健康友の会

 ・健康友の会のご案内
 ・機関紙「健康の友」

トップページ

機関紙「健康の友」
健康の友TOP支部だより

すべての地域で
つながり広げる友の会の班会を!

●政治の中身をかえよう! 怒りの世直し班会/西淀川区


北山副会長・市会議員(左端)の話を聴く会員(姫島3丁目)

 6月17日、姫島3丁目・片山さん宅で班会を開催。北山良三・友の会副会長から、沖縄の基地移設と米軍への思いやり予算問題・消費税増税問題・後期高齢者医療制度などが詳しく報告され、政治の中身を変えようとの思いを深めました。
 とくに、政府与党は後期高齢者医療制度の即時廃止の公約を裏切り、4年間この制度を引き伸ばし、さらに高齢者国民保険として65歳まで拡大しようとしています。この制度は、世界にも例のない年齢による差別医療をすすめ、保険料負担が増えています。そして今、消費税増税が急浮上してきていますが、消費税が社会保障のために使われず、大企業減税の穴埋めに使われてきたことです。一方、高い国保料が払えない無保険者や医療費負担が重く、医療にかかれない実態があります。 
 参加者からは、「大銀行が法人税0円の話は知らんかった。私らちゃんと税金とられとるのに!」「夫が医者にかかったら、1日で9000円も取られた」と怒りの声が聞かれました。大企業とアメリカ追随政治を、国民本位の政治に変えようとの思いを強くした「世直し班会」でした。

●毎月開催で2年以上続く学習班会/淀川区三国


西淀病院・看護師から健診結果の見方について話を聞く会員

 新緑の美しい季節です。日照時間が長くなっているので、街は夕方の遅い時間帯でも人々の往来があり賑っています。
 淀川区の友の会三国センターでは、そんな地域の人達が集まって健康学習会を開いてもう2年以上が経ちます。最初は同じ町内に住んでいても名前や顔も知らない人同士がだんだんと学習会で知り合いになり、ふれあう中で挨拶をかわすだけだったのが世間話をする様になりました。そして、新しい知人・友人になっていく様は見ていて心温まる光景です。 
 地域の人同士が知り合い、交流していくなかで年輩の方には若年層が経験していない事を教えて頂いたり、また為になる情報を聴かせてもらったりしています。それらは若い人達にとって未来に役立つ無形の財産にもなると思います。
 この健康学習会は地域の人々に医療の話だけでなく、結果的に人と人とのつながりも提供できたのではないかと感じています。そして、それらは豊かな街づくりにつながり、地域にも少しは貢献出来たと思っています。


●平和を守るとりくみのお知らせ

○平和行進(西淀川区⇒東淀川区コース)
 7月4日(日)西淀病院駐輪場(9時集合)、淀川区役所前(10時30分集合)
○御幣島支部平和バザー 
 7月17日(土)10時〜12時、在宅総合福祉センターみてじま
○塚本支部 平和のつどい
 7月27日(火)13:30〜15:30、塚本福祉会館
○ひめしん支部 平和の夕べ
 7月27日(火)17:30〜、姫島診療所
○竹島・加島支部「盆踊り」
 7月24日(土)夕方、加島北公園
○平和の鐘
 8月6日(金)、百島・乗願寺(11時45分〜)、大和田・善念寺(13時30分〜)
○原水爆禁止世界大会
 8月4〜6日広島
○佃支部 平和のつどい
 8月7日(土)14:00〜15:30・佃第2会館
○千北支部 戦争体験を語る会&原水禁大会報告会
 8月14日(土)千北診療所2階
○9条夏まつり
 8月19日(木)夕方、西淀病院駐輪場
○御幣島支部 かみのふれあい盆踊り
 8月21日(土)夕方、御幣島(旧)ヤンマーグランド
○西淀病院支部「平和とうたごえのつどい」
 8月28日(土)午後2時〜
○柏花支部 反核・平和映画会
 8月26日(木)14:30〜、旧柏花診療所
○世直し盆踊り
 8月27(金)・28日(土)夕方、淀川区三国本町公園

◎各支部では上記以外にも、「原水爆禁止世界大会報告会」などがとりくまれる予定です。詳しくは、各支部に直接お問い合わせください。


昨年7月開催の「第2回9条夏まつり」


●ぜん息患者に新たな救済制度を!


集会後にぜんそく被害者の新たな救済制度をとデモ行進する参加者(4月17日)

 「ギリギリまで我慢して結局入院になり余計にお金がかかってしまった。」「食費を削ってでも酸素代にお金をまわさないと生きていけない。」「一人暮らしなので、夜発作が出ないかと毎日不安な思いで過ごしている。」あおぞらプロジェクトが一昨年から昨年にかけて行なったアンケート実態調査で明らかになったぜん息患者の実態です。
 病気を抱えているつらさと不安な思い、それに加えて、財布の中身に診察が左右され、それによりさらに病状が悪化する、そのせいできちんとした仕事にも就けないでいる。あおぞらプロジェクト大阪では、「せめて医療費だけでも無料にしてほしい」という患者さんの切実な願いを実現するため、4月17日には府民集会も開催し、秋に向けて10万筆の署名運動に取り組み始めています。
 ここ西淀川でも、地域で苦しんでいる患者さんの支えになって、一緒に運動に取り組もうと、「ぜん息被害者の救済を求める西淀川の会」を、まだ準備会の段階ですが立ち上げ、これから、地域の住民の方々や色々な組織と協力して患者さんを支える運動に取り組もうと思っています。この運動を大きく広げ、ぜん息被害者の医療費無料制度を勝ち取っていきたいと思いますので、みなさん、ご協力どうぞよろしくお願いいたします。


●看護師をふやせ 宣伝署名行動を展開!


大阪民医連職員が参加して宣伝署名・京橋駅行動(6月12日)

 


●支部だより

【塚本支部】
チラシを見て3人が初参加「頭痛」の学習会

 塚本支部は、毎月第4火曜日午後1時30分から、塚本福祉会館2号室で「おしゃべり班会」を開いています。5月は、あおぞら薬局の薬剤師の方が来て下さって、健康チェックと「頭痛」についての学習会をしました。「頭痛」では、命にかかわるもの・そうでないもの・治療薬等について学びました。「チラシを見て・・・」と3人の新人さん達が参加して下さったのには、嬉しくなりました。まだまだ微力ですが、地域や会員さんの役に立つ活動ができたら・・・と思っています。


薬剤師の「頭痛の話」を聴く会員(塚本福祉会館)

◆◇◆

佃支部】
支部センターが廃油回収所

 佃支部では、センター前に廃油回収所のノボリを立てています。これは地域の環境団体「あおぞら財団」からの要請を受け、今年の3月から開始しました。ノボリには「家庭用植物油 少量でもOK、天ぷら油をエネルギーに再生させよう!」(西淀川菜の花プロジェクト)と印刷されています。佃支部だよりでも紹介し、これまでに約10リットル位が寄せられ、「廃油を捨てる所がみつかって、揚げ物が安心してあげられるわ」と喜ばれています。


支部センター前に立つノボリ

◆◇◆

ひめしん支部】
紀州路の旅 バスツアー

 風薫る五月の風に誘われて、紀州路の旅に行ってきました。先ずは、今昔物語や娘道成寺で有名な安珍、清姫の道成寺へ。縁起堂では安珍と清姫の物語を説明する、めずらしい絵とき説法を聞きました。次に紀伊半島最西端で太平洋や四国が一望できる日の岬の国民宿舎で昼食、その後、カラオケ、日の岬灯台の散策と自由時間を楽しみました。
 帰路、醤油のふるさと湯浅へ立ち寄り、民具館、職人蔵の説明を聞きました。古い町並み、醤油の香りを後にバスへ。バスの中ではビンゴゲームで盛り上がりました。


醤油のふるさと湯浅の民具館・職人蔵見学後に記念撮影

◆◇◆

柏花支部】
ワインに多彩な料理 天橋立バス旅行

 柏花支部の日帰りバス旅行は、38名の参加で天橋立・岩滝温泉に行きました。バスの中ではビンゴゲームや「なつメロ歌謡」の合唱でくつろぎ、ワイン工房では試飲を楽しみながら正午にホテルへ到着しました。おいしい多彩な料理をいただき、カラオケで盛り上がり、海の見える野外風呂でリラックスしました。帰りのバスで「淀協のあゆみ」(45周年記念DVD)を観ながら、淀協の職員と地域の人々が力を合わせて、医療活動に頑張っていることを改めて感じました。参加者からは「来年も行きたい」との声が多く寄せられています。


天橋立・岩滝温泉のホテル玄関で記念撮影(5月27日)


●淀協理事会報告

第21回淀協理事会を5月27日に開催しました。内容は次の通りです。

【報告協議事項】
○全日本民医連第20次辺野古基地建設反対連帯行動に淀協から3名が参加しました。
○5月22日(土)の西淀川淀川健康友の会総会には327名が参加し、年間のまとめと方針が確認されました。
○西野田労働基準監督署の立入調査があり、指摘された内容の報告を受けました。
○小児肺炎球菌ワクチン料金を確認しました。
○2010年8月からの次期新役員を検討する、次期役員検討小委員会の設置を確認しました。
○2009年度決算及び法人監事会報告(別紙)を受け、今後の対応について議論しました。
○2010年度の予算について検討し確認しました。
○夏季一時金の回答をはじめとした労働組合との課題について議論しました。
○淀協中期計画を6月理事会で確定するために、今後の討議の促進にむけて確認しました。




淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ