健康友の会

 ・健康友の会のご案内
 ・機関紙「健康の友」

トップページ

機関紙「健康の友」

健康の友TOP支部だより

なかまふやし・地域訪問で奮闘中!

●12月診療スタート!淀川区三国・ファミリークリニックあい


ファミリークリニックあいの建物が完成!(10月、淀川区西三国1丁目3−29)

 ファミリークリニックあいの建物も完成し、12月1日診療開始がせまるなか、支部ではつながりを活かした地域訪問行動で、友の会入会や健康まつりなどの行事案内をすすめています。
 地域訪問では、西三国地域の市営住宅に転居されてきた高齢世帯の方が、通いなれた「かかりつけ医」への通院困難な状況や、新しい土地での生活不安を抱えられている方が多いなか、「民医連の診療所が近くにできるなら」と、入会していただいています。
 つながりでは、「自分達のこれからを考えると不安。どこに相談したらいいのかわからなかった」と、入会。隣人に、「健康友の会に私も入っていると、話したところ、後日ご自身と子どもさんの2世帯分の入会申込書を届けてくれた」など、日頃の住民同士の付き合いを通して、会員や世話人さんの人柄に信頼を寄せて頂いていることが、なかまふやしのとりくみで大いに実感でき、元気づけられています。


●友の会強化月間を意気高くスタート!


友の会「月間」方針を報告する三本松組織部長(9月16日、のざと診療所3階)

 9月16日のスタート集会を皮切りに10月から共同組織強化月間が始まりました。今年度は、淀川区に新しく建設される診療所の名前が「ファミリークリニック・あい」と決まり12月から診療開始になり、建設運動が大詰めになってきました。お披露目も兼ねた健康まつりも10月26日に開催されます。淀川区の会員さんだけでなく西淀川区の多くの皆さんにもご参加頂き、新しい診療所の見学をして下さい。また、建設運動で2000世帯めざしの仲間増やしを取組んでいますが
 淀川区にお知り合いがおられる方は是非ご紹介ください。


●「健診受診推進月間」(2015年1〜3月)をとりくみます!!

 1月から3月まで淀協と友の会が協力して、「健診受診推進月間」が取り組まれます。大阪市は特定健診の受診率が、全国平均の半分以下の23パーセントしか受診できていません。早期発見早期治療が癌にしても、成人病にしても医療費を低く抑えるとともに、元気で長生きする秘訣です。病気になってしまって医療費の不安がある場合でも、西淀病院のざと診療所姫島診療所千北診療所では無料低額診療事業を行っているので安心して治療ができます。
 是非多くの方が淀協の健診を受けて頂くことを訴えます。

【お知らせ】
12月6日(土)午後2時 のざと診療所3階会議室で、
西淀病院・鈴木医師を講師に「健診について」の学習会を開催します。
皆さん、是非ご参加ください!


●健康塾第3講 メタボリックシンドローム・認知症の理解


大森医師(正面中央)の話を聴く受講者(9月20日、友の会柏花センター)

 9月20日、健康塾第3講「メタボリックシンドローム・認知症の理解」(講師・西淀病院 大森京子医師)は、原因と対処法など専門的内容を解りやすく優しい声でテンポ良く話され塾生14人が受講しました。 
 「平素気になっていたメタボ・認知症のお話で大変良かった」「物忘れも心配、自分の良い行動で防げるかも?」「もろに私達にかかってくる問題なので、もっと聴きたい」「認知症の治療薬を早く見つけて欲しい」と、高い関心が示されました。

第5講「お口の健康・歯をなくさないために」 《11月15日(土)》
受講希望者は、ご連絡下さい。

第17期健康塾のページへ


●第5回 西淀病院喘息学習会のご案内

【日時】 2014年11月8日(土)午後2:00〜4:00
【場所】 西淀病院 2階医局 会議室
【内容】 
  @喘息の話 〜病気について〜 講師:大野啓文医師
  A喘息の話 〜呼吸機能検査について
            (呼気中一酸化窒素濃度測定※と肺活量の話)〜
                      講師:須藤検査技師

※はく息に含まれる一酸化窒素を測定することで、気道の炎症の程度が数値で表示される検査です。当日希望者は実費2000円で測ることができます。
  B喘息の話 〜お薬、増悪因子について〜 
                   講師:薬剤師 神浦茉奈実、中武祐子

  参加費は無料です。ぜひご参加ください。


●健康で長生きするために!

13.口の中の健康

 8020運動を御存じの方は多いと思います。80歳になった時、自分の歯が20本以上残っていることです。
 自分の歯があればこそ、食事が美味しいし、話はスムーズにできます。歯は突然抜けてしまうのではありません。長い間、歯や歯茎の手入れを充分にしなかったために、歯周病が悪化し最終的に歯が抜けてしまいます。最近は歯周病が動脈硬化ひいては心筋梗塞、脳梗塞にも関連していると言われています。糖尿病も悪化します。
 歯周病にならないためには、食事の後には毎回歯磨きをしましょう。最低5分はかけて磨いて下さい。歯間ブラシやデンタルフロスを使用して、歯垢を除去するのも有効です。だらだら間食をしていると、いつも口の中が汚れてしまうので気をつけましょう。
 歯周病、虫歯のある方は、すぐに歯科受診を。自分は大丈夫と思っている方も年に2〜3回は歯科受診で歯石除去をして健康な歯、歯茎を保ちましょう。

西淀病院 副院長 結城 由恵

バックナンバー


●支部だより

【佃支部】
地域に大量宣伝で健康講座や健康チェックを開催

 9月は西淀病院・小児科の江藤先生に来ていただいて、健康講座をとりくみました。当日は子どもの参加はなく、大人の健康相談になりました。「血圧が高い?」「骨量測定と血管年齢測定」が好評で、10人が参加しました。もう1回は「無料低額診療のお話」で、医療福祉相談室から説明と申請のあらましをしていただきました。
 健康講座には、地域の人が少しずつ参加されるようになってきました。佃地域で一般新聞に毎回5000枚折りこみしており、友の会の取り組みが知っていただけるようになってきました。

◆◇◆

ひめしん支部】
「強化月間」スタート&ボランティア交流集会

 夕闇が迫る中、平山支部長の「今日は思う存分焼肉を食べて、そのパワーで仲間を増やし協同基金を集めて、地域の高齢者訪問をしましょう」との檄のもと、42人の参加者が焼きたてのお肉や秋刀魚・焼きそばをむしゃむしゃと笑顔でほおばりました。
 和気あいあいの集会も、柿原本部組織部員・姫島診療所藤野事務長の行動提起を受け、「月間」成功の気持ちを高めながら解散となりました。


焼肉などを食べながら語り合う会員・職員(9月25日、よどの里屋上)

◆◇◆

柏花支部】
「喫茶ふれあいサロン」を5年以上開催

 支部の喫茶ふれあいサロンは桂枝雀の落語(DVD)を中心に、5年以上の長きにわたって楽しんでいただいています。事前に「かわら版」やポスターで演目をお知らせしています。できるだけ多くの方に来ていただきたいのですが、会場が狭く15人ほどで部屋はいっぱいになります。スクリーンが大きく鮮明なので臨場感があります。盛り上がってくると、思わず拍手が湧き上がることもあります。終った後の喫茶のひとときもくつろげます。多くの人たちで、工夫して長く続けられることを願っています。


落語(DVD)を観た後に喫茶でくつろぐ会員(支部ふれあいセンター)

◆◇◆

西淀病院支部】
友の会仲間ふやし&増資キャンペーン奮闘中!

 10〜11月、毎年恒例になっている仲間増やし&増資キャンペーン!今年も1等賞はお米2s、2等賞も昨年に引続き、友の会物産店からお好きな物を1点選んで頂いています。職員と世話人が力をあわせて会員増やし、増資のお願いや、今年初めて行う健康チャレンジのエントリーを声かけしています。「私も抽選したいわー」と毎日賑わっています。


「月間」特設コーナーでキャンペーン中の会員(のざと診療所待合)


●淀協理事会報告

第6回淀協理事会を9月25日に開催しました。内容は次の通りです。

【報告協議事項】
○無差別平等の切れ目ない医療と介護の実現のために、看護師・リハビリテーションスタッフ確保をめざす紹介大運動(看護師20人、リハビリテーションスタッフ10人の確保)に取り組みます。
○法人として西淀病院の結城副院長を委員長に「HPH委員会」を立ち上げ、WHOの国際HPH(ヘルスプロモーションホスピタル・クリニック)に加入申請します。
○無料低額診療事業(2011年8月開始、丸3年経過)の拡大強化と広報を強め地域住民の”最後の拠り所“の役割を果たすために、11月に「法人無料低額診療事業推進集会」を開催します。
○「いのちの格差を乗りこえる地域シンポ」を、2014年度内開催に向けて準備します。




淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ