健康友の会

 ・健康友の会のご案内
 ・機関紙「健康の友」

トップページ

機関紙「健康の友」
健康の友

= 後期医療制度はきっぱり廃止を =

●見直し存続の自・公政権に審判を!西淀川社保協が訴え


宣伝・署名行動にとりくむ西淀川社保協の参加者(10月15日、西淀川区役所前)

 65歳から74歳までの高齢者世帯に対し、年金から国保料が天引きされることになった10月15日。西淀川社会保障推進協議会は後期高齢者医療医制度の廃止を求め、「国保料の年金天引きに納得いかない方は、年金天引き辞退申し立てをしましょう!」と、西淀川区役所前で宣伝・署名行動にとりくみました。
 行動は14・15日にとりくまれ延べ50人が参加、「後期医療制度『廃止法案』の可決を!見直しに固執する自・公政権に総選挙で審判を!!」のチラシを600枚配布・署名170筆を集めました。署名をした人は「後期高齢者医療制度は廃止しかない」と怒っていました。


●友の会月間 2週間で100人超える新入会員!


友の会強化月間の方針を確認した「スタート集会」

 今年の友の会強化月間は、9月から準備をすすめ“安心して住み続けられるまちづくりに友の会が役割を果たそう”と、「健診やインフルエンザをうけましょう!」「友の会に入って健康づくりをしませんか?」「病院リニューアルはここまですすんでいます」「会員・協同基金増やしに力をお貸し下さい!」などの声かけで、運動が拡がっています。
 西淀病院支部では10月1日初日、のざと診療所「友の会コーナー」で会員と職員が100人を超える患者さんと対話、その後も連日「コーナー」は大賑わいしています。その他の支部でも、「診療所友の会コーナー」や地域訪問行動が連日とりくまれ、2週間で100人を超える新会員をむかえ、協同基金の増資、班会開催、健診予約なども前進しています。
 月間目標(会員1250世帯、協同基金1億7千万円、班会250回、「いつでも元気」80部など)の達成 めざし、会員の持てる知恵と力を発揮しましょう。


●インフルエンザ予防接種をはやめに受けましょう!

 インフルエンザのワクチンは接種後2週間から5ヵ月間有効といわれています。今年は10月中旬から接種を開始しますので、早めに接種を受けましょう。今年度の実施期間・方法・料金は以下のとおりです。

1.実施期間  10月中旬から2009年1月末日まで

2.実施方法  成人は1回、13歳未満の小児は2回接種が原則
           ※各診療所で実施、事前に予約が必要です。

3.実施料金
(1)65歳未満の方(一般料金)
・友の会会員  1回  2,000円
・会員でない方 1回  5,000円
(2)65歳以上の方(大阪市在住者・公費負担あり)
・生活保護受給者  1回  無料
・非課税世帯の方  1回  無料         
・友の会会員     1回  500円
・会員でない方    1回 1,000円
    なお、公費での実施は1回のみです。
    2回接種を希望される場合は一般料金となります。

※実施日・時間等は各診療所で違いますので、お問い合わせください。
各診療所の電話番号は以下の通りです。
のざと診療所:4808―8151  ・姫島診療所:6473−5151
千北診療所 :6473−1864  ・柏花診療所:6471−8128
ファミリークリニックなごみ:6300−5517


●すてるウンチでひろういのち
  大腸がん検診キャンペーン実施11月〜2009年1月

 昨年度に引き続いて、今年も大腸がん検診推進キャンペーン実施します。ここ数年、食生活の欧米化(高蛋白・高脂肪食)に伴って大腸がんの発生が急速に上昇しており、この機会にぜひ大腸がん検診を受けられるようお奨めします。
 昨年の取り組みでは、便潜血陽性率は7.3%と全国平均よりもやや高く、その中から大腸がんやポリープなどが見つかりました。大腸がんは、何よりも早期発見・早期治療が大切で、検査方法は昔と違い、簡単で清潔にできる便潜血検査(検便)です。
「昨年受けたからもういらない」のではなく、毎年1回は大腸がん検診を受けることが早期発見になります。また、すでにこの1年以内に大腸がん検診を済まされた方は、ぜひご家族やお知り合いの方にもおすすめいただくようお願い致します。

【お申し込み先】
〒555-8790 大阪市西淀川区野里3丁目5−22
          淀川勤労者厚生協会 内
  西淀川・淀川健康友の会/大腸がん検診推進本部
(電話:06-6471-0496 fax:06-6471-0634)
電子メール:ken-tomo@a-net.email.ne.jp


昨年度の大腸がん検診キャンペーンスタート集会


●『健康の秋』健診をうけましょう!!

 淀協の病院、診療所では皆様の健康を守るとりくみとして健康診断を実施しています。友の会会員の皆様は会員価格(友の会からの補助)で受けることができます。
今年4月からメタボリック健診=『特定健診・特定保健指導』制度がはじまり半年をすぎましたが、制度自体の不備、「特定健康診査受診券が必要」ということもあり、昨年までの自治体健診の受診率を下回る状況にあります。淀協では特定健診と大阪市の各がん検診制度(胃、大腸、肺、乳がん、子宮がん)をあわせて、全身チェックをお勧めしています。会社の健診をすまされた方についてもがん検診を実施していないようであれば是非受けるようにしましょう。
 友の会の皆様へは加入の健康保険の種類で料金、受診方法の違いなどがあるため、毎年お送りしていた個人への案内が不十分でしたが、受診券のご相談をはじめ、健診の受け方、予約など承っております。お気軽に病院健診課、各診療所の窓口へお問い合わせください。
 友の会の仲間を増やす強化月間に、お知り合いの方にも是非入会を勧めていただき、街ごと健康づくりにもご協力ください。


西淀病院・健診課

西淀病院 健診・ドックコース


●健康塾第3講 よくわかりました生活習慣病

 健康塾第3講は9月27日、「生活習慣病・高齢者の健康と病気の理解」(講師:小松孝充・西淀病院院長)が開講され、塾生21人が受講しました。講義では、医学の進歩と生活習慣の変化で、死因の1位が戦前の感染症から脳血管障害、心疾患、癌へと変化したこと。心身ともに快適な状態を保ち健康寿命をのばし、早い目に医療を受けることの大切さなどを学びました。受講生からは「詳しくわかりやすい話でした」「自分でできる予防・運動をしたい」などの感想が寄せられています。


講義をする小松孝充・西淀病院院長

第11期健康塾のページ


●病院リニューアルニュース

 10月末から始まった病院東側の外壁工事も11月中旬に完成予定です。11月15日に、6階病棟の東側が完成する予定です。


病院東側の外壁工事中
☆「協同基金」にご協力ください☆

西淀病院リニューアルサイト


●支部だより

【西淀病院支部】
連日大賑わいの友の会コーナー

 友の会強化月間を迎え仲間増やし、協同基金の増資を訴えようと、のざと診療所の待合に「特設友の会コーナー」を設けました。
 抽選券付きのチラシを持って、次々と患者さんがコーナーを訪れます。世話人と職員が当番で対応に当たっています。
 「友の会に入会しませんか?」「病院リニューアルにご協力いただけませんか?」との訴えにみなさん快く応じていただけます。ちょっぴり楽しみな健康グッズが当たる抽選会もあり、コーナーは連日大賑わいです。


のざと診療所・友の会コーナーで応対する世話人と職員

◆◇◆

ひめしん支部】
月間成功へ毎週地域訪問

 この間、地域の役員さんと職員が組んで、毎週、火曜日・水曜日の午後の時間帯に地域に出ています。友の会会員さんには、西淀病院の改装工事の最新ニュースを見せて協同基金の増資をお願いしたところ、「以前入院させてもろて、先生・看護婦さんに親切にしてもろて感謝してます。こんなきれいになったんやったら、もうちょっと協力します」と、また別の会員さんは「今度入院するのが楽しみや、カンパしとくわ」とそれぞれ応えてくれました。役員さんたちは、この地域訪問と友の会コーナーでの呼びかけで、仲間ふやしなどの月間を成功させようと話し合いました。


さあ地域に出発だ!(姫島診療所)

◆◇◆

柏花支部】
ボランティアの班会でたこ焼きパーティー

 毎月最終の金曜日16時から診療所の2階で、班会を開いています。ボランティア活動に役立つ学習会(認知症の人への接し方など)を中心に色々勉強をしています。
 今回は、デイサービスでたこ焼きをおやつに出し、たこ焼きパーティーを企画しました。
 しかし、実際は、たこを入れるとのどを詰める危険があるため、たこは入れずにこんにゃくやテンカス、ねぎ、しょうが、卵、かつお、ウインナーを入れました。みなさん、「久しぶりに食べた」「おいしい」と中には、5つも食べた方が・・・。


ボランティアさんの作るたこ焼きに注目

◆◇◆

御幣島支部】
地域訪問で寄付金協力・健診予約

 友の会強化月間に入り御幣島支部では、10月10日に支部世話人さんと職員が地域訪問をしました。健診やインフルエンザの案内や病院リニューアルの近況報告と協同基金へのお願いに、2人ペアで4組に分かれて御幣島2丁目を回りました。「以前、妻が西淀病院にお世話になったから」と寄付をしていただいたり、「3年近く健診していないから受けます」との返事をいただきました。70軒訪問して42軒で対話ができ、1時間の有意義な地域行動でした。


病院リニューアルの近況を話す職員


●淀協理事会報告

第1回淀協理事会を9月25日に開催しました。内容は次の通りです。

【報告協議事項】
○9月24日に記者会見で発表した「全日本民医連緊急患者動向調査」の報告を受けました。
○8月度の経営結果は黒字予算に対して未達成となり、経営危機打開にむけて下半期にやるべき課題を議論しました。
○秋の「共同組織強化月間の方針と目標」及び月間中の取り組みの提案を受けて確認しました。
○介護署名は9月22日現在7523筆の到達で大きく前進し引き続き奮闘中です。他の課題とともに、10月に十三駅周辺で大署名宣伝行動を実施することにしました。
○協同基金目標をやりきるために、新たに訴えるリーフを作成しました。
○総選挙に向けた理事会アピールを確認し、全職員に配布することとしました。
○08年期淀協理事会体制についての淀協評議員会報告を、議論し確認しました。あわせて事務系常務理事の任務分担を確認しました。
○今期理事会の定例開催日は、毎月第4木曜日午後6時30分〜8時30分を確認しました。




淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ