健康友の会

 ・健康友の会のご案内
 ・機関紙「健康の友」

トップページ

機関紙「健康の友」
知りたい・知ってほしい制度のあれこれ

知りたい・知ってほしい制度あれこれ

「 ご存知ですか?介護休暇 」

よどの里支援相談員
猪口 祐樹

 介護休暇は、在宅で看護・介護を行う労働者(同一の事業主にて一年以上雇用され、休暇取得後引き続き雇用が見込まれる方)を社会的に支援するために出来た制度です。対象となる家族(配偶者、両親及び子供、配偶者の両親、同居かつ扶養している祖父母や孫・兄弟姉妹)が2週間以上の長期で常時介護が必要な状態となり、他に介助者が見込めない場合に限り、介護状態が変わるごとに家族一人につき通算93日(例:06年に転倒骨折にて30日間取得、その2年後脳梗塞を発症し40日間取得した場合、残り23日間が取得可能)を限度に請求できます。
 休暇申請を行う場合は、休暇希望日の2週間前までに、介護休暇申請書・要介護者との続柄を証明する書類(住民票)・要介護者の疾病又は負傷の状況に関する医師の診断書を、事業主に提出してください。
 また、休暇開始時点の賃金月額に40%を乗した額(介護休暇給付金)が、雇用保険から支給される制度もあります。

◎「介護休暇」については大阪労働局雇用均等室(06-6941-8940)へ、「介護休暇給付金」については最寄りのハローワークまで、お問い合わせ・ご相談ください。

大阪労働局雇用均等室
大阪のハローワーク



淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ