健康友の会

 ・健康友の会のご案内
 ・機関紙「健康の友」

トップページ

機関紙「健康の友」
知りたい・知ってほしい制度のあれこれ

知りたい・知ってほしい制度あれこれ

「難病患者も障がい福祉サービスが利用できます!

介護老人保健施設 よどの里 支援相談員 森部 富美子

 4月から「障害者総合支援法」が施行されました。これまでの身体・精神・知的を対象とした障がいの範囲を見直し、難病を有する人も、この制度の対象に加わりました。難治性疾患克服研究事業の対象に指定されているパーキンソン病などの130疾患と関節リウマチの人がこの制度を利用できることになります。

 難病患者を対象とする生活支援事業はありましたが、周知された使いやすい事業であったとはいえません。また、難病患者の身体もしくは精神状態が障がい者認定の等級に該当するような状態に安定(固定)しなければ、日常生活が困難であっても障がい者福祉サービスを利用することはできませんでした。

 今回の改正で、特定疾患医療受給者証や診断書などで疾患名が確認できる資料があれば、利用相談が可能です。サービス内容は、よく知られている訪問介護だけでなく、ポータブルトイレなどの日常生活用具の支給もあります。利用料は、課税状況に応じてひと月の負担上限額が設けられています。

 詳しくは、各区保健福祉センターの障害福祉の係へ。もしくは、西淀病院やよどの里の相談員にご相談ください。



淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ