健康友の会

 ・健康友の会のご案内
 ・機関紙「健康の友」

トップページ

機関紙「健康の友」

健康の友TOP支部だより

友の会で気軽に健康づくり!!
「健康チャレンジ」しませんか?

●「健康チャレンジ」今年もとりくみます。

 生涯を通じて心身ともに“健康”であることは、幸せなくらしの原点。それには、食生活など生活習慣を改善すること、運動習慣を身につけることなどの「健康づくり」が大事です。あなたもチャレンジしてみませんか。お友達やご家族と一緒に気軽に健康増進を目指す「健康チャレンジ」にご参加ください。ぜひこの機会に、生活習慣を見直して「健康づくり」の習慣を身につけましょう!

 昨年、取り組んだ方からのアンケート調査では、9割をこえる人が、健康習慣が身についたとの回答を頂きました。
◇ご家族で「お口さわやか歯みがきコース」に応募された方から「おかげで、子どもに歯みがきの習慣できました」と感謝の声
◇「身体すっきりヘルシーコース」に応募された方から「毎日、体重をはかる習慣がつきました。おかげて〇〇キロ、ダイエットができました」とうれしい声が・・・。
 今年もとりくみます。応募お待ちしています!!

◎参加方法

 全10コースからお好きなコースを選択(複数可)し、@申込ハガキ(切手不要)をポストイン(また各事業に提出)A毎日の記録用紙(カレンダー)をお渡ししますB記録用紙(カレンダー)に記入された提出者全員に粗品を謹呈。

◆申込締切
  9月25日、直接事業所へのお申込みは、9月30日まで。
◆とりくみ期間
  10月1日〜11月30日
◆報告書締切
  12月28日

◆お問い合わせは
  友の会本部(真崎)   06-6472-6453
  西淀病院友の会(前田) 06-6472-1141

チャレンジ10コース
@ おてがるウオーキングコース
A きっぱりやめます。禁煙コース
B アルコールほどほどコース
C 朝食しっかり間食ちょっぴりコース
D 身体すっきりヘルシーコース
E お口さわやか、歯みがきコース
F いきいきしなやか頭の体操コース
G 子どもコース(小学生以下)
H 私の「健康」コース
I なんでも「スポーツ」チャレンジコース


●2017年度 西淀川・淀川健康友の会 友の会強化月間

「西淀川・淀川健康友の会」を強く大きくする月間が始まります!

 今年も10月1日から11月30日まで「2017年友の会強化月間」を取組みます。今年度は「仲間増やし」、「協同基金増やし」、「班会開催」、「担い手さん探し」、「いつでも元気」誌増やしなどの課題についてそれぞれの支部が年間目標の8割達成目指します。
(スタート集会日時:9月19日(火)午後2〜4時 場所:.のざと診療所3階にて)

 ご利用の診療所、病院、薬局、介護事業所やお住まいの支部の訴えに積極的にお応え頂き、ご協力ください。
 安倍内閣は何が何でも憲法改定を行なうとしています。そんな中で、この月間では、私たちの日本国憲法について学ぶ期間として位置づけ、「つどい」(=班会)を開催していきたいと思います。積極的なご参加をお願いします。

 今年度は、全支部で「健康チャレンジ」を呼びかけています。多くの会員さんがこの運動に加わって頂き、「健康なまちづくり」を目指します。
 淀協が誕生して70周年に当たる今年、2018年3月に「健康まつり」を開催します。その準備もこの月間を通じて行いますので、決まり次第お知らせします。


●「淀協歴史記念館」の開設に伴う募金をお願いします

 今年は、「日本国憲法」が生まれて70年にあたります。
 そして、西淀病院も同じく70年の誕生日を迎えました。既に70周年を記念して今年2月、御幣島には、「いのちの平等」西淀病院開設の地という石碑が建立されました。
 現在、「物語・西淀病院の70年」という冊子の発行と「老人保健施設・よどの里」の一階に「淀協歴史記念館」の開設を準備しています。70年の歴史は、先駆的な医師・看護師など職員の貢献、地域の方多くの方の参加や区内の諸団体との共同の営みなしには、発展させることは出来ませんでした。

 会員さんの中で、お持ちの資料・書籍・写真など、ご提供いただければ、「冊子」と「記念館」を充実したものに、出来ると思います。「淀協歴史記念館」の開設に伴う募金のご協力をお願い致します。

※郵便局振り込み先:
  一般財団法人 淀川勤労者厚生協会 
  口座番号:00940 6 31244

※お問合せ TEL 06-6476-4511(長瀬)


●健康塾 第20期 第2講


塾生を指導する楠神作業療法士(写真中央)= 8月19日のざと診療所3階にて

 健康塾第2講「健康づくり体操」は21人が受講し、理学療法士の村岡あかりさんと作業療法士の楠神優さんから話を聞きました。健康でいきいきした生活を送るためには、栄養バランスのとれた食生活、正しい姿勢、軽い運動やストレッチ、ロコトレを行うことが大切だと強調されました。その後、簡単な運動やストレッチをしました。
 受講者からは、「骨盤を動かすことは初めてなので参加してラッキーでした」「毎日少しずつからだを動かそうと思う」「筋力アップの運動はまったくできておらず、心がけようと思う」などの感想が寄せられました。

※第20期健康塾のご案内


●健康で長生きするために!

40.熱中症

 まだまだ暑い日が続きますね。夏と言えば「熱中症」です。梅雨明けからお盆頃が熱中症のピークと言われていますが、9月も暑さが続きますので注意が必要です。
 熱中症には炎天下の作業で起こる「労作性熱中症」と、室内で日常生活を送っているだけでも起こる「非労作性熱中症」の2種類があります。特に高齢者の方は「非労作性」に注意が必要です。日常生活で徐々に進行するため、気付かれにくく重症になってしまうこともあります。
 高齢になるほど熱に対する感受性や体温を調整する能力も低下してしまうことも関連しています。そんな熱中症を予防するためには涼しい環境が重要です。室温が28℃を超えるようであれば、エアコンなどで調整し、それ以上にならないようにしましょう。
 水分としては市販の経口補水液などもお勧めですし、特に持病の無い方で食事が摂れる場合はカフェインの入ってない麦茶も良いとされています。熱中症対策で残暑も乗り切りましょう!

西淀病院 内科医師 大谷 紗代

バックナンバー


●西淀病院安全管理室だより 

18.感染防止は手洗いから!!

 感染防止委員会は、患者さんや職員を色々な感染から守るために活動しています。
 テレビや新聞などで「インフルエンザ大流行」や「はしかの集団感染」などを目や耳にし、こわくて外に出られない・・と思った人も多いのではないでしょうか?
 でも、ずっと家でじっとしているわけにもいきません。そんな時、正しい予防方法が、多くの場合あなたを守ってくれます。まず大事なことは「手洗い」です。学校や交通機関、病院など、人の出入りが多いところには、目に見えない菌がたくさんいます。いろんなところを触った手を洗わずに、ご飯を食べたり目をこすったりすると、その菌に感染するかもしれません。感染を防ぐために、帰宅時や食事の前に、しっかり石けんで手を洗いましょう。また、病院などに置いてある消毒液も、入る時と出る時に、ぜひ使ってください。

西淀病院輸血療法委員会 看護師 加藤 陽子

バックナンバー


●大募集しています!

お問合せ:06-4808-8151 
のざと診療所/友の会組織課まで、お問合せ下さい。

◇お家に要らない布が眠っていませんか?

 患者さんのウエス用の布きれが不足しています。
 ご家庭で使わなくなった布(綿のシャツやシーツ、タオルなど)があれば、ご提供ください。お願いします。

◇無料塾のスタッフを探しています。

 毎月、第2・4金曜日の午後時5半から、場所:のざと診療所3階にて、小学生20人〜30人、中学生7〜8人が「無料塾」に参加しています。
 スタッフが不足しています。ぜひ、お力を貸して下さい。


●支部だより

【千北支部】
恒例の「平和のつどい」を開きました!


平和の詩朗読会のあとの懇談 = 千北診療所3階にて

 8月9日(水)長崎へ原爆が投下されたこの日、千北支部で開かれた「平和のつどい」に約15名の方々が集まりました。
 大和田にある善念寺さんで「鐘つき法要」をした後、千北診療所に戻り、「平和の詩朗読会」を開催。朗読サークルの方に、与謝野晶子の『君死にたまふことなかれ』を臨場感たっぷりに読んでいただきました。「圧倒された」「戦争を体験しているからこそ、二度と同じことは繰り返してはいけない」「後世に伝えていかなければ」と口ぐちに感想が寄せられました。

◆◇◆

竹島・加島支部】
思いのこもった千羽鶴を届けたい!


千羽鶴をバックにFCなごみの待合室で記念撮影

 毎年、千羽鶴を折って下さる患者様がいます。88歳をむかえられる今年も、千羽鶴を二束作って来て下さいました。ひとつひとつ丁寧に折られて、またそれらがいくつも連なり綺麗なグラデーションになり、とても圧巻です。ある時は宝くじの半券で、ある時はチラシで、1年かけて作って下さいます。
 今年は折り鶴と一緒にいくつかの飾りも作って下さったので、なごみの窓口に飾らせていただいています。今年の原水爆禁止世界大会には私が参加します。参加する事ができない患者様の為にも、思いのこもった千羽鶴を届けたいと思います。

◆◇◆

柏花支部】
恒例「子どもたちに平和を語るつどい」80人の参加でした!


ミニ戦争展を見学する学童の子ども達

 柏花支部では、7月25日、柏花センターで、西淀労連と共催の「子どもたちに平和を語るつどい」に区内の学童の子ども達80名が参加しました。
 最初に年金者組合の佐藤さんからの生々しい戦争体験のお話しを聞いたあと、「おこり地蔵」「お母さんごめんね」のアニメ映画を鑑賞しました。映画のあと、柏花センター1階の「ミニ原爆戦争展」では、戦争当時の「学校の教科書」「ゲートル」「水筒」「飯盒」など、戦時中のものに直接、触れる体験をして頂きました。また、友の会世話人さんと一緒に「平和の祈りを込めて」折り鶴を折ったりしました。


●淀協理事会報告

第4回淀協理事会を7月27日に開催しました。
主な議題は次の通りです。

報告協議事項
【全日本民医連評議員会方針案の討議】
 以下の意見が出されました。「受療権を守るたたかい」「権利としての社会保障」など職員教育の中で位置づけていく必要と、意見が出されました。事例報告や「経済的事由で手遅れ死亡」となった事例検討など、友の会も含めた事例検討会など開催し、地域で無料低額診療事業を広げていく運動と社会保障の拡充を求める運動を取り組んでいく必要があると意見が出されました。「新しい2つの柱の実践」の文言が何回も出てきます。説明文が必要と意見が出されました。

【6月度及び第一四半期の経営結果について】
 6月度の経営結果は、予算比101.8%と予算を達成した。第一四半期の累計では、7,026万円で予算比94.8%で予算に382万円届かなかった。債務超過額は、5億1,967万円となったことが報告されました。

【核兵器禁止条約の実現・バクシャ国際署名の達成にむけて】
 到達は、西淀川全体で7,322筆と奮闘しています。引き続き、署名の推進に向けて取り組むことを確認しました。




淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ