健康友の会

 ・健康友の会のご案内
 ・機関紙「健康の友」

トップページ

機関紙「健康の友」
知りたい・知ってほしい制度のあれこれ

知りたい・知ってほしい制度あれこれ

「 負担増!介護保険サービスの利用料が変わります! 

介護老人保健施設よどの里・相談員 森部 富美子

 
 4月号で4月からの介護保険施設の居住費の変更をお伝えしましたが、今回は、市民税決定後の8月から始まる負担増についてお知らせします。

@介護認定を受けている方に「負担割合証」を発行。一定以上所得のある方の利用料を1割から2割に引き上げ。
A非課税世帯でも、一定以上の資産(単身で1千万円)がある場合「負担限度額証」の対象外となり、食費や居住費が基準額に変更。
B高額介護サービス費の上限額が37200円の方は、44400円に変更。ただし、世帯の収入合計額が520万円未満の場合、申請すればこれまで通りの限度額に。
C特別養護老人ホームの多床室の基準額が、1日370円から840円に変更。
 「限度額証」の手続きは、8月中に行えば月初めに遡って適用されます。しかし、タンス預金や株券、貴金属など資産を申告する必要があり、通帳のコピーや申告内容調査のための「同意書」の提出を求めています。プライバシー保護や安全の面で大変問題です。
 手続き方法や詳しい内容は、各区保健福祉センターの介護保険係、淀協内のケアマネージャー、ソーシャルワーカーにお尋ねください。

  食費 居住費
対象 対象外 ユニット型 従来型個室 多床室
個室 準個室 特養 老健 特養 老健
基準額 1,380円 1,970円 1,640円 1,150円 1,640円 840円 370円




淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ