
8年
(2)火災警報器
(一般)
15,500円
同上
10年
(3)火災警報器
(緊急通報システム連動型)
現物を給付
低所得の75歳以上のねたきり高齢者
10年

平成21年1月より
上記表の(1)自動警報器(2)火災警報器(一般)について、従来は、商品の購入にかかる経費について補助金の限度額を設定し還付していましたが、改正後は商品の現物を支給するという方法に変更となりました。

申し込み方法について
(1)お住まいの区役所保健福祉センター地域保健福祉担当窓口へ申請。
(2)区役所が申請内容・要件を審査。要件を満たしている場合給付決定。
(3)区役所より本人へ決定通知書、給付券、商品・業者一覧等の関係書類の送付。
(4)給付決定後、本人・家族が直接業者に商品納入を依頼。
(5)希望商品納品。納品の際に給付券下段の受領書に記名・押印し業者に提出。

上記制度について詳しくは、お住まいの区保健福祉センター地域保健福祉担当者にお問い合わせください。



淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ