健康友の会

 ・健康友の会のご案内
 ・機関紙「健康の友」

トップページ

機関紙「健康の友」
健康の友

= 新入職員歓迎!友の会活動を紹介 =


「友の会の活動紹介」の後に友の会の役員と新入職員が記念撮影(4月2日)

 2009年度淀協・ファルマに23名の新入職員が入社しました(初期研修医2名、後期研修医1名、看護師・準看護師含む11名、リハビリ室3名、介護福祉士2名、薬剤師3名、事務1名)。
 4月1〜4日まで行われた淀協・ファルマ合同オリエンテーションでは、入社式・淀協ファルマの歩み、学習講演「働くこと生きること」、友の会班会、歓迎会、医療安全学習会、職場の事例から学ぶ学習会など、多彩な内容で取組まれ、最終日には自分たちが働く地域のことを調べようと第1回目の「地域診断フィールドワーク」が行われました。今年度は新入職員の成長を援助していくための実行委員会が結成され、その実行委員が中心となって各企画が進められ、力を発揮することができました。
 特に4月2日に行われた友の会各支部への班会参加はたいへん好評で、参加した職員からは「この病院は本当に地域の人に必要とされていることを感じた」「本当の意味で地域に根差した密着型の病院であることを実感した」「多忙な医師や看護師に代わって、患者さんと病院・診療所をつないでくれているのが友の会であると思う」など、参加した各支部ごとにいろんな感動を受けることができました。また手打ちうどんやたこ焼き、チヂミなど各支部個性を生かしたおもてなしで新入職員を歓迎しました。友の会と職員みんなが元気になった1日でした。


= 後期高齢者医療制度は廃止せよ =

●解散総選挙で国民の審判を!


西淀川怒りの区民一揆集会終了後デモ行進に出発(4月1日、西淀病院)

 4月1日、西淀川社会保障推進協議会は、高齢者は早く死ねという「後期高齢者医療制度」の廃止を求めて朝の西淀川区役所前での宣伝署名行動に続き、午後3時から西淀病院駐車場での「後期高齢者医療制度はきっぱり廃止を!ただちにおこなえ解散総選挙」をスローガンに西淀川怒りの区民一揆集会(123人参加)とデモ行進をおこないました。


= 西淀病院リニューアル盛大に完成式 =

●淀協60周年記念事業


主催者を代表してあいさつをする澤田佳宏理事長

 2007年2月から着工した西淀病院全館リニューアル工事がこの2月に完成しました。これを記念して、3月22日に「淀協60周年記念事業西淀病院リニューアル完成式」を開催しました。  
 完成式は、澤田佳宏理事長が会の挨拶を行い、来賓を代表して、西淀川区医師会・高岡均会長をはじめ、西淀川区老人クラブ連合会・上平繁一会長、友の会・清藤友令会長などから西淀病院への期待を込めた挨拶がされました。その後、リニューアル工事を無事完成させていただいた、株式会社類設計室と株式会社間組大阪支店に、感謝状と記念品が贈られました。最後に、スライドで西淀病院のリニューアル工事の内容が報告され、耐震補強で安全を重視して美しく生まれ変わった西淀病院を、より詳しく理解することができました。
 当日は、完成式と一緒に健康まつりも開催され、地域から1200名が参加して、新しくなった西淀病院も見学し、みんなで喜び合える1日を過ごすことができました。


●第24回友の会総会のご案内

《 日 時 》 5月16日(土) 午後1時30分〜4時30分
《 会 場 》 西淀川区民ホール
※軽食を用意します。


●班づくり・班会開催月間は6〜7月です!

 いま世の中は大変な格差と貧困の下で、苦しめられている人々がいます。最も困難な人々に寄り添い、その人々が何を求めているのか我々に何ができるのかを考えながら、情勢にあった運動が求められています。
 今年の班づくり・班会開催月間は、「相談活動ハンドブック」(大阪社保協発行)を使い、班会を開催します。班会では、(1)このハンドブックの内容(制度)を学習します。(2)これらの制度を知らない人たちに知らせます。(3)会員一人ひとりが相談窓口になれるようにします。もちろん会員の様々な要求にあった班会や班づくりをすすめます。5月中に準備をすすめましょう!


●大腸がん検診推進キャンペーン目標7千人を達成!

 2008年度、大腸がん検診推進キャンペーンは、(1)早期発見、早期予防で健康といのちを守ることと、(2)淀協の事業活動として展開していくことを目的に実施しました。当初、キャンペーン期間を2008年11月1日〜2009年1月末までとしていましたが、要望も多く、2009年3月末まで期間を延長し、目標の7000人を大きく達成しました。
 実際に大腸がん検診を受診された方から、10人に大腸がんとポリープなどが見つかりました。まさに“いのちを守る”取り組みとして、大腸がん検診の必要性が実感できた取り組みとなりました。


●健康塾第9講 「健康づくり体操」

 3月14日、健康塾第9講は西淀病院リハビリテーション科の阪中喜考・理学療法士を講師に、「健康づくり体操」をテーマに開催し塾生14人が受講しました。講義では「姿勢と健康」について、一人ひとりが身体で感じながら「いい姿勢」を学び、筋力維持・増強の運動を体験しました。受講者の感想は「いい姿勢の状態がわかった」「良い姿勢、身体の使い方により体力向上ができることが分かり実践したい」など、好評でした。


阪中理学療法士の指導で実技中の受講者(よどの里2階)

第11期健康塾のページ


●支部だより

【ひめしん支部】
桜の宴のはじまり はじまり

 暖かな日差しに誘われて、5分咲きの桜がいっきに8分咲きまで気品高く咲き誇ったここ西淀公園。その桜の下ではみんなの笑顔がはじけます。チラシ寿司・揚げたてのテンプラ・おつまみ・お茶・ビールで「むしゃむしゃ、ごくごく、プファー」と。お腹が落ち着いたらナツメロの歌声がわきあがり、炭坑節の踊りの輪が広がります。シニアボランティアさんが演じる大道芸や浪曲手品には拍手喝さいでした。春風もたなびき、のんびりと心地良いお花見会でした。(ゆうの家と合同で宴を取り組みました)


咲き誇った桜の下で花見を楽しむ会員(西淀公園)

◆◇◆

西淀病院支部】
リニューアル完成を祝って健康まつり開催

 3月22日、西淀病院のリニューアル完成を祝って、のざと診療所で健康まつりを開催しました。朝から降っていた雨は、何と奇跡のように開催時間になるとピタリと止み、10時には受付は長蛇の列となりました。参加者は前回を上回る1200人。リニューアル完成を喜び合う健康まつりとなりました。  
 舞台では会員、職員のたくさんの出し物にワクワク。大野先生の「認知症のはなし」には会場いっぱいの参加者。健康チェック、歯科検診、子供コーナー、各種展示などにも多くの参加者がありました。模擬店は友の会、職員、地域の各団体などから20店舗が出され、友の会のみなさんの餅つきもあり、どこも大盛況でした。


「ご祝儀音頭」を踊る野里民謡クラブのみなさん(のざと診療所3階)

◆◇◆

竹島・加島支部】
元気いっぱいの『おしゃべり班会』

 今回の班会は、地域の会員さんが4名参加し、研修医の石井先生(写真中央)を囲んで行いました。まずは、先生による血圧チェックに始まり、西淀病院リニューアルの話などで盛り上がりました。また、会員さんから石井先生に「日本のお医者さんの数はほんとに足りないの??」と質問が飛ぶと、石井先生もすかさず医者不足の現実をお話されていました。最後に『命を守るシール』の宣伝をさせて頂き班会を終了としました。
 石井先生も班会に参加され、「大きい病院ではなかなかこのような班会は体験できない。こういう繋がりがあるから僕らは頑張れるんです。」とおっしゃっていました。


石井医師(左3人目)と「命を守るシール」を持つ会員

◆◇◆

柏花支部】
柏花名物ちらしずしを販売

 3月22日、西淀病院支部の友の会健康まつりに柏花名物「ちらしずし」を販売しました。昨年11月の3支部合同の健康まつり以来の取り組みとなりました。まつり前日の土曜日、具材の炊き込み準備、当日は、朝7時よりごはんを炊き、錦糸卵を焼き、パックに盛り付けをおこない、175パックを作りました。柏花ちらしずしの愛好者がたくさんいるため、10時30分から販売し、他の模擬店が販売している中、11時すぎには、完売しました。ボランティアのみなさん、ご苦労様でした。


健康まつりで「ちらしずし」販売を準備する会員と職員


●淀協理事会報告

第7回淀協理事会を3月26日に開催しました。内容は次の通りです。

【報告協議事項】
○大阪民医連から茨木診療所との合併議論の促進要請を受け、今後検討していくことになりました。
○西淀川社保協で「西淀川のいのちを守るネットワークポスター」が作成され、淀協でも取り扱うことにしました。
○映画「いのちの山河〜日本の青空U〜」の製作協力券普及の協力要請を確認しました。
○この間2カ月連続黒字でしたが、2月度の経営結果は赤字となり、事業日数の少ない月は、未だ黒字にできる状況には至っていません。
○西淀川・淀川健康友の会総会が5月16日(土)13:30〜西淀川区民ホールで開催されることと、各支部の総会の日程を確認しました。  
○3月22日の淀協60周年記念事業西淀病院リニューアル完成式は、各団体から120名を超える参加をいただきました。また、同時に開催した健康まつりは、地域から1,200人の参加で淀協60周年の区切りとして成功しました。
○柏花診療所の診療体制及びデイサービスハウス安住の展開について議論しました。
○賃金労働条件改定提案は、労組臨時大会で執行委員会提案が可決され、組合員投票が実施されるとの報告を受けました。




淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ