健康友の会

 ・健康友の会のご案内
 ・機関紙「健康の友」

トップページ

機関紙「健康の友」

健康の友TOP支部だより

原発再稼働反対 今すぐ廃炉にせよ!

●6万人が国会大包囲行動


淀協の青年職員が持つ横断幕を先頭に国会をめざし行進する職員と友の会会員

 6月2日、「原発ゼロをめざす中央集会」は、東京・明治公園に総勢1万8千人が集い、大阪から360人(民医連260人のうち淀協・ファルマ・友の会から38人)が参加、会場では30のブースで運動交流・全体集会が開催され、その後はデモ行進で「国会包囲行動」に参加しました。この日の諸行動は、「原発ゼロへ、圧倒的な市民の声をたたきつけよう」と、明治公園、芝公園23号地、国会前で行われ、「国会包囲行動」に6万人が集まりました。


「原発ゼロをめざす中央集会」の主催者を代表してあいさつする全日本民医連・長瀬文雄事務局長

 集会では、全日本民医連・長瀬文雄事務局長の主催者代表あいさつ、首都圏反原発連合のミサオ・レッドウルフさん、さようなら原発1000万人アクションの富山洋子さん(日本消費者連盟)が連帯のあいさつ、日本共産党の志位和夫委員長や被災地からの訴えなどがありました。福島県から参加した熊谷智さんは「安倍政権はあくまで再稼働や輸出に進んでいます。私たちが味わったあの恐怖は原発のせいじゃないかと、怒り心頭です」と訴え、「収束宣言ただちに撤回」「危険な原発今すぐなくそう」と会場と一体になり唱和しました。最後に千葉麗子さんがドラム隊のリズムにのって「原発いらない」「今すぐ廃炉」「再稼働反対」「福島返せ」とコールしました。
 若い参加者から「初めて参加しました。この参加が無ければ原発について考えることもせず過ごしていたと思います。これをきっかけに考えてみたい」と語りました。


●参院選挙で橋下暴言に審判をくだそう!


北山良三 友の会副会長・市会議員(正面中央)の報告を聞く参加者(6月18日、西淀病院駐輪場)

 6月17日昼、「慰安婦」暴言をめぐる橋下徹大阪市長(日本維新の会共同代表)の暴言すり替え、開き直りは許せないと、大阪市をよくする西淀川連絡会が呼びかけ、「橋下市長はやめろ!緊急集会&パレード」がおこなわれ70人が参加しました。集会で、北山良三 友の会副会長・大阪市会議員は「参院選挙で橋下市長の暴言を認めない審判をくだそう」とあいさつ。参加者は塚本駅までパレードし、「橋下市長は『慰安婦』暴言を撤回・謝罪しろ」「橋下氏は市長を辞めろ」と元気な声を響かせました。


●熱中症の予防を!!

今年もすでに熱中症でたくさんの人が病院に搬送されています。正しい知識を身につけて、熱中症を予防しましょう!!

◎のどが渇いたと感じなくてもこまめに水分補給を!
  (トイレが近くなるからと水分を控えるのは危険です)
◎汗をたくさんかいた場合は塩分補給を!
  (1リットルの水に1〜2gの食塩水)
◎エアコン・扇風機を活用し室温28℃を超えないように!
  (換気・すだれ・打ち水も有効です)
◎夏場は体をしめつけない服装を!
◎外出時は日よけ対策を!
  (日傘・帽子を着用し、日陰で休憩を十分取ることが大切です)
◎日頃から栄養バランスの良い食事と体力つくりを!

以上のことに気をつけて今年も元気に暑い夏を乗り越えましょう!!


●姫里に友の会の新支部設立!


中島敏子支部世話人(正面左端)の方針提案を聞く参加者(6月2日、姫里コミュニティ会館)

 姫里に新しい友の会の支部がうまれました。6月2日、姫里コミュニティ会館での設立記念総会には、来賓の各団体・淀協職員、会員あわせて50人が新支部の出発を祝いました。
 総会は、大島民旗西淀病院院長、北山良三大阪市議・友の会副会長、友の会各支部や病院職場代表からの祝辞、期待や励ましの挨拶のあと、「健康で安心な姫里」づくりをめざす支部の年間運動方針、予算を採択しました。
 看板はみな手作り、受付では役員が折った可愛い「折り鶴」が参加者に渡されました。姫里のサークル「男の料理」「音読」の紹介発言もあり、「みんなが参加する支部づくりですね」の感想もよせられました。この日、会場で「いつでも元気」誌の購読申し込みが3人、健康塾の申し込みもありました。おわりに、支部の新しい世話人15人が紹介され、代表が今後のご支援とお礼の挨拶を行い閉会しました。


●第2回西淀病院 喘息学習会が大いに役立つ!


のざと診療所 大野啓文所長の話を聴く受講者(5月19日、西淀病院会議室)

 5月19日、第2回西淀病院喘息学習会が西淀病院2階医局会議室で行われ、31人が参加しました。
 のざと診療所 大野啓文所長による「加齢による体の変化と喘息」、あおぞら薬局 神浦茉奈実 薬剤師による「吸入補助器具について」でした。
 筋肉、眼、脳などの体の変化から喘息の話、喘息治療の吸入薬のコツや吸入補助器具の紹介が行われました。受講者からは、「思い当たることが多くあり、参考になった」と感想が寄せられました。

※西淀病院喘息学習会のサイト


●おしらせ 2013年平和を守るとりくみ 

○御幣島支部平和バザー 
7月20日(土)10時〜12時、在宅福祉総合センターみてじま
○柏花支部 反核・平和映画会(西淀川労連と共催)
7月23日(火)10:00〜、旧柏花診療所
○千北支部 こども平和映画会
7月23日(火)16:30〜、千北診療所2階
○竹島・加島支部「平和夏まつり」
8月3日(土)15:00〜、ファミリークリニックなごみ
○平和の鐘
8月6日(火)百島・乗願寺(11時40分〜)、大和田・善念寺(14時半〜)
○原水爆禁止世界大会
8月7日(水)〜9日(金)長崎
○佃支部 平和のつどい
8月10日(土)13:00〜15:00、支部センター1階
○千北支部 原水禁大会報告会&戦争体験を語る会
8月17日(土)14:00〜、千北診療所2階
○ひめしん支部 平和のつどい
8月22日(木)夕方、姫島診療所
○世直し盆踊り
8月23日(金)・24日(土)夕方、淀川区三国本町公園
○姫里支部 戦争体験を語る会
8月24日(土)13:00〜、支部センター
○塚本支部 平和のつどい
8月27日(火)13:30〜15:30、塚本福祉会館
○御幣島支部 平和夏まつり
8月31日(土)夕方、在宅福祉総合センターみてじま
○西淀病院支部「平和とうたごえのつどい」
8月31日(土)午後2時〜、のざと診療所3階

◎各支部では上記以外にも、「原水爆禁止世界大会報告会」などがとりくまれる予定です。
詳しくは、各支部に直接お問い合わせください。


●早期に発見しよう!進行癌(がん)で命をなくさないために

13.糖 尿 病 と 癌

 糖尿病の人では癌の危険性が高まることが世界的にも注目され、日本でも今年5月に糖尿病と癌の学会から、糖尿病があると癌になりやすいというデータが発表されました。
 糖尿病の人は糖尿病でない人と比べて癌のなりやすさは1.2倍。なかでも肝臓癌・膵臓癌では約2倍、大腸がんは約1.5倍と高いことがわかりました。原因については、高血糖によってDNAが傷ついたり、癌細胞が増えやすくなったりすることが言われています。
 「うちは癌家系じゃないから大丈夫」という患者さんがおられます。もちろん癌のなりやすさには遺伝的なこともありますが、肥満・不適切な食事・運動不足・喫煙・アルコールなどの生活習慣は、糖尿病と癌になる共通の原因です。
 糖尿病も癌も症状がでてからでは、進行してしまっている病気です。生活習慣の改善と年に1回の健診(もちろん癌検診も!)をうけることで、糖尿病と癌の両方を予防・改善することが大切です。

西淀病院 内科医師 村瀬 明世

バックナンバー


●支部だより

【千北支部】
本当の大阪を知る歴史探訪が始まる

 今年の「歴史探訪」は、自分たちの住む本当の大阪の歴史を知る企画で、1年掛けてどこまで知ることができるか、1回目が大阪城とその周辺を歩きました。大阪城は現在あるのが三代目。秀吉から家康へ天下が変わる混乱の中に、無数の歴史があります。現在の三代目は、昭和6年に築城されコンクリート造りになり、太平洋戦争にも助かり今日に至っています。大阪城公園を散策し難波宮跡をたどり、上町台地から鶴橋まで出て帰路に就きました。戦国の時代から今日までのほんの一部を知りながら、これからも本当の大阪を知り歴史を探っていきます。


一番大きい城石を背景に参加者が記念撮影(5月12日、大阪城)

◆◇◆

西淀病院支部】
淡路島 玉ねぎ収穫バスツアーに46人

 6月3日は、西淀病院支部のバスツアーの日、46人が参加。西淀病院を出発して1時間ほどで淡路島の畑に着きました。「みんなでいざ収穫へ…!」収穫した約1キロ分(袋の中に入っただけ)、持って帰れます。
 おいしいご飯も食べて、植物園とお土産屋さんにも立ち寄って、5時には、無事に西淀病院に到着。
 次の日の「喫茶元気」で、収穫した玉ねぎを、1玉100円(50キロ分)で完売!さすが、大阪のおばちゃんパワーはすごい!


収穫した玉ねぎを手にする参加者(6月3日、淡路島)

◆◇◆

御幣島支部】
カラオケサークルが熱中症などで班会

 6月3日、カラオケサークルの定例会(毎週月曜午後・旧労働会館)の後、「熱中症の注意」「参議院選挙で憲法改悪許さず、国民の命くらしまもろう」をテーマに、班会を開催しました。「熱中症について」は、気温が上昇した頃ということもあり、熱心に聞いていました。
 その後の交流では、旧労働会館の後の活用が話題になり、「新しい事業や建物になっても、地域の人が交流できる場所、カラオケサークルも続けられるような場所はぜひ確保してほしい」との要望が出されました。


カラオケを楽しむ会員(6月3日、旧労働会館)

◆◇◆


●淀協理事会報告

第2回淀協理事会を5月23日に開催しました。内容は次の通りです。

【報告協議事項】
○2012年度決算報告を承認しました。
○淀川区での新診療所建設の友の会会員拡大は、2,000世帯目標に対して594世帯の到達。建設予定地は、医療機関も多く、激戦地であり、患者数確保の保障となる友の会会員2,000世帯は必須の目標として、建設委員会を中心にすすめるが、理事会の責任で取り組むことを確認しました。
○旧労働会館の老朽化に伴い、新たな介護事業の展開にむけ検討チームを作ってすすめることを確認しました。
○法人格移行に伴う新理事会・新評議員会の構成については、6月度理事会で確認し、7月に届出を行うことを確認しました。現在の理事・評議員は2014年3月末での任期とし、2014年4月改選に向けて準備します。
○前進座「赤ひげ」公演(11月5日、新大阪メルパルクホール)の実行委員会へ、理事会から中村理事を選出しました。




淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ