健康友の会

 ・健康友の会のご案内
 ・機関紙「健康の友」

トップページ

機関紙「健康の友」

健康の友TOP支部だより

西淀川「平和の波」行動!
―日本を起点に地球を回る―

●西淀川「平和の波」行動


一斉に風船を飛ばす参加者たち=9月20日西淀病院玄関前

 9月20日から26日迄、すべての国の政府に核兵器禁止条約の調印・批准を求める「平和の波」行動が行われます。「ヒバクシャ国際署名」が共通の行動です。
 西淀川でも全国行動に呼応して、9月20日正午、被爆地広島・長崎と東京で「平和の波」の開始を宣言し行動をスタートします。西淀病院前で「折り鶴」「ヒバクシャ国際署名」「核兵器から卒業しょう」と訴える風船約400ヶを飛ばして訴えました。


「平和の波」行動で訴える長瀬副理事長


いのちを守り、暮らしを守り、
誰もが安心して住み続ける町づくりを!

●友の会拡大月間が10月から始まります


支部活動を報告する佃支部長

 西淀川・淀川健康友の会活動強化月間「10月1日〜11月30日」がスタートします。9月19日(火)、84人の参加で「憲法を守り、平和と暮しを守る共同組織を拡大のために強化月間を成功させよう!」と確認がされました。集会では、長瀬副理事長の学習講演をはじめ、健康チャレンジの報告に続いて、2支部(佃・西淀病院)から基調報告がされました。
 貧困と格差の拡大、超高齢社会の進行などに伴う、社会保障が機能していません。この要因が地域の困難をいっそう深刻にしています。また、安倍首相の9条改憲発言で平和と暮しの土台の憲法が戦後最大の岐路に立たされています。安倍政権では、私たちの暮らし、平和は守れません。友の会強化月間が「安倍政治を終わらせる時期」として、「いのちを守り、暮らしを守り、誰もが安心して住み続ける町づくり」をめざして「月間」を大いに奮闘しましょう。


スタート集会の講演を聞く会員・職員=のざと診療所3階にて


●インフルエンザワクチン予防接種のお知らせ

 2017年度のインフルエンザワクチン予防接種の受付及び実施を下記のように行いますのでお知らせします。

《 予約の開始 》
 10月から、お電話か西淀病院・各診療所の受付で、予約を受け付けます。

《 実施期間 》  
 10月中旬から2018年1月末日まで、実施します。

《 実施方法 》 
 成人は1回接種、小児(13歳未満)は2回接種を原則とします。

《 実施料金 》
(1)一般料金(小児・成人)
・友の会会員の方       1回 2,000円 2回目 2,000円
・友の会に入会されていない方 1回 3,000円 2回目 3,000円
※友の会会員証の提示をお願いします。

(2)大阪市民で65歳以上の方
1回 1,500円
※大阪市の指導により、65歳以上のインフルエンザ接種料金は公定価格の料金としました。

※予約・実施日・時間帯は各診療所で違いますので、お問い合わせください。

各診療所の電話番号は以下の通りです。
のざと診療所:06−4808―8151
姫島診療所 :06−6473−5151
千北診療所 :06−6473−1864  
ファミリークリニックなごみ :06−6300−5517
ファミリークリニックあい :06−6150ー2051


●健康塾 第20期 第3講
 「認知症の理解」「認知症と介護保険」


小滝知也医師の講義を受ける塾生たち = 9月16日、のざと診療所3階にて

 9月16日(土)の健康塾は20人が受講しました。
「認知症の理解」の講義は、小滝知也医師が行い65歳以上の4人に1人が軽度認知障害(MCI)と認知症とのことです。認知症って何、症状、診断、予防についてお話をされました。また「知り合いが認知症になったら、、、」「自分が認知症になったら、、、」などを学びました。「認知症に関する制度」の講師は、新垣岳人相談員が行い、対象者・申請の仕方からケアマネージャーの支援や青年後見人制度などについて学びました。
 受講生からは、「認知症のことが良く分かった」「認知症にならないように生活習慣に気を付ける」「介護保険が必要な時に使えない、何とか皆の力で変えたい」などの感想が出されました。

※第20期健康塾のご案内


●健康で長生きするために!

41.インフルエンザ

 冬場に猛威を振るうのがインフルエンザです。高齢の方や小さなお子さんは生命にかかわることもありますので注意が必要です。ワクチンが10月中頃から始まりますが、残念ながら毎年流行型を予測して作っていて、打ってもかかることはあります。それでも自分自身だけでなく自分の周囲の人を守る意味もありますので、毎年接種するようにしましょう。
 高い熱・鼻水・のどの痛み・関節痛などの症状が一気に出たらインフルエンザの可能性がありますが、鼻の奥のウイルスを調べる検査は半日程度たたないと陽性になりにくいので、その頃の受診をお勧めします。検査で陽性、もしくは状況(家族がインフルと診断されて、翌日症状出現)から、まずインフルエンザだと思われる場合は治療を相談しますが、タミフルなどの薬は熱を1日程度早く下げる程度の効果ですので、必ず飲まなくてはいけないわけではありません。若くて体力のある人は強い風邪と考え様子を見てもよいでしょう。

西淀病院 院長 大島(おおしま) 民旗(たみき)

バックナンバー


●西淀病院安全管理室だより 

19.褥瘡(じょくそう)とは?

 褥(じょく)瘡(そう)とは一般的に「床ずれ」と呼ばれており、からだの一部が圧迫されて赤くなったり、ただれたりする傷のことです。自分で身体を動かすことができる人は寝ている間、無意識に寝返りをして同じ場所に長時間圧迫が加わらないようにしています。しかし、自分で寝返りができない人はお尻や足など骨が出ている部分に長時間圧迫が加わることによって褥瘡が発生してしまいます。
 褥瘡を作らないためには、@長い時間同じ場所に圧迫が加わらないように定期的に身体の向きを変える。A皮膚を清潔に保つ。オムツを使用している場合はこまめに交換する。B栄養バランスのとれた食事を取ることが大切です。もし褥瘡ができてしまった場合は早い段階から治療をすることが重要ですので医師や看護師へ相談して下さい。

 次回は褥瘡委員会の取り組みについて紹介します。

西淀病院褥瘡対策委員会 皮膚排泄ケア認定看護師
 延札(えんさつ) 有紀子(ゆきこ)

バックナンバー


●「フラワーひめじま」の紹介

―淀協と友の会と連携しているサービス付き高齢者向け住宅― 

 介護保険料の相次ぐ値上げの中、保険料が払えず滞納する人が増えている厳しい中でありますが、安心して快適な暮らしが過ごせるように、スタッフが一丸となり「サービス付き高齢者向け住宅」を運営しています。
  介護の専門家による安否確認をはじめ、生活相談を気軽に受けながら過ごして頂いています。

入居相談:tel 06-6473-7556(特定非営利活動法人 はな)
住 所 :〒 555-0033 大阪市西淀川区姫島2丁目10-23


●支部だより

【佃支部】
毎月の支部世話人会で課題を明らかに!


担い手を増やし、楽しい企画を出し合う世話人さん

 佃支部は、今年度も担い手を増やし、支部世話人会を強化しようという方針で様々な課題を具体化しつつあります。
 今年は「もっと楽しい取り組み」サークルを中心にやろうということで、「落語会」に取り組みました。8月26日(土)、「高津落語研究会 in 西淀川」に10人の会員が参加しました。また、10月22日(日)には、秋の箕面を歩こうと「ハイキング」を計画しています。
  落語の取り組みでは、1人の会員が増えました。ハイキングでも新しい会員になってくれそうな参加者を増やしたいと思っています。

◆◇◆

ひめしん支部】
今年の「平和の鐘つき」17人の参加


平和の願いをこめてゴ〜ン=8月6日の乗願寺にて

 ひめしん支部では、8月6日(日)夏恒例の「平和の鐘つき」法要を百島町の乗願寺で行いました。
 猛暑の中でしたが日曜日にもかかわらず、17人の会員。・職員の方が集まってくれました。ひんやりとしたお寺の本堂で住職の講話に心が洗われるような気持ちになりました。正午からの鐘つき法要は一人一人が思いを込めて行いました。戦争のことばが死語となる世の中をめざして進んでいきましょう。

◆◇◆

塚本支部】
絵本原画展に行って来ました!


大谷記念美術館にて記念撮影=9月14日(木)

 毎年8月下旬から1ヶ月間、西宮市大谷記念美術館でイタリア・ボローニャ国際絵本原画展が開催されています。今年こそとチラシで案内。何より嬉しかったのは、車椅子の会員さんが参加して下さったこと。絵本といっても、可愛いい絵は少なく不思議な絵・難解な絵など色々な国の作家が自由な発想で絵を描いています。これらの絵がどんな絵本になるかなと想像しながら、駅前で遅い昼食をし、いっぱいお喋りをして帰ってきました。


●淀協理事会報告

第5回淀協理事会を8月24日に開催しました。
主な議題は次の通りです。

報告協議事項
【7月度及び4ヶ月累計の経営結果について】
 7月度の経営結果は、予算比96.2%、累計1億1,106万円で予算にわずかに届かなかった。4ヶ月で1億円を終える経常利益を確保しました。引き続き、予算達成に向けて奮闘することを確認しました。
【憲法改悪ストップ大運動の取り組みについて】
 憲法改悪をストップさせるために全国統一署名の取り組みが提起され、有権者の過半数をめざし、49,700筆の署名目標で取組むことを確認しました。
【熱中症訪問の取り組み】
 7月から取り組んだ熱中症訪問数273件、参加した職員・友の会220人。この訪問調査の結果を専門家の協力を得て、10月12日(木)に医療活動集会を開催して報告していく事を確認しました。
【友の会強化月間】
 10月1日〜11月30日まで「友の会強化月間」を取り組むこととし、9月19日(火)に『月間スタート集会』を開催することを確認しました。




淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ