健康友の会

 ・健康友の会のご案内
 ・機関紙「健康の友」

トップページ

機関紙「健康の友」

健康の友TOP支部だより

青い空・平和な未来を子どもたちに!

●国民平和大行進
 〜西淀川・淀川からヒロシマ・ナガサキへ〜


出発前の集会で「青い空は」を歌うよどっこ保育園の5歳児たち(7月4日、西淀病院駐輪場)

 7月4日、「核兵器のない世界、憲法9条と非核3原則の輝く日本へ」をスローガンに国民平和大行進がとりくまれました。よどっこ保育園の5歳児たちが、集会にかけつけ「青い空は」を合唱。かわいい歌声に送られるように、西淀川から淀川区役所〜淡路診療所〜東淀川区役所まで元気いっぱい「ノーモアヒロシマ・ナガサキ・フクシマ」、「原発ゼロ」を訴え、延べ250人(西淀から10人通し)で参加しました。


淀川区役所に向かって行進する参加者

 歩く先々で沿道やベランダなどから、手を振り温かい声かけがありました。参加した1年目の職員らは「一人ひとりの力は微力でも、たくさん集まると大きな力になる」「平和に対する願いの大きさを改めて実感しました」と感想を語っていました。


●「いのちの平等」を掲げる診療所建設へ本格稼働!


総合ステーションあい・三原介護支援員(右奥)から介護保険の話を聞く会員
(5月22日、木川第4住宅)

 淀川区三国地域への新診療所建設運動は、建設運動推進委員会発足から3カ月が経ち、診療圏(半径1km)内の会員が626世帯(6月末、目標2千世帯)となりました。
 この間、医療構想・プラン検討や新診療所リーフレット作成、建設予定地地盤調査などをすすめてきました。また、月2回の地域行動を中心に、診療所建設案内や仲間ふやしなどにとりくみ、民医連の診療所建設への期待や励ましの声が寄せられるようになってきました。そして、設計及び工事監理業者も決まり(6月末)、診療所建設も来年3月着工(予定)へ向けて本格稼働の運びとなりました。あらためて、ご協力いただいたみなさまに心から感謝申し上げます。
 建設運動は今後、診療所のネーミングや外壁の色彩検討、会員のたまり場となる「1階健康づくりコーナー(仮称)」の仕様や運用の検討など、会員の願いを反映させていく“わくわく”プランづくりの段階に入っていきます。と同時に、新診療所の安定稼働を裏付ける健康友の会“2千世帯をめざす”「仲間ふやし」や協同基金出資・増資を広げること、友の会支部づくりも求められています。
 淀川区に「いのちの平等」を掲げる民医連の診療所建設を成功させよう!を合言葉に、建設運動を大いに広げていきましょう!

淀川区新診療所建設運動推進委員会 事務局長 園部建史


●第14回健康まつり in 西淀川

 〜憲法が生きづく安全・安心のまちづくり、つなげよう健康の絆〜
日 程: 10月20日(日) 10時〜14時半 
会 場: 御幣島東公園(西淀川区民ホール隣)
参加協力券: 300円(福引抽選付き)


●第16期健康塾(入塾式・第1講)がスタート


塾生と運営委員らで記念撮影(7月13日、友の会柏花センター2階)

 第16期健康塾は7月13日、23人の塾生で開講し入塾式と2つの講義@西淀病院院長・大島 民旗塾長による「ストレスに向き合う」Aのざと診療所・山村 知恵子管理師長による「在宅での介護について(実技指導もあり)」が行われました。
 受講生からは、「大島先生のお話、非常に解り易く大変勉強になりました。」「介護のお話を聞いて介護の苦労も自分一人ではないという連帯感が生まれて、安心とゆとり感が出来て嬉しい」等の感想が寄せられました。

※第16期健康塾スケジュール


●おしらせ 2013年平和を守るとりくみ 

○御幣島支部平和バザー 
7月20日(土)10時〜12時、在宅福祉総合センターみてじま
○柏花支部 反核・平和映画会(西淀川労連と共催)
7月23日(火)10:00〜、旧柏花診療所
○千北支部 こども平和映画会
7月23日(火)16:30〜、千北診療所2階
○竹島・加島支部「平和夏まつり」
8月3日(土)15:00〜、ファミリークリニックなごみ
○平和の鐘
8月6日(火)百島・乗願寺(11時40分〜)、大和田・善念寺(14時半〜)
○原水爆禁止世界大会
8月7日(水)〜9日(金)長崎
○佃支部 平和のつどい
8月10日(土)13:00〜15:00、支部センター1階
○千北支部 原水禁大会報告会&戦争体験を語る会
8月17日(土)14:00〜、千北診療所2階
○ひめしん支部 平和のつどい
8月22日(木)夕方、姫島診療所
○世直し盆踊り
8月23日(金)・24日(土)夕方、淀川区三国本町公園
○姫里支部 戦争体験を語る会
8月24日(土)13:00〜、支部センター
○塚本支部 平和のつどい
8月27日(火)13:30〜15:30、塚本福祉会館
○御幣島支部 平和夏まつり
8月31日(土)夕方、在宅福祉総合センターみてじま
○西淀病院支部「平和とうたごえのつどい」
8月31日(土)午後2時〜、のざと診療所3階

◎各支部では上記以外にも、「原水爆禁止世界大会報告会」などがとりくまれる予定です。
詳しくは、各支部に直接お問い合わせください。


●早期に発見しよう!進行癌(がん)で命をなくさないために

14.石綿によるガンについて

 石綿は、小さな縫い針の形をしています。吸うと、肺に刺さって抜けなくなります。石綿には、ガンを作る性質(発ガン性)があるので、刺さった肺に、肺ガンや中皮腫と呼ばれるガンができます。
 しかし、石綿を吸ってから、20年以上過ぎてからガンになるので、ガンと診断されたときには、石綿を吸った記憶がほとんど残っていません。医者から言われて気がついたという患者さんが多いのです。石綿に発ガン性があるとわかっても、政府は適切に規制しなかった事が、今裁判で争われています。欧米では、早々ときびしく規制したにもかかわらず、です。欧米で売れなくなった石綿が日本に輸入され、石綿の取扱量は増えました。石綿は、断熱材や耐火材として非常にすぐれていますので、建物の壁や天井の断熱材としてたくさん使われました。神戸や東北の大震災で、建物の中のアスベストが飛び散ったことが問題になっています。適切に規制しなかった政府の責任は重大です。

大阪社会医学研究所所長・医師 中村 賢治

バックナンバー


●支部だより

【ひめしん支部】
参院選と憲法9テーマに手芸サークル班会

 7月2日の午後、「参議院選挙と憲法9条について」阪元看護師を講師に手芸サークル班会をおこないました。その後に糠野世話人が、講師になって「ピエロ人形」を作りました。講師の丁寧でわかり易い指導により、2時間余りで参加者全員の「ピエロ」が誕生しました。お家の箪笥の奥から出してきた材料のハンカチは、見事なインテリアに変身!?
 これを機会に次回は何を作りましょうか? と声も上がり、今後が楽しみになっています。診療所の患者さんにも是非作品をみて頂こうと待合室の「友の会コーナー」に展示しました。


ハンカチで「ピエロ」を作る会員(7月2日、よどの里1階ラウンジ)

◆◇◆

竹島・加島支部】
11年目になります歩くサークル「てくてく」

 2003年6月から始まった歩くサークル「てくてく」は、今年の6月で丸10年を迎えました。 7人の呼びかけ人から始まり、今では毎月の折り込みチラシで20人近く集まることも!
 第1回目は西淀川の矢倉海岸でした。折り込みチラシをさかのぼると、『矢倉海岸は江戸時代に矢倉久右エ門により埋立られた開田」』と地名の由来が書いてありマメ知識が増えました。
  これからも“のんびり ゆっくり てくてく”歩いて行きましょう!


第84回目の「池田水月公園」で記念撮影

◆◇◆

塚本支部】
バラといっしょに「ハイ、チーズ」

 塚本支部は、5月30日に「わくわくサークル」で、中之島のバラ園へ行きました。昼食は、バラ園の中でお弁当を食べる組と市役所の食堂を利用する組と、それぞれ。今年は花の咲き始めが早いのか、一部では終わっている所もありましたが、まだまだ香りや色とりどりの花を楽しむことができました。「こんな近くにバラ園があるなんて知らなかった」の声。その後、大阪市立東洋陶磁美術館へ寄って帰りました。心が「ホッ」とするひとときでした。


バラを前に記念撮影の会員(5月30日、中之島のバラ園)

◆◇◆

佃支部】
支部センターで毎月開催の健康懇談会が好評

 健康懇談会は佃支部センターで、毎月1回開催することを総会で確認しました。5月から西淀病院の花房医師や研修医、看護師、検査、薬局、リハビリ等、専門家の人に来て頂いています。
 テーマも身近な「熱中症」「感染症」「食中毒」「お薬の飲み方」「認知症」などを取り上げています。参加者からも「楽しくて大変役に立ちます」と好評です。毎月第4土曜日の午後2時から、センターを利用して開催しています。

花房医師(右端)の話を聴く会員(5月25日、支部センター)

◆◇◆


●淀協理事会報告

第3回淀協理事会を6月27日に開催しました。内容は次の通りです。

【報告協議事項】
○第1回みてじまブロック新規事業検討プロジェクト検討会は、在宅福祉総合センター・日高事務長を責任者に、12月までに理事会への答申を行います。
○法人格移行に伴う、定款の変更及び、新理事、新評議員を承認し、7月に届出を行います。
○理事の補充として、園部建史・現新診療所開設準備室課長を承認しました。よどがわ保健生協より理事派遣の要請があり、園部理事を選び承認しました。
○65歳以上の高齢者のインフルエンザ予防接種の料金について、これまで友の会から500円の補助を行ってきましたが「公定価格に統一するように」との行政の指導もあり、今年のインフルエンザの友の会補助は中止することを確認しました。




淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ