健康友の会

 ・健康友の会のご案内
 ・機関紙「健康の友」

トップページ

機関紙「健康の友」

健康の友TOP支部だより

みんなの思いをひとつにすれば、
どんな要求も必ずかなう!

●10.20中央集会の取組み

 10月20日(木)の東京日比谷野外音楽堂で「憲法・いのち・社会保障を守る国民集会」が開催されました。全国から3,000人を超える参加者(淀協から19人)がゲストの発言やリレートークの切実な訴えに聞き入っていました。集会後銀座パレードで東京駅まで行進しました。

 参加者は「気持ちのこもった訴えに感動した」「仲間を増やしてほしいとの切実な訴えが良かった」と語っていました。


●今年の地域協同基金の目標は、
  1.5億円で取り組んでいます。ご協力を!

 淀協は、地域の友の会のみなさんに支えられた医療・介護事業所です。2016年度は、法人として1億円以上の設備投資を行います。
 昨年の「らくらく」建設のような大型投資はありませんが、最新鋭の診断機器の導入や、健康づくり支援のために健診システム、FCなごみへの電子カルテ導入、安心して療養できるために病棟やよどの里ベッドの入れ替えなどが主な内容です。医療内容の充実と療養環境の整備のために、健康友の会のみなさんの力をお貸しください。

@西淀病院の医療内容の充実
(最新鋭の胃・大腸カメラ、腹部エコー導入、血液検査自動分析機の更新など)
A淀協各事業所の健診システムの向上(健康増進のために)
BFCなごみへの電子カルテ導入(かかりやすさの追求)
Cよどの里ベッドの一部入れ替え、特殊浴場改修(療養環境の整備)

これからの支部主催「健康まつり」予定
◇らくらくオープン1周年記念まつり・・ 11月06日(日)
◇姫里支部・健康まつり・・・・・・・・ 11月19日(土)
◇ひめしん支部・健康まつり・・・・・・ 11月27日(日)
◇千北支部佃支部合同・健康まつり・・・2017年3月26日(日)

インフルエンザ予防接種と肺炎球菌ワクチン
 今年もインフルエンザ予防接種は淀協各院所で実施しています。
 また、平成26年10月から、高齢者の肺炎球菌感染症の定期接種制度も開始されました。肺炎球菌ワクチンを初めて接種される方は該当年度に公費助成が受けられます。インフルエンザワクチンの接種をあわせて行うことで、肺炎予防につながります。
 詳細については、お住まい近くの淀協の診療所等にお問い合わせ下さい。


●楽しく元気の出るとりくみ
 淀協70周年事業「怒る富士」上演(前進座)決まる!

上演日程:2017年2月13日(月)

 新田次郎原作の「怒る富士」は、身命を賭けて民衆を守る政治家が徳川時代にも存在し、「自然と人間と政治のあり方」を語りかける作品で、淀協70周年に相応しい取り組みのひとつとなっています。乞うご期待を!!


●淀協創立70周年・写真等ご提供のお願い!

「私と淀協・とっておきの一枚」の写真提供(説明文も添えて)をお願いします。
 淀協は2017年2月、創立70周年を迎えます。
 歴史から学び、新しい歴史を創っていくために、「淀協70年史」をまとめる作業を行っています。つきましては、「あなたと淀協のとっておきの一枚」など写真や、文集、思い出のものを提供(説明文も添えて)していただきますようお願いします。    
※連絡先  電話06−6472-6453(大久保まで)


●健康塾(第19期)
 第3講 メタボリックシンドローム・認知症の理解


9月24日 講師:西淀病院 吉澤賢志医師

 9月24日、健康塾第3講「メタボリックシンドローム・認知症の理解」講師:西淀病院 吉澤賢志医師で「メタボリックシンドローム」は、生活習慣病の一歩手前、食事、運動、メンタルヘルスについて具体的に分かりやすく学びました。「認知症」は、65歳以上の7人に1人の病気という事で認知症の分類、症状、本人の気持ち、家族の気持ち、こんな時どうするかとの事例等18人が受講しました。
 受講生からは、日頃よく耳にすいる言葉を改めて講義を聞くと大変勉強になりました。日頃の生活習慣がいかに大切だという事が良く分かりました。「健康塾」で一緒に学習し、質問や感想を出し合う事で、より理解が深まると思いました等の皆様の声でした。

※第19期健康塾スケジュール


●健康で長生きするために!

32.みんながなるかもしれない「うつ病」のお話し

 皆さん、絶対にうつ病にはならない自信を持っている人はいるでしょうか? あるいは、「憂うつだなぁ、うつ病なんじゃないか、、、、。」と思った事がある人はいるでしょうか?
 実は、うつ病は軽症も含めると10〜15人に一人はかかる可能性がある病気です。元気な人でも急になる事があります。うつ病は憂うつだけが症状ではない事がよくあり、「眠れない」「だるい」「食欲がない」などの症状で内科を受診する事もよくあります。わかりにくい症状なので、自覚がなく、診断も難しい事があり、自己判断での対応は危険な病気ではあります。精神科の先生でなくても、うつ病もしっかりとみる事のできる先生も多いので、内科で診断を受けて、軽症のものであればしっかりとお話をして、薬を使わずに治療する場合もあります。
 安易にうつに対してのお薬をだすわけではないので、先生と相談して、治療が必要な人には薬を出してもらうようにしましょう。

ファミリークリニックなごみ 副所長 蓮間 英希

バックナンバー


●西淀病院安全管理室だより 

10.人はなぜ間違えるのか?(その2)

 前回、人間は間違いをする、ということを書きました。では、間違いを「事故」に繋げないためにはどうしたらよいのでしょうか? そのためには、自分がどんな間違いをし易いのか? 知っておく必要があります。
 まちがいには「やり忘れる失敗」と「やってしまう失敗」の2種類があると言われています。「やり忘れる失敗」とは、「記憶」に関わるもので、どちらかというと『ほんやりさんタイプ』です。あとでやろうと思って忘れたり、約束の時間を忘れたり、電気を切らずに家を出てしまったり。「やってしまう失敗」とは、「注意」に関わる失敗で、どちらかというと『うっかりさんタイプ』です。つまずいて転んだり、行き先の違う電車に飛び乗ってしまったり、電話をかけ間違ったり。『ぼんやりさん』にはメモやタイマーが、『うっかりさん』には深呼吸や指差しが有用です。ちなみに、一番危ないのは「自分は間違いをしない」を考えている人、だそうですよ。
※参考:失敗のメカニズム 芳賀繁(角川ソフィア文庫)

西淀病院医療安全管理室 河瀬 留美

バックナンバー


●支部だより

【西淀支部】
「友の会大きくなぁ〜れ」お医者さんたちが入会のお誘い!

 外来では、先生たちが新入会のお誘いをしてくれています。また、連日、のざと診療所の特設「友の会コーナー」で、支部世話人さんたちが、順番で入って、新入会のお誘いと増資のチラシ配布をしています。
 コーナーには「先生から聞きました。入会します!」と患者さん。抽選会も同時におこない、1等賞「プレミアムBOXティッシュ」、2等賞「洗剤」、3等賞は「ごみ袋」、空くじなしです。どれも、生活必需品で喜ばれています。

◆◇◆

クリニックあい支部】
楽しいバスツァーを取り組みました!

 9月28日に「バスツァー」取り組みました。初めてなので、定員は25名・中型バスで計画しました。行先は兵庫県三田市方面、「しいたけ狩りとバーベキュー」を目玉に「農協市場館での新鮮野菜」「めんたいパーク」「キリンビール工場」に立ち寄ることにしました。
 当日は朝から雨、天気予報も終日「大雨」で、どんな一日になるが不安でしたが、バス移動中や建物の中は雨、しいたけランドでは、くもりと奇跡のように無事でした。一日を楽しく過ごし、バスの中では自己紹介やビンゴゲームで盛り上がりました。
 参加者の皆さんからは「欠席者もけが人もなく帰って来れてよかった」「楽しかった。また計画しましょう」「今度はもっと誘って大型バスで行きましょう」などの感想がだされていました。


バスツアー = 9/28 しいたけランド

◆◇◆

御幣島支部】
民謡を楽しく唄いました!!

 10月5日、みてじまデイサービスへ民謡の会「花鳥風月」さんを招き、楽しく民謡のひとときを過ごしました。
「花鳥風月」さんのメンバーのお一人が日頃ボランティアでみてじまデイサービスに参加していただいています。「声を出して、歌を唄うことはとても元気になりますよね」とメンバーの皆さん。利用者さん職員も楽しく民謡を唄い元気になりました。


民謡の会「花鳥風月」 = みてじまデイサービス、10月5日


●淀協理事会報告

第6回淀協理事会を9月22日に開催しました。内容は次の通りです。
通常の報告、決裁の理事会後に理事の研修会として「民医連と淀協の理念・歴史」「4法人合併について」「淀協の経営課題と展望づくり」「公益法人認定取得にむけて」の学習と討議を行いました。内容は次の通りです。

報告協議事項
【8月度の経営結果と財務・予算遂行状況について】
 8月度は、3,796万円(予算比240.5%)の経常黒字で2015年10月以降11ケ月連続して黒字となりました。2016年度8月末までの累計で20,221万円(予算比321.5%)の経常利益の到達。予算を13,931万円超過し達成している報告を受けた。今年度は上半期の中間決算も行い、上半期の到達を確認し、下半期の課題の確認、2017年度予算づくりの準備をしていくことを確認しました。
【ファミリークリニックなごみへの電子カルテの導入について 】
 ファミリークリニックなごみの電子カルテ導入プロジェクトからの答申を受けて、2017年2月稼働でファミリークリニックなごみに電子カルテを導入することを確認し導入費用の決裁を行いました。
【此花博愛会との事務幹部人事交流について】
 今後の4法人合併を視野に、10月に淀協から此花博愛会への事務幹部派遣、11月に此花博愛会ら淀協への事務幹部派遣の人事を実施することを確認しました。




淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ