健康友の会

 ・健康友の会のご案内
 ・機関紙「健康の友」

トップページ

機関紙「健康の友」

健康の友TOP支部だより

いざ出発! 友の会役員と地域行動に参加

●新入職員歓迎!!


友の会役員(前列)と新入職員・先輩職員で記念撮影(4月4日、のざと診療所3階)

 4月4日、谷口事務局長の「友の会活動の報告」が終わり、桜満開の公園でお弁当を食べ、いざ出発。今回は、班で「ポイントを回る」簡単なオリエンテーリングを行いました。
 ポイントは、@淀協本部事務所へ行く、A淀川区の新診療所建設予定地に13時半に行く、B新入会会員宅訪問を行う(留守でも可)、C15時半にのざと診療所に戻ってくる、の4つです。1チーム助言者(友の会役員・職員)をいれて7〜8人のグループで行動。助言者は、極力口を出さず、新入職員が考えて行動することが条件でした。どのグループも、今はやりのインターネットで検索し即行動、楽勝です。上手に休憩をいれて、約束の時間通り建設予定地に到着。
 建設予定地では、園部・診療所建設推進委員会事務局長から地域や診療所建設の概要を聞き、訪問行動では先輩職員や役員が先導し、その奮闘の姿に感動。「淀協は友の会があって、住民に支えられている事がよくわかった」「地域に出向き関わっていくことの大切さを学びました」「友の会が地域のために様々な活動をおこなっていることを知り、私もできることはやりたい」と感想が寄せられました。


●淀川区三国 / 新診療所建設へ 決意高まる総会


姫野浄「建設推進委員会」会長(中央)の報告を聞く参加者(3月26日:東三国社会福祉会館)

 3月26日に東三国社会福祉会館にて、14団体35人の参加で『建設運動推進委員会結成総会』が開催されました。当日は最初に全日本民医連第40回定期総会学習用DVD「未来へのカルテ」を鑑賞後、主催者(淀協・健康友の会・建設準備会)挨拶を姫野準備会代表が、建設計画概要報告を村岡専務(淀協)が、診療所医療構想報告を花房医師(西淀病院地域総合内科)が、保険調剤薬局紹介を廣田社長(大阪ファルマ・プラン)が行いました。
 また、よどがわ保健生活協同組合の篠原事務局長の連帯挨拶、質疑応答と自己紹介・一言リレー発言を行い、最後に、「会の目的や構成についての申し合わせ事項」「姫野会長や園部事務局長など事務局メンバー」「宣伝・拡大・案内活動など当面の行動提起」を確認しました。
 参加者からは、民医連の診療所が地元にできることへの期待の声が出され、法人地域が力を合わせて、建設を成功させようと決意が高まる総会となりました。


●第28回 友の会総会のご案内

と き  5月11日(土)
      午後1時30分〜4時30分
ところ  西淀川区民ホール
      ※弁当を用意します(支部に事前申し込み必要)。


●班づくり・班会開催月間は6〜7月です!

今年の班づくり班会開催月間は6〜7月です。7月の参議院選挙は、日本の進路を左右する重大な分岐点です。「月間」の重要なテーマの一つとして、「憲法・消費税・TPPなどの国政問題」を学ぶ“世直し班会”をすすめましょう。
 すべての支部が、会員の要求に根ざした多種多様な班会(健康チェック、学習懇談会、趣味をいかしたサークルなど)を開催し、新たな班づくりもすすめましょう。「3人集まれば班会」を合言葉に、気軽に班会を開催しましょう。
 医療・介護などの学習班会では、職員に講師を要請し、健康チェックでは、血圧測定・体脂肪測定・血管年齢・骨ウエーブの機器を活用しましょう。自宅での開催が難しい場合は、地域の集会所などをお借りし、会場費は友の会から拠出します。


●知恵と希望を与える 健康塾 第16期塾生募集中!

 第16期健康塾は、7月から来年4月迄の月1回、合計10回開催します。健康塾受講者から「知恵を得て健康生活に心がけます」「希望を与えられ、前向きに生きていきたい」「友達ができた」「他人の役に立ちたい」など、好評です。多くの皆さんの受講を呼びかけます。

第16期健康塾のページ


●健康塾第9講 よどの里見学&パワーリハ体験


三浦理学療法士の指導でパワーリハを体験する塾生(2月16日、よどの里2階)

 2月16日、介護老人保健施設よどの里を会場に、健康塾第9講「介護老人保健施設見学・パワーリハビリの体験」は、大松事務長の報告(施設の歴史と概要・活動内容など)と施設見学、三浦理学療法士のパワーリハビリについての報告の後体験しました。受講者から「施設の成り立ちが、よくわかった」「施設は広々として、利用者がのびのびとされていて良い雰囲気」「パワーリハビリが身体と心に良い。楽しかった」など、感想が寄せられました。

※第16期健康塾のご案内


●早期に発見しよう!進行癌(がん)で命をなくさないために

11.タバコと癌の関係

 タバコとがんというと、肺がんを想像する方が多いのではないでしょうか。たしかに肺がんは喫煙との関連が強い代表的な病気ですが、実は、咽頭がん、食道がん、胃がん、すい臓がん、肝臓がんなど、さまざまな全身のがんの原因となることがわかっています。
 タバコには発がん物質が数十種類含まれており、喫煙年数が長く喫煙本数が多いほど、そして喫煙開始年齢が若いほど、がんになるリスクが高くなるといわれています。
 また、喫煙は、吸う人だけでなく、吸わないまわりの人にも肺がんなどの健康被害を引き起こします。喫煙は、さまざまながんの原因の中で、予防可能な最大の原因といわれており、がんの予防のためにはたばこを吸わないことが最も重要だといえます。
 現在たばこを吸っている人も、禁煙することによってさまざまながんのリスクを下げることができます。ぜひ、この機会に禁煙にチャレンジしてみましょう。

西淀病院 地域総合内科医師 花房 徹郎

バックナンバー


●支部だより

【御幣島支部】
認知症の話&DVD落語 班会

 4月11日、みて東2棟集会所にて、定例の班会を開催。最初に健康チェック(血圧・体脂肪・血管年齢の測定)を行い、在宅福祉総合センターの加藤介護福祉士による「認知症の話」を聴きました。会員からは、デイサービスの利用の仕方・受け方など、質問が出されました。最後に、桂枝雀のDVD落語「寝床」を観て大笑いしました。


加藤 介護福祉士(右端)の話を聴く会員(4月11日、市営住宅集会所)

◆◇◆

竹島・加島支部】
大島先生 ありがとうございました

 3月27日、4月から西淀病院の院長に就任する大島医師をかこんで昼食会を行いました。大島医師は、ファミリークリニックなごみ設立から今日まで、友の会となごみの発展に共に歩まれた医師です。会員の皆さんからは、感謝の声が寄せられました。なごみの所長は交代されますが、これからも竹島・加島支部となごみをよろしくお願いします。


大島医師(前列中央)と会員・職員で記念撮影(3月27日、ファミリークリニックなごみ)

◆◇◆

西淀病院支部】
行ってきました!淀川区三国地域訪問

 4月10日、会員と職員あわせて8人で、来年、春に淀川区にオープンする診療所近辺の会員さん宅の訪問に行きました。いつもと違うのは知らない地域ということ。
 訪問先では、診療所が出来ることを知らない方もいて、「どこにですか?」と聞かれ困ってしまい、地図を見せて「ここです!」と…。それで意気投合。「西淀病院には夫がお世話になった」「健診は西淀病院に行っている」など会話がはずみました。
 これからも、続けて訪問活動に参加していきます。


会員さんと対話をする支部世話人(2月21日、姫島地域)

◆◇◆

千北支部】
今年もゴキブリ団子作っています!!

 今年もゴキブリ団子作っています!! 
 新玉ねぎが出てくるまでの時期に、ゴキブリ団子を作っています。千北地域では、長年続いている事とよく効くと評判もよく、この時期になると常連の方から注文が舞い込みます。昨年は、2000個を会員さんが作りました。
 今年も4月30日朝からゴキブリ団子を作り、5月7日に袋詰め作業、5月8日の10時より、千北診療所待ち合いで販売を予定しています。予約も受け付けております。一度お試しください。


ゴキブリ団子作りをする会員(千北診療所)

◆◇◆


●淀協理事会報告

第6回淀協理事会を3月28日に開催しました。内容は次の通りです。

【報告協議事項】
○2013年度予算は3月理事会で確認する予定でしたが、各事業所の予算議論が遅れているため、4月・5月は暫定予算としました。
○3月26日(火)に、淀川区新診療所建設運動推進委員会結成総会が開催され、建設委員会会長に姫野浄(元市会議員)事務局長に園部診療所開設準備室課長を確認しました。現在淀川区三国エリアでは、3月末現在585世帯が会員となっており、来春の診療所オープンまでに2,000世帯の会員をめざして、毎月1回以上の地域訪問行動をすすめます。
○前進座の「赤ひげ」公演について、11月5日(火)か6日(水)のどちらかでの観劇を予定し、理事会・友の会・医療労組の3者で実行委員会を作って取り組みます。この観劇を通じて医療のあり方を学び民医連運動を考える一つの機会として位置づけ、友の会の組織拡大強化月間や淀川区の新診療所建設運動推進の糧とします。




淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ