健康友の会

 ・健康友の会のご案内
 ・機関紙「健康の友」

トップページ

機関紙「健康の友」

健康の友TOP支部だより

地域の喫煙率を下げ、
健康人を増やしていきたい!

●小学生のための喫煙防止教室

 近年、禁煙を推進する環境が整備されていますが、大阪市の喫煙率は全国平均より高いのが現状です。地域の喫煙率を下げるには、喫煙者へのアプローチと同時に、未成年者に喫煙しない人生を選択してもらうことが大切であると考え、2012年1月から近隣の公立小学生、その保護者を対象に喫煙防止教室を実施しています。

 講義の内容は「タバコの害」についての知識学習と「誘われた時の断り方」を実践する体験学習とし、我々職員が子供達にタバコを吸うように誘い、子供達がきっぱり断るロールプレイングを実践することでより理解を深める工夫をしています。親が喫煙者の児童は各クラスで半数にもおよび、多くの児童が受動喫煙の害にさらされています。講義後には将来タバコを吸わない、きっぱり断る、家族に吸わない様にお願いする、など行動宣言をする児童も多くみられるので、我々職員もやりがいを感じております。

 2016年4月から西淀川区医師会や区役所とも連携し開催数も増え、2016年度は全449名の児童(西淀川区6校、淀川区3校)に講義をして248名の児童(55%)が、家族が喫煙者と回答しています。今後さらに取り組みを進めることで、地域の喫煙率を下げ、健康人を増やしていきたいという目標を掲げ職員一同頑張って取り組んでいきたいと思っております!


●第32回 西淀川・淀川健康友の会 総会

 第32回西淀川・淀川健康友の会総会が6月17日、午後2時から西淀川区民ホールを会場に開催されました。
 会員、職員230人が集い、会則改定、2016年度活動のまとめ、2017新年度方針、2016年度決算、2017年度予算、新代表世話人、新役員、総会アピール「自民・公明・維新による憲法違反の共謀罪法案強行採決に対し、満身の怒りをこめて抗議します」を拍手で確認しました。2017年度は、活動強化の為の会則変更や、担い手づくりの強化などが強調されました。
 また、会場での「無料塾の募金訴え」では、短時間で25,070円が寄せられました。ありがとうございました。


●2017 国民平和大行進

◇日  時:7月4日(火)午前9時集合
◇集合場所:北之町公園(予定)
◇行  進:午前9時半〜 
      淀川区へ向けて


●健康塾 第19期「修了式」


実りの多かった式になりました!

 4月15日に、第19期健康塾第10講修了式が、矢倉海岸緑地公園で行われました。運営委員長、友の会会長の挨拶の後、大島塾長から修了した13人の塾生に修了証・健康アドバイザー証の授与と「現代社会を健やかに生きるために」の記念講演をしていただきました。
  「健康な身体は健康な生活から、健康な生活は地域から」と学びました。塾生からは「講義テーマの毎回興味深いものであった」「楽しく勉強ができて良かった」との感想が寄せられました。
 今回は講義の途中で風が強くなり雨が降ってきたので「のざと診療所」に移動するハプニングもありましたが、健康塾に対しての意見が聞けて実りある修了式になりました。

※第19期健康塾のご案内

※2017年度 / 第20期健康塾のご案内


●健康で長生きするために!

38.癌検診は何歳まで?

 癌検診は何歳になったら、受けなくても大丈夫か? という質問をよく受けます。一定以上の年齢では癌にはならない、と考える人がいるようです。確かに100歳で癌が見つかる方は非常に珍しい。ただそれは100歳まで元気な人が非常に珍しいだけで、高齢になったら著明に減る、という癌はありません。
 では、いつまで癌検診は受けたら、良いのしょうか?これは個人差があり、80歳でマラソンを走る人、70歳で自分の子供の顔も分らない人など様々です。現在の癌検診の目標は、気づかずに3年で亡くなってしまう癌を見つけて治す事です。
 つまり癌検診を受けた方がいい(受けるべき)人は「癌があったら早く見つけて手術をし、あと10年は生きたい」と考えるすべての人です。100歳の人や、自分の名前もわからない人は、そうは思わないでしょう。ですから、健康で長生きしたい、という方は、ぜひ定期的な癌検診を受けて下さい。

西淀病院 外科部長 北 寿美友

バックナンバー


●西淀病院安全管理室だより 

16.輸血療法委員会より《その1》
−委員会の活動 と 輸血の危険性について−

 輸血療法委員会は、日々の輸血を安全に行える環境を作るために、医師、看護師、臨床検査技師、薬剤師、事務などで活動しています。
 輸血とは、献血者から頂いた血液を体内に入れることで、貧血の改善や、血液が固まるために必要な物質を補充する目的で行うものです。
 ところが、安全に輸血を行うためには、患者さんの血液型はあっているか、輸血による副作用などが起こっていないか、輸血後に感染症を起こしていないかを検査しなければなりなせん。輸血に用いる血液は十分に検査されているものですが、それでもまれに血液を介して細菌やウイルスに感染することがあります。これらのリスクを限りなくゼロに近づけていくための活動が必要なのです。特に輸血後の感染症の確認には、患者さんのご理解とご協力が必要です。
 次回は、輸血の安全対策とアフターフォローについてお話したいと思います。

西淀病院輸血療法委員会 臨床検査技師 下司 隆介

バックナンバー


●大募集しています!

お問合せ:06-4808-8151 
のざと診療所/友の会組織課まで、お問合せ下さい。

◇お家に要らない布が眠っていませんか?

 患者さんのウエス用の布きれが不足しています。
 ご家庭で使わなくなった布(綿のシャツやシーツ、タオルなど)があれば、ご提供ください。お願いします。

◇無料塾のスタッフを探しています。

 毎月、第2・4金曜日の午後時5半から、場所:のざと診療所3階にて、小学生20人〜30人、中学生7〜8人が「無料塾」に参加しています。
 スタッフが不足しています。ぜひ、お力を貸して下さい。


●「元気でっせー」(10)

 千北支部の「朗読サークル」をお世話していただいている東京生まれの吉田さんを訪問しました。とても年齢を感じさせない滑舌は、人を引きつける独特な力をお持ちの吉田さん。
 20歳代からテレビやラジオ関係のお仕事をされた経験を生かし、「標準語」への思いや週2回(千北診療所と自宅)開催の「朗読サークル」のさわり部分を紹介しながら、サークルの神髄を語ってもらいました。『活字を読んではダメ、頭の中に情景を浮かばせて語る、そして頭の中で絵を書いて、気持ちを読む、気持ちを表現するのが朗読です』と力説。今回取材者と初対面のこともあり、「生きる事は、誰れかと手をつなぐこと」人生訓も紹介してもらいました。

西淀川区出来島在住 吉田 真子(しんこ)さん(90歳)

バックナンバー


●支部だより

【ひめしん支部】
「笑いヨガ」で大笑い!ひめしん支部総会

 6月4日(日)によどの里2階ホールで定期総会を開催しました。初めての参加を含む114人の方が出席で成功させることが出来ました。
 記念講演に「笑いヨガ」のお話と実技をしましたが、これがまた大好評を得ました。三宮で教室を開いているインストラクターの方に来ていただき、実技では椅子を丸く並べて、お互いの顔を見ながら大笑い。「こんなに笑ったのは久しぶり!」と楽しい、元気の出る総会になりました。


笑いヨガ!こんなに笑ったのは久しぶり!

◆◇◆

塚本支部】
食中毒のない夏に!

 塚本支部では、いつも田川の会員さん宅で行っている健康チェック班会。今回は柏花支部との合同で、6月23日(金)13人参加で行いました。(健康友の会・柏花センター1階にて)あおぞら薬局に実習に来られている薬学生の方を講師に「食中毒」の無料公開班会を行いました。
 食中毒は一年中発生の可能性がありますが、冬はウィルスに依るものが、夏は細菌に依るものが多くみられます。でも、発生の過程や予防のポイント(購入・調理・保存の方法・手洗い)を知ることで、ある程度予防が出来ることを学習し、講義の中で「手洗いの仕方」の実技も取り入れながら、有意義な班会となりました。


薬学生の方を講師に「食中毒」の無料公開班会

◆◇◆

西淀病院支部】
やったぁ!「友の会ひろば」ができました!

 気軽に寄れて、ゆっくりできる「友の会広場」が、のざと診療所の3階にできました。会員さんは、みんな無料で利用ができます。机が2つにイスが10脚あります。ポットとやかん、急須などの備品はご自由にお使いください。
 班会やバザーなど企画しています。時間指定で利用するときは予約がいりますが、空いているときは、休憩やおしゃべり、お食事など、ドンドンご利用ください。
 写真は、健康まつりでスクエアステップ体験会をおこないました。


友の会ひろば=のざと診療所の3階


●淀協理事会報告

第2回淀協理事会を5月25日に開催しました。
主な議題は次の通りです。

報告協議事項
【2016年度決算の報告と承認】
 2016年度の決算処理を受けて経常利益4億626万円、当期利益3億5,074万円の決算の提案を受けて承認した。この結果、債務超過額は、5億8,753万円となり2018年度中の債務超過解消方針を再度確認した。
【4月度の経営結果ついて】
 4月度は、経常利益1,006万円の黒字と前年より診療日数が一日少ないことや、他法人が赤字で苦戦する中職員の奮闘で健闘したが、予算、前年比とも届かなかったことについては、各事業所で予算差分析を行い、このまま予算未達で推移しないように年間予算達成のために課題を鮮明にして取り組んでいく事を確認した。
【退職金規定の改定について】
 2016年5月26日付で労組に申し入れを行ったが、あらためて退職金改定の目的と意義について追加し、2018年4月1日からの実施で6月中に労働組合に申し入れることを確認した。




淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ