健康友の会

 ・健康友の会のご案内
 ・機関紙「健康の友」

トップページ

機関紙「健康の友」

健康の友TOP支部だより

友の会3課題目標達成・
戦争法廃止にむけスタート!!

●目標達成スタート集会を開催


3課題の到達と方針を提起する北山副会長=1月13日、のざと診療所3階

 1月13日、西淀川・淀川健康友の会は「友の会3課題目標達成、戦争法廃止2000万署名目標達成」スタート集会を開催しました。会場はのざと診療所3階ひまわり会議室。75人が参加しました。
 清藤友の会会長のあいさつの後、村岡人事部長が戦争法廃止・2000万人統一署名・民医連キックオフ集会で学んだ事を報告し、安倍政権の狙いや戦争法廃止の運動の意義についてわかりやすく話しました。
 その後は北山良三友の会副会長が現在の3課題の到達と残り3ヶ月の運動の中心課題について提起しました。「班会や公開講座などつどいを中心に3700万円の協同基金や仲間増やし、健診受診を訴えよう」と強調しました。その後、西淀病院支部、ひめしん支部、佃支部、クリニックあい・みくに支部がそれぞれ目標達成する決意を述べました。


●第15回「健康まつり」に乞うご期待!
             豪華景品、楽しい企画満載!


第14回健康まつり(御幣島東公園)の様子

 今年の第15回健康まつりは「戦後70年、友の会結成30周年記念」のまつりです。それにふさわしく誰もが楽しく参加できるまつりにしようと実行委員会は準備をしています。
 特賞も奮発し5万円の旅行券がおひとりに当たります。その他豪華景品も準備しています。午前の舞台ではオープニングとして民医連の職員が職種を超えて結成している民医連バンドの出演が決まっています。また、2015年にオープンしたファミリークリニックあいの花房所長に「健康のはなし」を依頼しています。身近な健康についての参考になるお話が聞けると思います。午後は別舞台でコメディタッチのプロレス興行も行われます。メイン舞台では戦争法反対のパフォーマンスを用意しています。現在出演依頼をしているところです。


●健診受診強化月間、推進中!!

 まだ今年度健診を受けていない方へ!3月は混む事が予想されますので早い目にご予約をお願いします!
 西淀川区では姫島診療所千北診療所、淀川区ではファミリークリニックなごみファミリークリニックあいでも健診を受けることができます。それぞれ日曜健診もご用意していますのでご参考にして下さい。


●健康塾第5講 お口の健康・歯をなくさないために


田中歯科衛生士の指導で学習する塾生たち=11月21日、柏花センター2階

 11月21日健康塾第5講「お口の健康・歯をなくさないために」は、生協森の宮歯科 田中啓子歯科衛生士を講師に、15人が受講しました。
 体に悪影響を及ぼす虫歯・歯周病と全身疾患・正しい歯ブラシの使い方、磨き方の実技指導をしていただきました。塾生からは、「歯磨きの大切さ食生活とのかかわりで、歯を無くす恐ろしさを感じた」「糖尿病が歯周病から引き起こされる場合がある事は驚き」「正しく磨いて歯肉炎、歯周病を予防したい」等感想がよせられました。

※第18期健康塾スケジュール


●健康で長生きするために!

23.癌で死なない秘訣(「癌にならない秘訣」ではありません)

 今の日本人は、2人に1人が癌になり、その半分は亡くなると言われています。痛い、血が出たなど、症状に気付いた時点で、既に8割が手遅れ、というのが、怖いところです。
 50年前、癌は5%しか助かりませんでした。今は50%が治ります。これは、手術などの技術が進歩したからではありません。今でも自覚症状が出てからでは8割は治りません。癌の治療が大きく改善したのは、治る時期に見つける、つまり早期発見できるよう検査が 大きく進歩した事によります。
 癌で死なない最善の方法は、癌検診の定期的な受診です。「定期的に」が大切です。癌は次第に大きくなりますが、何とか見つかる状態から、もう治せない状態になるまで3年は掛ります。毎年健診を受けていたら、その間に多くは見つかり治る、という仕組みです。
 それでも、癌が半分しか助からないのは、癌検診の受診率が30%以下だからです。さあ、これで全てわかりました。あとは、今からあなたが実行に移すだけです。

西淀病院外科部長 北 寿美友

バックナンバー


●西淀病院安全管理室だより 

1.はじめまして!「安全管理室」です

 「患者さんの取り違え」「くすりの間違い」「転倒して骨折」等、医療・介護の『事故』のニュースをよく眼にします。
 西淀病院では病院長が先頭に立ち、重大事故を予防するために様々な取り組みを行っています。(リストバンドやお名前を名乗って頂くなど)そして、その担当部署が「医療安全管理室」です。
 しかし最近では医療側の努力だけでは限界があり、患者・市民の参加が必要だ、と言われています。
 そこで、これから私たちの活動を少しずつ紹介し、地域の方々のご意見も頂き、より安全で安心な医療・介護をめざしていきたいと考えています。ご協力をお願いします。

西淀病院医療安全管理室 河瀬 留美


●支部だより

【千北支部】
年末恒例「もちつき」を開催

 12月26日(土)朝9:00頃から、友の会佃支部や生健会の方々の応援頂きつき始めました。「餅つきしたことない」と保育園の先生たちの参加もあり賑わいました。
 今回は49sに増量、昼過ぎにはつき上げて終了、即完売、かってない売り上げで皆びっくり。「子どもの頃お婆ちゃん宅で観て以来」「海老を入れるのは初めて」「大根おろしの振る舞いもちの味は格別」と久し振りの光景に思いを馳せていました。友の会千北支部、一同感謝感謝の1年の締めくくりでした。


もちつきする、世話人のみなさん=12月26日、千北診療所前

◆◇◆

御幣島支部】
「らくらく」開所式に110人が参加!!

 「在宅総合センターらくらく」が1月6日にオープンしました。午後2時からの開所式には110人を超える人たちが集まりました。これまで施設の開所に向けて1億6千万円を超える協同基金が寄せられ、すでに区内の方たちから相談も受けています。式後に澤田理事長と清藤会長が植樹をしました。植えた「ソメイヨシノ」が「らくらく」の発展に伴って大きく育つように期待しましょう。


植樹をする澤田理事長と清藤会長=1月6日、総合センターらくらく

◆◇◆

姫里支部】
戦争法反対で今年最初の署名行動!

 最初の統一行動は職員を入れて4人が参加しました。「戦争法は廃止を」のポスターをセンターに貼りだし地域へ、2組で25人を訪問しました。署名は7筆でしたが地域の方たちと時間を取って話ができました。訪問先では、105歳になる会員さんがご健在で一同驚きました。ただ、「私にも考えがあるのでお断りします」と言われる方もあり、姫里地域で1000筆を集めるのは中々大変です。これからも頑張ります。


署名に出発前の世話人の3人=1月14日、姫里センター前

◆◇◆

クリニックあい・みくに支部】
つきたてのお餅に親子で舌つづみ

 1月9日(土)に「もちつき」を行いました。当日はお天気も良く、100人を超える幅広い年齢の参加者が楽しく交流しました。
 昨年末より「クリニックあい開設1周年記念望年会」「会報仕分け作業と食事会」「クリスマス会」「地域宣伝行動」と行事が集中し、新年早々で準備や打ち合わせが不充分と不安もありましたが、多くの方に協力していただき、20キロをつきあげ、「ぜんざい」「きな粉もち」「大根おろしもち」を販売し、通りかかった人へ友の会の宣伝も行いました。


おもちの出来上がりを待つ子供たち=1月9日・クリニックあい


●淀協理事会報告

第8回淀協理事会を12月24日に開催しました。内容は次の通りです。

報告協議事項
【戦争法廃止を求める署名運動】では、北山理事から自ら1000筆をめざし取り組んでいると報告。澤田理事長からも2000筆に挑戦すると決意表明がされました。友の会は、10支部各1000筆を目標に取り組むと報告されました。
【宜野湾市長選挙】は、1月24日が投票でシムラさんが、普天間基地の撤去を求めて立候補されます。選挙支援を送る事を確認しました。
【友の会年間課題総達成】では、@班会を旺盛に開催し、会員拡大の追求、A戦争法反対の学習と署名推進、B健診よびかけと拡大、C地域協同基金の目標達成、を課題に取り組みます。2億円協同基金目標に対し達成まであと4300万円。理事会では全職員からの協同基金応募を必ずやり抜き、地域でさらに広げることを確認しました。
【その他】11月経営結果と2015年度予算執行、経営現地調査を受けてなど




淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ