健康友の会

 ・健康友の会のご案内
 ・機関紙「健康の友」

トップページ

機関紙「健康の友」
知りたい・知ってほしい制度のあれこれ

知りたい・知ってほしい制度あれこれ

重度障害者医療費助成で、
入院時食事療養費が受けられる事をご存知ですか?

淀協ケアプランセンター
毎熊 弘美

 重度障害者医療費助成で国民健康保険・各種健康保険の被保険者または被扶養者に、保険適用自己負担医療費の助成がされている事はよく知られています。(但し、1医療機関ごとに、入・通院各1日当たり500円以内で、月2日を限度に自己負担しています。)

●身体障害者手帳(1・2級)の交付を受けた方で、本人所得(扶養なしの場合)が462万1千円以下の場合、入院時の食事療養にかかる自己負担金の助成が受けられます。入院時の室料の差額・保険給付に含まれない物などについては、助成の対象になりません。

●申請窓口  お住まいの区の保健福祉センター地域保健福祉課

●申請に必要な物  健康保険証・老人医療の一部負担金相当額等一部助成証明書又は障害者医療証・印鑑・銀行などの金融機関の預金通帳(郵便局の通帳は不可)病院の領収書(保険点数が分かる物)

●重度障害者医療を受けておられる方で、65歳になられる方は、老人保健医療制度もしくは老人医療助成制度に移行になります。誕生月の前月に区の保健センターから通知書が届きますので、移行の手続きが必要です。詳しくは、区の保健福祉センター地域保健福祉課にお問い合わせください。

西淀川区保健福祉センター
淀川区保健福祉センター



淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ