健康友の会

 ・健康友の会のご案内
 ・機関紙「健康の友」

トップページ

機関紙「健康の友」

健康の友TOP支部だより

何とか患者さんの笑顔が見たい  ボランティアさんの見守り隊

●「見守りボランティア」を開始しました


エプロン姿のボランティアさんと職員で記念撮影、後列中央の男性左が落合医師
(西淀病院1階・中庭)

 西淀病院に入院する患者さんの70%が65歳以上で、75歳以上が50%となっています。高齢者が入院すると、寝たきりになったり、認知症になる確率が高くなるのはみなさんご存知だと思います。そんな中、2012年6月から西淀病院では、「入院中の認知症を減らす」ことを目的として「見守りボランティア」を開始しました。
 高齢者の話し相手になったり、車椅子での散歩や希望に応じて一緒に買い物に行くなどの活動をしています。入院している患者さんに直接係わるボランティア活動であるため、西淀病院ボランティアセンターが主催する養成講座を受講した方に活動していただいています。「ボランティアさんが来るのを患者さんが楽しみにしている」「来てくれる日は、元気」と入院患者さんや病棟スタッフからも好評です。
 西淀病院では、ボランティアをしていただける方を大募集しています。興味のある方は、西淀病院・医療福祉相談室(辰巳)までご連絡下さい。 

西淀病院・地域総合内科 落合 甲太

●ボランティアさんの声

最初は緊張しましたが いつも楽しみ 何とかして笑顔がみたい

●ほとんど眠っている様子の患者さん、何とかして笑顔が見たいとの思いで、手をとり話かけるも反応がありません。額から髪を撫でながらゆっくり話して行くと眼をあけて、私をじっと見て笑顔を見せて下さった。とても嬉しくなりました。私の方が色々学ばさせて頂いています(新高・陰山 清美さん)。

●最初は緊張しましたが、経験のあるボランティアさんと一緒だったので、緊張が少しやわらぎました。何を話せば良いのかわかりませんでしたが、患者さんに凄く喜んで頂き少しホッとしました。2週間続けてかかわった患者さんが、たいへん良くなって施設に移られると聞いた時は嬉しかったです。出来る限り、自分の体と相談しながら続けていきたい(御幣島・竹本 妙子さん)。

●ボランティアは、いつも楽しみの時間です(佃・綿岡 冨美代さん)。


●新年のごあいさつ

謹賀新年


●第5講 お口の健康


歯科衛生士の指導で歯垢チェックをする受講者(友の会柏花センター)

 健康塾第5講は11月17日、生協森の宮歯科の白神・松崎 歯科衛生士を講師に開催しました。歯を失くさないためには歯磨きが大事だと話され、一人ずつ実技指導を行いました。「ブラッシングはつい簡単に済ませがち、今回の受講を機に何十年先に1本でも多く歯が残せる様にしたい」「少し早起きして、ゆっくり磨こう」「知らないことが多くあり参考になった」等の感想が寄せられました。

※第14期健康塾のご案内


●支部だより

【西淀病院支部】
ふれいあい喫茶「元気」3周年で集い

 ボランティアによる喫茶「元気」は、西淀病院食堂で開店して3周年になりました。週1日の開店日から始め、現在は週2日になりました。患者さん・会員さん・地域の方など、毎回約60人の利用でにぎわっています。「毎回楽しみにしていますよ」の言葉に励まされ、ボランティアも生きいきと活動しています。
 「3周年のつどい」には約80人が参加、フルートの演奏・コーラス・落語を楽しみました。また、喫茶「元気」から病院に転倒予防マット、リハビリバーが贈呈されました。みなさんも一度来てみて下さい。お待ちしています。


フルートの演奏を聴く参加者(10月22日、のざと診療所3階)

◆◇◆

ひめしん支部】
丹波で黒豆の収穫体験バスツアー

 曇り日の10月29日、恒例のバスツアーは34人で「丹波」に行き、無農薬で大切に育てられた黒豆枝豆のもぎ取り体験をしました。道の駅での買い物・昼食と楽しいレクレーションとなりました。「前日の嵐でコスモスは見れなかったけど、1日ゆっくりと過ごすことが出来ました!」「初めての黒豆の収穫に感激、また来たい所」と絶賛する会員さん。帰りはバスの中でビンゴゲームを楽しみ、秋の楽しいバスツアーとなりました。


秋を満喫した参加者「はい、チーズ」

◆◇◆

千北支部】
健康まつりin大和田北公園に450人

 11月18日(日)、大和田北公園で第11回千北支部健康まつりが、450人の参加で開催されました。 中央舞台の催しは、淀中学生・PTAによる箏・尺八の演奏をはじめ出来島・大和田地域を中心に構成され、出店店舗も地域の団体が中心となり、地域の方々も実行委員としてコーナーに座って頂き、朝の会場セッティングなども一緒に入って頂きました。職員・役員・会員のみなさんが力を合わせて、賑やかなおまつりとなりました。


出来島子ども会による元気いっぱいのエイサー(11月18日)

◆◇◆

柏花支部】
センター満員の落語観賞&喫茶班会

 11月21日の落語観賞&喫茶班会は、今年最高の20人以上の大入り満員でした。参加者は、桂枝雀の創作落語で腹の底から笑い、うさを吹きとばし楽しく過ごしました。ウナギの寝床のような狭い支部ふれあいセンター内では、全員の写真が撮れず外で記念撮影をしました。「はい、チーズ」。


今年最高の参加者の落語DVD観賞&喫茶班会終了後に記念撮影(柏花支部ふれあいセンター前)

◆◇◆

御幣島支部】
夢を膨らませ 友の会の魅力アピール

 御幣島支部は、2012年度の拡大強化月間で地域行動をとりくみ、新会員5世帯、「いつでも元気」誌2部を増やしました。
 会員さんの高齢化が進む中で、活動の担い手が増えないのが悩みですが、地域では西淀病院の抜群の知名度があります。また、マンション立地の影響で、子どもをもつご家族が友の会に入会されていますので、これらの方にあった友の会の魅力のアピールが必要と考えています。
 旧林先生宅の活用などで、手芸サークルやモーニング班会などを検討しようと夢を膨らませています。


地域の子どもらが参加して恒例の餅つき大会

◆◇◆

竹島・加島支部】
琵琶湖観光・温泉で秋のバスツアー

 恒例秋のバスツアーは11月10日、滋賀県琵琶湖周辺観光と温泉に36人が参加しました。最初は三方に湖水が広がる「植物公園みずの森」で、様々な草花に癒されました。途中道の駅で買い物をし、「びわこ緑水亭」で「おなかいっぱい」と満足の昼食と温泉でゆっくりしました。帰路の最後に「寿長生の郷(すないのさと)」へ、広大な丘陵地で森林浴を楽しみ、予定より早く到着しました。「元気にして来年も参加したい」と感想が寄せられました。


滋賀県琵琶湖の「植物公園みずの森」で記念撮影

◆◇◆

塚本支部】
班会やサークルにお越し下さい!

 10月の健康まつりでは、ありがとうございました。塚本支部では、毎月、田川地域での健康チェック班会を。おしゃべり班会では、薬剤師さんによる学習会(ドライマウス・むくみ・五十肩・インフルエンザ等)も。又、わくわくサークルでは、美術鑑賞・サーカス・テレビ局見学を。これからも健康に役立つ情報を発信していきたいと思います。病気や制度などで「知りたい」とか「行ってみたい」など、ご意見やお知恵をお寄せ下さい。


中武薬剤師(右端)・岡本薬学生(同左)から「インフルエンザの話」を聴く会員

◆◇◆

佃支部】
市営住宅集会所で健康懇談会

 11月10日、佃市営住宅集会所にて「心臓のおはなし」(講師・西淀病院検査科の鶴田技師)で、健康懇談会を開催。懇談会は全住民に案内し、14人が参加しました。参加者は狭心症・心筋梗塞予防の生活習慣などで、質疑応答・懇談しました。「主人のことが心配、どう説明したらいいの」との質問に、「かかりつけのお医者さんに言ってもらったら聴くのでは」に納得。最後に蝉川検査科長から、西淀病院のCT・MRI更新に伴う協同基金へのご協力を訴えました。


西淀病院・鶴田検査技師(左端)の話を聴き懇談する参加者(佃市営住宅集会所)

◆◇◆

淀川・三国センター】
健康食品が安全とは限らない

 11月27日に地元の北中島センターで、神浦薬剤師を講師に「健康食品・サプリメント」について健康学習会を開催し10人が参加しました。
 ○×式の小旗(講師手作り)で設問に答える参加型学習会は、利用している「健康食品」を持参された方が多く、質疑も活発に出て「説明がとても丁寧で判り易かった」と好評でした。
 最後に「診療所用地の契約が間近、友の会の更なる強化を」との報告が行われ、入会と大腸がん検診の申し込みが各1件ありました。


あおぞら薬局・神浦薬剤師(中央)から話を聴く参加者(北中島センター)




淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ