健康友の会

 ・健康友の会のご案内
 ・機関紙「健康の友」

トップページ

機関紙「健康の友」

健康の友TOP支部だより

今年度は担い手づくりで
友の会活動を豊かにしょう!

●第31回友の会総会

 第31回西淀川・淀川健康友の会総会が、西淀川区民ホールで開催され、292人の会員、職員が参加しました。
 2015年は友の会発足30周年、戦後70年の節目の年でした。「平和のつどい」、「健康まつり」など写真を交え会員のイキイキとした活動内容が報告されました。
 2016年度の方針としては、担い手づくりで友の会の活動を豊かにしようと提起されました。文化行事としてはロックンタスケロール & ザ・キャプテンスウィングのコンサートも行われました。


ごはんも食べて、楽しい無料塾! 

●淀川の無料塾の紹介

 淀川区の無料塾を紹介します。現在不定期ながらも月2回を目途に、ファミリークリニックあいで開催しています。参加は無料。対象は小学生です。国語と算数、学校の宿題やお子さん自身がおこなっている教材をご持参ください。簡単な軽食も用意しています。
 同時に、お子さんの見守りして頂ける大人の方も募集しています。資格は必要ありません。教師、塾講師経験者歓迎。


●「6.5全国総がかり大行動」
     10万人集会&全国100万人行動

 淀協から、友の会世話人と職員8人が参加しました。

原水爆禁止2016年 世界大会代表派遣カンパにご協力を!

 広島と長崎に原爆が投下されてから、今年で71年目の夏を迎えます。核兵器のない世界を願うすべてのみなさんにカンパのご協力をお願いします。


●健康塾第10講 修了式


第18期「修了記念撮影」=矢倉緑地公園にて

 4月16日(土)、第18期健康塾第10講「修了式」が矢倉緑地公園で行われました。
 運営委員長、友の会会長の挨拶、大島塾長から14人の塾生に修了証、健康アドバイザーの授与と記念講演「現代社会を健やかに生きるために」をしていただき、そのあと記念撮影、昼食、塾生からは「塾長の話しが大変分かりやすかった」「色々な角度から話が聞けて良かった」「生きる喜びを与えていただいた」「青空の修了式で思い出になった」など感想が寄せられました。

※第18期健康塾スケジュール


●健康で長生きするために!

28.熱中症予防のワンポイント

 7月です、これから暑くなります。今回は、この夏を乗り切るための熱中症のお話です。昨年夏に全国で熱中症のために、926人の方が亡くなりました。大半は60歳以上の方で、男性が多くなっています。1人暮らしの男性の方は特に注意しましょう。
 熱中症が軽いときの症状は、@めまい A立ちくらみ Bこむら返りや筋肉痛 C拭いても拭いても汗がでる の4項目です。その他、気を付けたい項目は、Dいつもはより血圧が低い E脈がいつもより早い Fおしっこがいつもより濃くなって回数も少ない、などです。
 医師が脱水を見るのによく使うのは、G手の甲をつまみ上げた後「富士山状態」が元に戻るのに時間がかかることです。熱中症かな? と思った時にチェックするだけではなく、元気な時からチェックしておくことが大切です。おしっこ日に何回いくかな、富士山はいつもどのくらいで元に戻るのかな、血圧や脈はどのくらいかな? 日頃の自分の状態を知ることは、健康で長生きするためには欠かせません。あつーく、ながーい夏、気を付けて乗り切りましょう。

のざと診療所所長 大野 啓文

バックナンバー


●西淀病院安全管理室だより 

6.新・医者にかかる10箇条

 医師の説明が良くわからなかったけど、質問しづらかったので、そのまま『わかりました』と返事しといたよ」とか「薬を変えてから調子が悪いので、自分で飲むのを止めた」などの声を聞くことがあります。
 自分や家族が病気になったとき、安心して治療にのぞむためには、医療者とのよりよいコミュニケーションを築くことが大切です。
 電話相談などを中心に活動をしている『ささえあい医療人権センターCOML(コムル)』は、患者・家族が医療を受けるときの心構えとして「新・医者にかかる10箇条」を提案しました。COMLは患者と医療者が対立するのではなく、“協働”する医療の実現を目指して活動されています。私たち医療者も、こういう患者さんの行動にしっかりと応えていかなければと思います。

西淀病院医療安全管理室 河瀬 留美

バックナンバー


●「元気でっせー」(4)

 「好き嫌いがなく、なんでも美味しく頂いています!」「自分で毎日かかさず買い物(近くのスーパー3ヶ所)に出かけて作っていますョ!」と笑顔をたやさずにお話しをする斉藤ぬいさん。戦後から今の場所に住み、隣近所では一番古い住人になりましたとの事。若い頃から町会の婦人会役員をしており、お家(うち)にじっとする事はなかったと若い時を振り返ります。 最近の楽しみは? と質問をすると「友の会主催の映画会と月1回の子ども達との食事会」と最高の笑顔で応えてくれました。 いつまでもお元気で!!

西淀川区在住 斉藤 ぬいさん(98歳)


●支部だより

【ひめしん支部】
学習は力なり!

 5月25日(水)の支部世話人会議で共同組織について民医連のパンフレットを使って学習しました。世話人になって日の浅い会員さんから要望があり、それに応えて行なったものです。これから毎月の世話人会で学習会を行う事になりました。
 6月は姫島診療所のナースが講師になり、姫島地域の患者さんの状態がどうなっているか事例を通して学ぶことになっています。学習が定着し、姫島診療所の歴史やそもそもの成り立ちなども学んでいければと思います。

◆◇◆

塚本支部】
バラに囲まれて「ハイ、チーズ!」

 5月19日(木)、わくわくサークルで伊丹の荒牧バラ公園へ行きました。塚本からJRで伊丹、バスで現地へ。
 公園には、白・黄・ピンク・オレンジ・赤・藤色に斑・一重から八重と色も形も大きさも、あらゆるバラが勢揃い。思わずカメラのシャッターを切っていました。天気も曇りがちで暑すぎず、木陰でお弁当を食べ、おしゃべりもしながら、もうひと回り。
 バス停の近くでは、「ブラシの木」や赤い花を発見。バラの花と香りをたっぷり楽しんで帰路につきました。


伊丹・荒牧バラ園にて

◆◇◆

西淀病院支部】
支部総会大成功!

 5月21日(土)、西淀病院支部総会を110人の参加で開催。
 1部の総会では「2015年度活動報告・会計報告および2016年度方針・予算案」が承認されました。
 2部では、東本願寺僧侶でシンガーソングライター鈴木君代さんのミニコンサート。小学5年生で自殺を考えていた頃、お世話になっていたお寺のお坊さんに「いのちや平和の大切さ」を教わり、仏教の道に入るきっかけになったとのこと。「私の今の願いは、世界平和です!」と訴えます。最後に参加者全員で「ふるさと」を合唱し、笑いあり涙ありのミニコンサートとなりました。


支部総会にて=5/21「コンサート」


●淀協理事会報告

第2回淀協理事会を5月26日に開催しました。内容は次の通りです。

報告協議事項
【4月度の経営結果と2016年度予算修正について】
 4月度は、2,403万円の経常黒字で予算を2,400万円超過した。2016年度予算は、3月理事会で2.2億円の予算を確認したが、診療
報酬の改定を受けて西淀病院が10月からも7対1を維持することを確認し、年間2.43億円に上方修正予算を確認した。
【2015年度決算報告と承認】
 2015年度は、経常利益で399万円と経常利益で黒字決算の報告を受けて承認した。
【理事会改選にむけて】
 定款の改定について、5月19日に開催した評議員会で承認され、理事定数を20人以上40人以内として6月理事会に改選提案を行うこととした。
【参議院選挙にむけて】
 淀協理事会アピールを確認し、全事業所職員、友の会会員に徹底していくこととした。




淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ