健康友の会

 ・健康友の会のご案内
 ・機関紙「健康の友」

トップページ

機関紙「健康の友」
知りたい・知ってほしい制度のあれこれ

知りたい・知ってほしい制度あれこれ

『高齢者虐待防止法について』

介護老人保健施設よどの里 支援相談員
辰巳 徳子

 2006年4月1日から「高齢者虐待防止法」が施行されました。虐待が起る背景はさまざまで、介護疲れや認知症の正しい理解ができないこと、また経済状況の変化などが原因で起ります。
 虐待は5つに分類されています。(1)身体的虐待…たたく、つねる、殴る、蹴る、ベッドに縛りつけるなど。(2)心理的虐待…怒鳴る、ののしる、悪口を言う、話かけられても意図的に無視をするなど。(3)性的虐待…排泄の失敗などに対して懲罰的に裸にして放置するなど。(4)財産的虐待…必要な金銭を渡さない、使わせない、年金などを本人の意思に反して使用するなど。(5)介護・世話の放棄・放任・・・衰弱させるほど水分や食事を十分に与えない、同居人による虐待を放置するなど。
 このような虐待を受けたと思われる高齢者を発見したら、市町村に通報することが「法」では義務づけられました。「虐待ではないか?」という疑いや心配がある場合はまず相談しましょう。この場合、個人情報保護の違反などに問われることはありません。
 虐待をしない、させないために訪問介護、通所介護、ショートステイ、施設入所などのサービスを利用し、介護負担の軽減を図ることは重要です。これらのサービスを利用することで、息抜きができる時間も生まれます。まずは介護保険制度を上手に利用しましょう。
 よどの里では(1)日帰りでリハビリや入浴、食事、レクリエーションなどで楽しくすごしていただく「デイケア」(2)旅行、冠婚葬祭、介護疲れなどで一時的に介護できなくなったときに短期間入所していただく「ショートステイ」(3)入所、の3本柱でサービスを提供しています。
 ご利用にあたっての相談は担当のケアマネージャーかよどの里の支援相談員までお気軽にご相談下さい。



淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ