健康友の会

 ・健康友の会のご案内
 ・機関紙「健康の友」

トップページ

機関紙「健康の友」

健康の友TOP支部だより

いのち・くらし・平和を守ろう!健康まつりin西淀病院・のざと診療所に1800人

●健康まつり in 西淀病院・のざと診療所


元気いっぱいのチアリーディングに会場から拍手喝采(11月23日、のざと診療所3階)

病院・柏花・塚本3支部の共催

 秋晴れの11月23日(日)、のざと診療所において西淀病院・柏花・塚本の3支部共催の「笑っていきいき!友の会健康まつり」を開催し、1800人を超える参加者で賑わいました。 
 のざと診療所3階「ひまわり」をメイン会場に、平均年齢65歳のチアリーディングで楽しく開幕しました。

多彩で盛り沢山の内容

 黒木利男友の会西淀病院支部長、大島民旗西淀病院長のあいさつの後、落語で大笑い。
 北山良三友の会副会長・市会議員の安倍首相や橋下市長の国民そっちのけの政治の話、「原発ゼロをめざして」と題した長瀬文雄淀協副理事長の話、ハーモニカ演奏や歌の後、鈴木昇平医師の「新しい生活習慣病の知識」の話、マジックと、盛りだくさんの内容でした。

子ども達も目を輝かせる

 子どもシアターでは、人形劇、クイズ大会、妖怪ウォッチ上映や歌があり、子ども達は目を輝かせて見入っていました。
 無料歯科検診や健康相談、今回初めて開かれた教育相談コーナーも好評でした。模擬店は、早々に売り切れた店もあり、大賑わいでした。

子ども達のため原発ゼロを

 「長瀬副理事長の話は、原発被害の怖さ恐ろしさを映像で見せて下さりとても解りやすかった。原発事故のあと、世界中では克明な放射能汚染の実情が時間の流れと共に伝えられていたのに、日本のマスコミは真実を国内に伝えていなかったと知り驚きました。日本の政府・マスコミの情報が、信じられないものであると再認識しました。子ども達のためにも、絶対に原発をなくさないといけないと思います」「健診の大切さがよく分かりました」との感想が寄せられました。


●消費税増税はきっぱり中止させよう!


集会後にJR塚本駅に向かって出発する北山友の会副会長・市会議員(前列左2人目)石井みすず
友の会ひめしん支部相談役(前列3人目)と参加者(11月13日夕方、西淀川区)

 11月13日、消費税増税反対西淀川連絡会は、消費税増税中止の集会と怒りのドラムデモ行進を行い約100人が参加しました。
 「消費税上げるな!凍結や延期ではなくきっぱり中止させよう!」「安倍政権退場!」の声を夜の街に響かせました。


●新年のごあいさつ


●健康塾 第4講 「薬と上手につきあうために」


神浦薬剤師(正面右端)のクイズ形式の質問に答える受講者(10月18日、友の会柏花センター)

 健康塾第4講「薬と上手につきあうために」(講師:あおぞら薬局・神浦茉奈実 薬剤師)は塾生16人が受講し、薬の効能や副作用と正しい飲み方などの講義と実験が好評でした。受講者から「薬の飲み合わせや副作用、健康食品の事がよくわかった」「ジェネリック医薬品の事を知った」「『おくすり手帳』の活用が大切」などの感想が寄せられました。

※第17期健康塾のご案内


●支部だより

【塚本支部】
大人気にびっくり 江崎記念館の見学

 10月31日に「プチわくわくサークル」として、近くの江崎記念館(「グリコ」の会社)の特別展見学を取り組み、大人気で45人が参加しました。
 社長の人物像や会社の成り立ちを社員の方から案内と説明がされ、歴代の宣伝や「おまけ」の展示など、懐かしい物ばかり。特に昭和の初めに当時の硬貨をいれると、白黒の映像と音楽が数秒流れ、お菓子が出てくる自動販売機にはびっくり。
 お土産に頂いた「グリコ」の味に、子どもの頃を思い出しました。


江崎記念館の玄関で参加者が記念撮影(10月31日、歌島4丁目)

◆◇◆

姫里支部】
手づくりの健康まつり みんなの力で成功!

 11月8日・姫里コミュニティ会館で、結成2年目の姫里支部が職員の協力も得て初めての健康まつりを開催し、160人余が参加しました。
 「まつり」は、北山良三友の会副会長・市会議員、村岡淀協専務の激励のあいさつの後、会員の新舞踊・オカリナ・三味線・音読などを披露、井上賢二 姫島診療所名誉所長のためになる講演を楽しく聴きました。
 抽選会では1等賞(自転車)当選の女の子が、飛び上がって大喜び。手づくりで楽しく元気の出る「まつり」でした。


抽選会で1等賞の自転車が当たり大喜びの女の子(11月8日、姫里コミュニティ会館)

◆◇◆

ひめしん支部】
「クリニックあい」で世話人会開催と地域行動

 11月度定例ひめしん支部世話人会は「ファミリークリニックあい」(淀川区)で開催し、会議の前に新事業所を見学しました。
 会議終了後は他事業所の方も一緒(総勢14人)に、近隣マンションの訪問も行いました。
 「先日のまつりがあった診療所ですか?」「いつも買い物にいく時に見ているので知っていますョ!」「別の階に娘夫婦が住んでいるので、インフルエンザ予防接種の資料を2部下さい」など、短時間でしたが意義のある行動が出来ました。


ファミリークリニックあい2階・待合室を見学する会員・職員(11月19日、西三国)

◆◇◆

千北支部】
400人の暖かなつながり感じた健康まつり

 子どもと大人の元気なエイサーで、第12回千北健康まつりを開幕しました。
 美味しそうな匂いが漂う模擬店、噺家の天神亭折鶴さんの楽しい話。また、千北診療所の出しもの河内音頭では、参加者も輪の中に混ざり踊りました。
 こどもコーナーでの盛り上がり、若いお母さんたちが楽しみにしていた健康チェックコーナーなど、盛りだくさんの内容があり「今日は楽しかったよ」と声を多数頂き、地域の皆さまとの暖かな繋がりを感じられた、一日でした。


元気なエイサーで第12回千北健康まつりが開幕(11月16日、大和田北公園)

◆◇◆

柏花支部】
従来の価格で「柏花名物 ちらしずし」販売

 快晴にめぐまれた11月23日の3支部共催“健康まつり”には、柏花支部から「ちらしずし」を出店しました。
 多くの会員さんの長年の経験にもとづくノウハウで、前日からの食材の買い出しと当日早朝からの調理・パック詰めまで、粛々と進行して「柏花名物 ちらしずし」のできあがりです。 
 消費税が8%になっても、従来の250円を維持しています。かやくの椎茸や玉子をけちったりしていません。お蔭をもちまして午前中に完売しました。


笑顔で販売中の淀協本部女性職員(11月23日、のざと診療所駐車場)

◆◇◆

御幣島支部】
友の会の結びつき強める地域訪問

 御幣島支部では友の会「強化月間」中、役員会後に定例で地域訪問を行っています。
 訪問してみると、前に送付した「お願い手紙」を読んでおられ、快く協同基金への出資と再入会される方もあります。
 一方、「今は○○病院にかかっているから」「両親がいる時は入っていたけれど」などで退会される場合もあり、以前に比べて結びつきの弱さを感じます。御幣島では「新在宅福祉総合センターみてじま」の建設も予定しており、「友の会の結びつきを強めることが必要」と感じています。


地域訪問をする職員(11月27日、御幣島地域)

◆◇◆

竹島・加島支部】
恒例のバスツアーin和歌山に34人

 恒例のバスツアーは11月15日、和歌山県の「めっけもん広場」「緑化センター」「天然温泉ゆの里(橋本市)」に34人で行ってきました。顔見知りの方ばかりで、楽しい一日を過ごせました。
 「めっけもん広場」では、安くて新鮮な野菜を両手いっぱい買って大満足。いつも家では、主人とふたり「ご飯たべる?」「お風呂は?」くらいの会話だけですが、久々の温泉でたくさんの会話もして楽しかったです。
すっぴんの写真が怖いなー。 (N・N)


和歌山県植物公園緑化センター入口前で記念撮影する参加者(11月15日、岩出市)

◆◇◆

クリニックあい・みくに支部】
「あい」竣工を祝う 健康まつりに500人が集う

 10月26日(日)、ファミリークリニックあいの竣工祝いとお披露目で、健康まつりを開催し500人が集いました。 
 「まつり」は、学童の子どもたちの太鼓で開幕し、健康チェック約80人、歯科チェック(よどがわ保健生協淡路歯科)約30人が受けました。模擬店も様々な食べ物や餅つき・子どもコーナーなど、会員と民主団体等の協力で賑わいました。 
 メイン企画の診療所見学会ツアーや「花房所長の認知症講座」「ギター演奏」「パーカッション演奏」も大盛況で、大抽選会でしめくくりました。また、友の会への入会も16世帯あり、新診療所への期待ふくらむとりくみとなりました。


和太鼓を打つ「わらしこ学童」の子どもたち(10月26日、西三国1丁目)

◆◇◆

佃支部】
好評の健康懇談会や健康チェック活動

 この1年間は西淀病院の医局をはじめ、各職場からの講師による健康懇談会を開きました。佃コーポまつりや市営住宅での健康チェックでは「骨ウエーブ」と「血管年齢測定」が好評です。 
 ちょっと変わったところでは、市営住宅の家賃減免や住民税の相談会をしています。少しずつですが、会員さんの参加も増えてきました。「カラオケ」も取り組んでいます。
 今後も会員さんの意見を聞きながら、少しでも役に立つ取り組みを進めていきます。


健康懇談会で西淀病院・結城医師(左2人目)の話を聴く会員(支部センター)




淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ