健康友の会

 ・健康友の会のご案内
 ・機関紙「健康の友」

トップページ

機関紙「健康の友」
健康の友

= 楽しい班会をたくさん開きましょう! =

●淀川区 三国センター講座  本当にきてよかったわー!
 「班会月間 6月〜7月」


学習懇談会で談笑する参加者(淀川区三国友の会センター)

 淀川区の友の会三国センターで毎月継続開催されている健康講座班会は、5月26日に西淀病院の医療・福祉相談員・加藤忍さんを講師に「知っておきたい医療・福祉制度」をテーマに開催しました。
 高齢者の福祉制度では、介護保険制度外の制度があることなどを知ることができたり、また、制度によっては所得税で自己負担の差があるということも、講師の丁寧な説明でより詳しく理解することができました。その他には、「高額療養費」の超過額の払戻金が受け取れることも新たにわかったりして、参加者からも「本当に今回来てよかったわー」と喜んでいただけました。
 班会の終りには、皆で血圧や体脂肪を測ったり、お菓子を食べたりして濃密なコミュニケーションをとることができました。地域のお年寄りは皆さん、あたたかいふれあいを求めていると思います。ただこれからは、お年寄りの人達ばかりでなく、若い人達にももっと声をかけて、たくさん参加してもらえる会にしていきたいと思っています。


●西淀川区 吹き矢サークル  健康チェックが好評です


吹き矢サークルで体脂肪を測る会員

 千北支部では班会月間をきっかけに、サークル班会に取り組んでいます。この日は健康吹き矢サークルで、最初に20分ほど時間をとって健康チェック班会をしました。まずは血圧を測定。普段からまめに測っている人も、そうでない人も、「きちんと測ってもらえると嬉しい。」と大変好評でした。体脂肪測定は初めての人もいて、「こんなにあるの!?」と驚かれたり、お互いの数値を比べ合うなどして盛り上がりました。これからも続けていきたいと思います。


●おしらせ 「2009年 平和を守るとりくみ」

平和行進(西淀川区⇒東淀川区コース) 7月4日(土)・9時集合、西淀病院駐輪場
御幣島支部平和バザー 7月11日(土)・10時〜11時
在宅総合福祉センターみてじま
9条夏まつり 7月30日(木)・夕方、西淀病院駐輪場
竹島・加島支部 「盆踊り」 8月1日(土)・夕方、加島北公園
平和の鐘 8月6日(木)
百島・乗願寺(11時45分〜)
大和田・善念寺(13時30分〜)
原水爆禁止世界大会 8月7〜9日・長崎
御幣島支部 「かみのふれあい盆踊り」 8月22日(土)・夕方
御幣島(旧)ヤンマーグランド
西淀病院支部 「平和とうたごえのつどい」 8月22日(土)・午後2時〜

◎各支部では上記以外にも、「反核平和映画会」「原水爆禁止世界大会報告会」などがとりく
まれる予定です。詳しくは、各支部に直接お問い合わせください。


昨年7月開催の「9条夏まつり」


●医師・看護師増やせ宣伝行動に98人が参加!


大阪民医連職員98人が参加し、1時間で1017筆の署名を集めた京橋駅行動(6月13日)


●はい、福祉部です(25)

デイサービスハウス安住が移転し新しくなります

 2005年7月より西淀川区福町で民家を改修して始めたデイサービスハウス安住(あんじゅう)は、この7月1日より、竹島診療所跡(竹島3−2−12)に移転します。
 元自転車店を改修した事業所(6名定員)は、アットホームで喜ばれていましたが、認知症通所介護へのご要望に応えていくため、元竹島診療所を改修し、11名の定員で運営ができるようになります。
 デイサービスハウス安住は、認知症の人を対象に専門的なケアを提供する通所介護です。手作りの食事、入浴などの支援や生活の支援を日帰りで行います。認知症の症状のある方は、一般のデイサービスになじめなかったり、にぎやかすぎて疲れることがあります。利用者の不安を軽くし、日中はなるべく起きてすごしていただくことにより夜はぐっすり眠れるなど、ご家族の気分も楽になることがあります。ぜひ見学におこしください。


引っ越し前で多忙でも笑顔を絶やさないスタッフ


●支部だより

【ひめしん支部】
日曜健診結果の説明会

 「最近、米国では日本食が健康食として静かなブームになっている・・・」井上所長が語りかけます。姫島診療所では、奇数月の第4日曜に健診をおこなっています。共働きの会員さんや、息子さん・娘さんたちと一緒に家族ぐるみでの受診もあり、常連さんも増えています。健診後2週間目の火曜日の午後6時から説明会を行い、毎回6〜7名が参加されています。「酒、止められへん・・・」「野菜キライやけど、油もんすきなんや・・・」など一人ひとりの疑問や質問に、井上所長は健診結果表を見ながら、「魚、野菜も食べましょう、 腹八分目に・・・」など上手な生活習慣病の改善方法を楽しく説明しています。


井上所長の報告を熱心に聴く健診受診者(姫島診療所)

◆◇◆

柏花支部】
白浜へ日帰りバス旅行

 5月20日、新型インフルエンザ騒動の中、体温チェックとマスク配布を行い、会員さん37名とスタッフ3名の参加で無事出発。みなべの梅工場(坂本冬美さんが働いていた工場)を見学後、白良荘グランドホテルで豪華昼食と温泉入浴。昼食後はカラオケ大会や海辺の散歩・入浴タイムとのんびり過ごし、浴室からの眺めは最高でした。ホテルをあとにとれとれ市場で海産物のお買い物ツアー、目移りするほどの海産物が沢山ありました。
 体調を崩す方や怪我をされる方などなく全員無事帰阪することができました。よかった・よかった!


豪華昼食と温泉入浴したホテルで記念撮影(5月20日)

◆◇◆

西淀病院支部】
ワイワイと平和バザー

 支部では毎月平和バザーとしてハム、コーヒー、カレーなどの販売を定例でしています。この利益で毎年2名の会員さんを原水爆禁止世界大会に派遣しています。
 今年は、世話人会で「不要品バザーもやろう」ということになり、6月2日に行いました。会員、職員から寄せられた沢山の生活用品、衣類などの品物が飛ぶように売れました。
 多くの会員さんにお手伝いをしていただき、みんなでワイワイと楽しいバザーとなりました。今年も2人が代表で長崎の大会に参加します。


原水禁大会代表派遣のためのバザーに集う人々

◆◇◆

竹島・加島支部】
今こそ政治の転換を!

 6月9日「なごみルーム」で、淀川民商の西村事務局長を講師に「国保料学習班会」を開催しました。これまでは認められていた「分納」が出来なくなる話や、「猶予申請書」を提出すると財産まで調べられる話などとても衝撃的でした。長渕事務長からは全日本民医連が作成した「世直しパンフレット」を基に、日本の医療や介護などの社会保障費がどんどん削られている実態が報告されました。安心して健康に住み続けられる町づくりの為には、政治の転換が必要です。軍事費より社会保障にこそ私たちの税金は使われるべきです!!


「国保料学習班会」で淀川民商・西村事務局長(左2人目)の話を聴く会員


●淀協理事会報告

第9回淀協理事会を5月28日に開催しました。内容は次の通りです。

【報告協議事項】
○新型インフルエンザについて医学的な報告もうけ、淀協としての対応を検討・確認しました。
○2008年度最終決算と決算監事会報告を受け承認しました。今年度4月決算はほぼ予算通りとなりました。
○5月16日に開催された友の会総会の報告を受け、6月・7月「班会月間」を、淀協全体で80〜90回の開催をめざして取り組むことにしました。
柏花診療所の「デイサービス」は6月末で廃止になり、今後の対応について議論しました。
〇無料低額診療事業の実施にむけて、大阪市の進展がないため正式に文書を提出することにしました。
○国保世帯に西淀川区役所から分割納付は認めない通知がされており、今後、区への対応及び相談活動を重視することにしました。
○「安住」が旧竹島診療所1階に移転することになり、改築工事や2階の活用を議論しました。
○生健会会館の解決に向けて、過去の歴史経過を一致させる議論をしました。
〇労組の春闘要求・夏季一時金要求への回答について検討しました。




淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ