健康友の会

 ・健康友の会のご案内
 ・機関紙「健康の友」

トップページ

機関紙「健康の友」
健康の友

謹賀新年

= 笑顔にこたえ政治をかえる年に =

力をあわせて医療・介護、くらしの危機を打開しましょう!


●3支部合同健康まつり 350人参加で大盛況


あいにくの雨が降る健康まつり、「はい、笑顔!」に応える子ども達
(11月16日、柏里1丁目・花川公園)

 11月16日(日)柏里の花川公園で開催された3支部(柏花、塚本、竹島・加島)合同の健康まつりは、あいにくの雨のため、舞台企画を取りやめて、模擬店中心になりました。太鼓や三味線、マジックショーなど楽しみにされていた方からは、「残念、小雨だからあると思った」との声も寄せられていました。
 2年前の教訓から(前回も雨)、公園の藤棚の屋根にブルーシートをかぶせて、雨対策をしました。11時北山副会長の開会あいさつではじまり、福引抽選会で赤路先生の当選番号発表で大賑わい。大島先生の「認知症」の講演も雨の降り具合では、簡単にしようと打ち合わせをしていましたが、立ち見で大勢の人が聞き入り、予定時間をこえる熱の入りようで、大好評でした。
 各模擬店の売れ行きもよく、柏花名物ちらし寿司・豚汁は、昼前には売り切れていました。午後から雨が降りやんだ事もあり、後半も人の流れが途絶えることなく、楽しい1日を過ごしました。


●すてるウンチでひろういのち
  大腸がん検診キャンペーン実施11月〜2009年1月

 昨年度に引き続いて、今年も大腸がん検診推進キャンペーン実施します。ここ数年、食生活の欧米化(高蛋白・高脂肪食)に伴って大腸がんの発生が急速に上昇しており、この機会にぜひ大腸がん検診を受けられるようお奨めします。
 昨年の取り組みでは、便潜血陽性率は7.3%と全国平均よりもやや高く、その中から大腸がんやポリープなどが見つかりました。大腸がんは、何よりも早期発見・早期治療が大切で、検査方法は昔と違い、簡単で清潔にできる便潜血検査(検便)です。
「昨年受けたからもういらない」のではなく、毎年1回は大腸がん検診を受けることが早期発見になります。また、すでにこの1年以内に大腸がん検診を済まされた方は、ぜひご家族やお知り合いの方にもおすすめいただくようお願い致します。

【お申し込み先】
〒555-8790 大阪市西淀川区野里3丁目5−22
          淀川勤労者厚生協会 内
  西淀川・淀川健康友の会/大腸がん検診推進本部
(電話:06-6471-0496 fax:06-6471-0634)
電子メール:ken-tomo@a-net.email.ne.jp


昨年度の大腸がん検診キャンペーンスタート集会



●健康塾第4講 お口の健康

 10月18日、健康塾第4講「お口の健康・歯をなくさないために」(講師・生協森の宮歯科:瀧川久美子歯科衛生士)は、「歯周病」の怖さと予防についての講義と実技指導が行われ18名が受講しました。受講者からは「毎日のブラッシングの必要性を痛感した」などの感想が寄せられました。


歯科衛生士の傍らにコスモスが飾られ秋の風情

第11期健康塾のページ


●支部だより

= 健康イキイキ安心して住み続けられる =
= まちづくりをすすめよう! =

【西淀病院支部】
緑陰道路で健康チェック

 支部ではこれまでスーパーナショナル前で、毎月青空健康チェックを行ってきました。世話人会で「もっと健康チェックの機会を広げよう」という意見が出され、緑陰道路ですることが決まりました。
 10月から月1回、世話人さんが参加して、歌島橋の下の「足踏み運動具」の近くで行っています。健康に興味がある人が多く、次々と健康チェックを受けられています。
 受診された方には、入会、健診のお勧めをするようにしています。


「足踏み運動具」付近で健康チェックをする役員

◆◇◆

柏花支部】
作品完成が楽しみ ちぎり絵サークル

 ちぎり絵サークルは、現在7名の会員で行っています。支部ふれあいセンターまで来るのが大変ということで、柏里3丁目の越田さん宅をお借りするグループと、2つにわかれて行っています。センターでは、毎月第3木曜日の午後1時より3時頃までしています。和紙、色紙、が入った材料をもとにお手本を見ながら作ります。「完成したものを自分の家に飾るのが楽しみ」と言って熱心にされています。参加費・月500円。材料費1000円〜1500円(3ヶ月に1回程度)。


ちぎり絵を楽しむ会員(ふれあいセンター)

◆◇◆

塚本支部】
毎月楽しいおしゃべり班会

 毎月第4火曜日塚本老人福祉会館で、班会を開いています。血圧・血管年齢など健康チェックの後、10月は薬剤師を講師に「不眠症の話」、11月はのざと診療所の事務の方を講師に「会計書の見方」を学びました。医療費は厚生省で決定される診療点数で決まること、負担率は、保険や収入などで個々に違うこと。紹介状、医療費控除の申告のことなど生活に役立つ話が聞けました。インフルエンザ大腸がん検診のお誘いなどもしています。ぜひお越しくださいね。


のざと診療所の職員の「会計書の見方」の話を聴く会員

◆◇◆

佃支部】
大腸がん学習班会in佃1丁目

 11月18日、西淀病院外科の北先生を講師に大腸がん学習班会を、佃1丁目のリバーサイドマンション集会所(初めて開催)で行いました。会員13名・職員2名が参加し、北先生の分かりやすく楽しい話で和やかな雰囲気となりました。「毎年友の会健診は受けていたが、大腸がん検診だけ受けていなかったので今年からは受けます。」「大腸がん検診で陽性だったが、検査が怖くて病院にいかなかったので病院に行きます。」などの感想がよせられました。


西淀病院外科・北医師の話を聴く会員
(リバーサイドマンション集会所)

◆◇◆

淀川・三国センター】
「ためになるなぁ」毎月開催の学習会

 2008年6月20日の「友の会・三国センター」発足以来、淀協・ファルマの職員を講師に毎月開催の学習会も11月で6回を迎えました。会員には「健康の友」をお届けしながら、学習会のお誘いをしています。初めは「こんなん、おっくうやわ」「何か発言させられるの?」など、消極的であった人達も、顔を会わせれば話題になり毎回参加者は増えています。参加者からは「良かったぁ」「ためになるなぁ」「こんな話、なかなか直には聞けんもんなぁ」との感想が出るまでになりました。


西淀病院・緑川医師(左から2人目)の話と
スライド上映に笑顔の参加者(11月21日)

◆◇◆

ひめしん支部】
初めての一泊旅行in鳥取・岩井温泉

 11月12日診療所より一路中国道で鳥取へ、車窓より山々の紅葉を堪能しながら砂丘に到着、砂丘の雄大さに感激。浦富海岸では遊覧船で島巡り、日本海の荒波が彫りあげた豪快な島々の景観に満足した後、岩井温泉に到着し温泉に入り楽しい宴会が続きました。翌日、豊岡コウノトリの郷公園へ、野生復帰に向け豊かな自然環境をめざして研究・調査がされています。帰る間際、森の方から一羽のコウノトリが上空を旋回してくれました。お昼に出石皿そばをいただき帰路に着きました。


名物・出石皿そばの昼食前に記念撮影

◆◇◆

千北支部】
笑いあり・涙ありの健康まつり

 10月6日に恒例の千北支部の健康まつりを行いました。オープニングでは淀中学校の音楽部による箏(こと)の演奏が感動を呼び、職員によるドタバタ千北劇団が「義経伝説」を演じれば、笑いあり!涙あり!?の大爆笑。山口所長による「メタボ対策」の記念講演や、健康ストレッチ、三味線、カラオケ、吹矢体験、模擬店など盛りだくさんの内容に、300人を超える参加をがあり大成功でした。これからも地域に根差した診療所活動で頑張っていきます。


オープニングで箏の演奏をする淀中学校の生徒さん

◆◇◆

御幣島支部】
恒例の一泊旅行に行きました

 例年取り組んでいる一泊旅行、今年は少し遠出をと山代温泉まで足を伸ばすことにしました。10月23日から24日にかけて9人で大阪駅から電車に乗り、2時間20分で雄山閣へ着きました。雨がしとしと降る旅も、なかなか風情がありいいものでした。大理石の風呂で温泉の湯も腰痛、リウマチに良いとかで皆でゆったりつかり、遠くまで足を伸ばして良かったねと話しながら帰りました。


病院リニューアルの近況を話す職員

◆◇◆

竹島・加島支部】
分かりやすい話と大好評の班会

 竹島・加島支部では、西淀病院の緑川先生を交えての班会を2回開催しました。班会の中で、インフルエンザについての学習会をしました。緑川先生は、お話好きで色々な話を面白おかしく話してくれます。班会に集まった会員さんからは、「先生はお話がとても上手で分かりやすい」と大好評でした。
 また、竹島・加島支部では毎週水曜日に地域行動に取り組み、月1回のペースで街角健康チェックにも出かけています。これからも仲間増やし頑張ります!!


会員宅でインフルエンザの学習会


●体温計

 西淀病院のリニューアル工事も、いよいよ今年の2月に完成します▼2007年2月に本格着工して約2年間、多くの皆様の支えがありました。騒音や振動、断水や停電など、その度に皆様にはご迷惑をおかけしました。それでも大きな混乱もなく、無事終えられたのも皆様のご協力のお陰でした▼また、病院と工事関係者の会議が毎週行われ、一週間ごとの工事内容を確認し周知徹底を図りながら、工事が進められました▼とりわけ、病院を稼働させながらの工事には、工事関係者の細心の注意と奮闘に支えられました。夏の猛暑には40度を超え、冬は零下の中での作業、深夜でないとできない工事も度々ありました。避けがたい騒音・振動などの影響を最小限に抑えるための努力がありました▼そして友の会会員の皆様からは、信頼と期待を込めた6億円もの協同基金が寄せられ、今は、協同基金とともに、5億円を目標にリニューアル債(有利息)に取り組んでいます▼新しくなった西淀病院が、さらに地域の宝として愛されるには、会員と職員の共同の営みが大切です。今年も支え励まし合い大きく前進していきましょう。(O)




淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ