健康友の会

 ・健康友の会のご案内
 ・機関紙「健康の友」

トップページ

機関紙「健康の友」

健康の友TOP支部だより

友の会を強く大きく!!

●2017友の会強化月間 主な支部の取り組み


会員さんに協同基金をお願いする世話人さん

○西淀病院支部では、3つの課題(@なかまふやし、A協同基金の増資のお願い、B「いつでも元気の普及」)を中心に、のざと診療所の1階に友の会コーナーを設置して、支部世話人が輪番で呼びかけています。

○千北支部では、サークル後に憲法DVD鑑賞班会をしました。鑑賞後「みんな仲良くできるのに、戦争できる国になったらあかん!」自民党改憲案を見て「こんなことテレビで全然報道されていないから、知れて良かった。」と感想がだされました。

○姫里支部は、10月の支部会議で「いつでも元気」を2部拡大しました。「次の会議から『いつでも元気』を世話人会で読み合わせします」の提案に、これまで参加できていなかった方や新しく世話人になられた方が快諾してくれました。

○佃支部は、「健康チャレンジ」エントリー者を30人の目標で取り組みました。世話人自身は勿論のこと、友の会会員以外にも声をかけました。目標達成には至らず22人で終わりましたが、中に3人の会員以外の方が参加しました。これから、その3人に必ず友の会に入ってもらおうと支部世話人会で話し合っています。
 また、佃支部では民医連の雑誌「いつでも元気」誌の目標3冊を達成しました。11月号は「介護体験記」と言った特集で、支部世話人が行きつけの喫茶店で見ていたところ「それいいやん、介護保険の事で困ってたんや」と購読をしてくれました。「いつでも元気」誌を見せ気軽に増やそうと奮闘しています。


●インフルエンザ予防接種が開始!

 10月2日から、西淀病院、各診療所の受付で「インフルエンザ予防接種」の予約を開始しました。全国の流行情報では、シーズンが既に始まっています。インフルエンザ予防には、「正しい手洗い」「普段からの健康管理」「予防接種で感染を防ぐ」など、日常的に心がけてこのシーズンをのりきる事が大切かと思います。その為にも、早目にお近くの医療機関に予約、お申込み下さい。

【実施料金】
@一般料金(小児・成人)
   ・友の会会員の方
    1回目 2,000円
    2回目 2,000円
   ・友の会に入会されていない方
    1回目 3,000円
    2回目 3,000円
A大阪市民で65歳以上の方
    1回  1,500円
※大阪市の指導により、65歳以上のインフルエンザ接種料金は公定価格の料金です。


●総選挙の結果 改憲議論活発化か!

 〜憲法9条改憲NО!
      署名を地域の中に広げ「改憲NО」を広げよう!〜

 総選挙の結果、自民・公明の与党で憲法改正の発議に必要な3分の2の議席を確保。希望の党や日本維新の会を加えた改憲勢力で議論が活発化しそうです。そんな中「安倍9条NО!憲法を生かす全国統一署名」をすすめて行くことが極めて重要な取り組みになります。
 全ての支部や班、サークルで「アピール」を読み合わせ決議を上げましょう。そして新たに署名を集めてくれる人たちにも署名を広げてもらいましょう。本気になって「安倍9条改憲NО」の運動を思い切ってすすめましょう。


●健康塾 第20期 第4講
 「健康食品・サプルメントと薬の飲み方」


玉城由美香薬剤師の講義を受ける塾生たち = 10月21日、のざと診療所3階にて

 健康塾第4講は10月21日に「あおぞら薬局」の玉城(たましろ)由美香(ゆみか)薬剤師(サプリメントアドバイザー資格有)を講師に迎え16人が参加しました。
 「トクホとか機能性表示食品という言葉は良く耳にしますが違いは良く分からなかったので今回の講義は大変参考になりました」「健康の基本は食事・運動・睡眠等でサプリメント等を取る場合飲み合わせや副作用もあるようで主治医や薬剤師の相談するのが一番いいと思った」などの感想が寄せられました。

※第20期健康塾のご案内


●健康で長生きするために!

42.骨大切に、「骨粗鬆症」を予防しよう

 最近テレビでいつのまにか骨折≠ニCMで流れているので気になっている方もいるかもしれません。骨の密度は30歳代をピークに減少してきます。特に女性は閉経(50歳前後)ごろから急激に骨量が低下します。男性は女性より減りにくいのですが大体60歳代半ばから低下が目立ってきます。骨量が低下して、骨がスカスカになってくると骨粗鬆症と呼ばれます。骨粗鬆症になると、ちょっとしたことで骨折しやすくなります。つまずいて転んで、背骨の骨折、足の付け根の骨折を起こして、それをきっかけに寝たきりになることが頻繁にみられます。
 それではどうすれば予防できるのでしょうか。1つ目は運動です。骨に力が加われば骨は強くなります。ウォーキング、スロージョギング、卓球など何でもよいので始めてほしいです。片足立ちも良いようです。2つ目は栄養です。ビタミンD(サケ、ウナギ、サンマ、シイタケ、キクラゲ、卵など )やカルシウム(乳製品、小魚、干しエビ、小松菜、大豆製品など)、ビタミンK(納豆、小松菜、ニラ、ブロッコリー、サニーレタス、キャベツなど)も大切です。インスタント食品、大量のアルコール、カフェインや喫煙はリスクを高くします。
 骨粗鬆症が心配な方は、デキサという検査で詳しく骨量が調べられます。もうすぐ西淀病院にデキサが入ります。心配な方は主治医に相談してみてください。

西淀病院 副院長 結城(ゆうき) 由恵(よしえ)

バックナンバー


●西淀病院安全管理室だより 

20.褥瘡(じょくそう)委員会の取り組み

 褥瘡委員会は医師・看護師・薬剤師・栄養士・理学療法士のメンバーで月1回の会議を行い、褥瘡がある患者さんの把握やケア方法の検討、職員向けの学習会の開催などをしています。また、全ての入院患者さんに褥瘡ができやすいかどうかの評価を行い予防対策にも取り組んでいます。
 西淀病院には、高齢の患者さまが多く入院されてきます。高齢者の方は治療や検査などによりベッド上で安静にする期間が長くなると筋力が低下してしまい、その結果褥瘡のできるリスクが高くなります。そのため、病棟では2〜3時間毎の体位交換や筋力アップのためのリハビリ、栄養状態の把握を行って褥瘡の予防に取り組んでいます。また、褥瘡ができてしまった場合は早期に塗り薬やドレッシング材(被覆材と呼ばれる直接傷を覆うもの)などで治療を行っています。

西淀病院褥瘡対策委員会 皮膚排泄ケア認定看護師
延札(えんさつ) 有紀子(ゆきこ)

バックナンバー


●「元気でっせー」(12) 

 玄関でご挨拶した時、「お若い!」と云うのが第一印象。城東区生まれ、宮大工で厳しいお父様とお母様に愛情たっぷりに育てられたようです。
 歴史が大好きで、最近父方の家系図作成に意欲をもち、お父様の生まれ故郷の奈良を近々訪問予定とのこと。現在、市営住宅にお一人暮らし、娘さんが週1〜2回は遊びに来られるとのこと。
 花づくり・料理と趣味も多彩、毎日起床時に簡単なストレッチ、健康維持のためにも、しっかり野菜を摂り毎日30〜40分の散歩され、健康の秘訣は・・・『神経質な面と楽天的の両面を持っていますが、何事にもあまりくよくよ考えずに暮らすことです』。 長生きバンザイ!

淀川区加島在住 森田 久仁子さん(91歳)

バックナンバー


●支部だより

【西淀病院支部】
「認知症」班会!


西栄寺の「はいにこぽんのいえ」にて

 日頃から、「スクエアステップ」や「平和の鐘」などでお世話になっている西栄寺の「はいにこぽんのいえ」をお借りして、班会を開催しました。
 テーマは「認知症」。大野啓文医師から「認知症の病気」について、南西部地域包括支援センター陽だまり西淀川チームの七牟禮(ななむれ)裕子(ゆうこ)さんから「認知症の方々との接し方」についてお話を頂き、33人の方が参加されました。
「認知症」の病気をお持ちの方でも、安心して暮らしているまちづくり、見守りが大切ですね。

◆◇◆

御幣島支部】
ハチマキ締めて、さぁー運動会!


合同の運動会を開催=10月14日の乗願寺にて

 10月14日「看護小規模多機能らくらく」「ハウス安住」合同の運動会を開催しました。
 ハチマキを締めると「え〜走られへん」とつぶやく利用者さん!玉入れ、風船わり、ピンポン玉リレーと笑顔の中にも皆さん真剣な表情。チーム対抗では、700点対500点で「らくらくチーム」の勝利に悔しがる「ハウス安住チーム」と対照的な冷静な「らくらくチーム」でした。職員も大変盛り上がりました。

◆◇◆

クリニックあい・みくに支部】
平和はみんなの願い!


情勢学習=10月16日

 10月16日、支部世話人会で、北山良三副会長を講師に、衆議院議員選挙の情勢学習をしました。忙しい中で短時間のおはなしとなりましたが、本当に今、平和をめぐる重要な岐路に立たされていること、暮らしに直結する税金の問題、カジノ問題、北朝鮮の問題と多岐にわたるもので、平和と暮らしを守る政治を! との思いをあらためて強くしました。


●淀協理事会報告

第6回淀協理事会を9月28日に開催しました。
主な議題は次の通りです。

報告協議事項
【友の会強化月間の目標と取り組み】
 「友の会強化月間」の全体目標は、なかま増やし666世帯、協同基金増資6,005万円、班会開催92回、担い手づくり74人、いつでも元気普及70部、健康チャレンジエントリー500人を目標として、各支部目標も確認し取り組む事を確認しました。
【熱中症訪問の取り組みのまとめ】
 7/10から取り組んだ熱中症訪問は、訪問調査件数273件の概略が報告され、冷房等が経済的理由で使われていないことが、報告がありました。熱中症以外で独身の息子と同居の高齢者世帯の抱える課題への対応も今後の課題として報告されました。
【8月度及び5ヶ月累計の経営結果について】
 8月度の経営結果は、予算比80.4%、累計1億4,244万円で予算に届きませんでした。年間3億円以上の経常利益が達成見込みであることが報告されました。




淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ