健康友の会

 ・健康友の会のご案内
 ・機関紙「健康の友」

トップページ

機関紙「健康の友」
健康の友

= くらしは火の車 =
= 大阪市国保料、3年連続値上げ! =

●高い国保料の減免減額で申請・相談行動を展開!!


申請者の相談にあたる北山副会長(7月3日・西淀川区役所

 大阪市での国民健康保険料の年金天引き制度は、後期高齢者医療制度にならって、今年10月の年金支給分から始まります。これは、65歳以上の加入者だけの世帯等に適用されるもので、7月下旬に通知が届きます。「国保料が高くて払えない」状況の場合、区役所の窓口で相談すれば、支払期間を伸ばして1回あたりの支払額を低くしてもらうことができ、そうなれば年金天引きにはなりません。
 また、「3割減免」「特例減免」対象世帯は、申請することで保険料を安くすることができますし、所得未申告の方が所得申告することで国保料が安くなる場合もあります。
 そういう状況をふまえ、西淀川社保協の主催で「集団的個別申請」行動が、7月3日に取り組まれ、私も一緒に相談にあたりました。参加者からは「これでなんとか払えるよ」「安くなって助かった」などの声が多数寄せられました。

友の会副会長(大阪市会議員) 北 山  良 三


「高すぎる国保料引き下げて!」と署名活動中の寺戸副会長(7月9日・淀川区役所前)

 大阪市は今年も1・2%と国保料を3年連続値上げしました。介護保険料値上げや物価高騰などで市民のくらしは火の車、商売もやっていけないと悲鳴と怒りが沸騰しています。
高すぎる国保料の滞納世帯が3割を超え、短期保険証4万や資格証明書1万の発行など異常事態となっています。
 『国保をよくする淀川区連絡会』は6月22日、7月8・9・10・27日の5日間にわたり「払える国保料に」と、淀川区役所で減免・分納相談のサポートを行いました。今年は国保担当課が滞納世帯に対して人権侵害とも言える資産調査を行い、相談会場設置を拒否するなどの圧力をかけてきています。
 国保料値下げを実現した茨木市や西宮市などの住民運動にも学んで、国保料値下げの運動をさらに広げる取り組みが求められます。

友の会副会長(大阪市会議員) 寺戸 月美


= 平和行進50周年! 平和の願いを =
= ヒロシマ・ナガサキ、そして世界へ!  =


西淀病院を出発して淀川区に向け行進する参加者

 7月4日、今年も国民平和行進の西淀川〜東淀川の網の目行進が行われました。今回は、平和行進50周年という記念の行進でした。梅雨も明けて猛暑の中、出発の西淀病院から終点の東淀川区役所まで、西淀川からは14名が歩きました。この中には、西淀病院2名・千北1名の新人がいます。暑さの中、頑張って歩いた看護師は、「平和のことを訴えていくことは、難しく大変なことだなと思いました」「すごく暑く、最初は最後まで歩けるか不安でした。しかし、皆さんの平和の想いを聞くことができ、私に出来ることは今この瞬間だと思い最後まで歩くことができました。みんなの想いが周りの人たちに伝わるといいなと感じました」と感想を語ってくれました。


西淀川区から東淀川区まで通し行進した参加者


●病院リニューアルニュース

 すでに完成の4階も、これから完成予定の5・6階病棟の各フロアーには、障害の程度に応じた3種類の浴室が設置されます。機械浴室と介助浴室(個浴室)と一般浴室を配置しています。尚、5階の完成予定は9月中旬です。


☆「共同基金」にご協力ください☆

西淀病院リニューアルサイト


●支部だより

【千北支部】
大和田5丁目で「熱中症学習」班会

 6月25日(水)に、大和田5丁目の山城さん宅で西淀病院の落合先生を講師に、『熱中症』に関する学習班会を開催しました。当日は8名の参加で楽しく意見交流することが出来ました。定期的に班会をして行きたいと思います。当日出た質問をクイズ形式で載せておきます。参考にして下さい。
Q.水分補給は1日どれくらい必要ですか?
A.食事以外で最低500ml(ペットボトル1本)は摂りましょう。
Q.飲むヒアルロン酸は有効?
A.有効と判断されれば医師が処方できると思います。ただそのサプリメントを飲んでいて体調が良ければその人には合っていると思われます。


「熱中症」の話をする西淀病院・落合医師(左端)

◆◇◆

竹島・加島支部】
看護学生さんも参加して班会

 6月19日(木)世話人さん宅で健康班会をしました。近所の会員さん4人が参加、診療所から看護師・事務職員と、診療所に実習に来ていた看護学生さん2人も参加。メンバーが集まったら、まずは恒例の健康チェックから。今回は看護学生さんらに血圧を測ってもらい、体脂肪とメタボチェック(腹囲測定)をしました。この日の班会のテーマは「認知症について」、スライドや「いつでも元気」誌の記事を使って学習会をしました。学習の後は、お茶とお茶菓子を囲んでざっくばらんに交流もでき楽しいひとときでした。


歌島1丁目前田さん宅で7人が参加しての班会

◆◇◆

塚本支部】
「おしゃべり班会」

 塚本支部は毎月第4火曜日1時30分〜3時30分、塚本福祉会館2号室にて「おしゃべり班会」を開いています。世の中の出来事から身近な問題まで、おしゃべりと健康チェック(血圧、体脂肪、血管年齢の測定)。時には、看護師さんの話があったり、5月は研修に来られていた学生さんの「高血圧の話」や、6月は雑誌「いつでも元気」を使っての「アルツハイマー型認知症」の学習会をしました。8月26日に平和の行事を予定しています。7月4日の平和行進にも参加しましたよ。

◆◇◆

佃支部】
健診案内・署名で会員訪問

 6月15日、日曜健診には12名が参加しました。今年は「特定健診」との関係で、「受診券」が必要です。4月に国民健康保険に加入した人に、「受診券」が送られてきていましたが、充分徹底されていませんでしたので、4月の地域健診が6月に延びました。会員からの問い合わせや世話人の会員訪問活動が進んでいます。
 佃1丁目の会員への訪問活動が6月から、西淀病院医局事務の職員と支部世話人で、健診案内・病院リニューアルと協同基金の訴え・「医師・看護師ふやせ署名」などがとりくまれています。
 7月の世話人会では、9月に「ぶどう狩り」をとりくむことを決めました。


友の会活動を検討する支部世話人会(7月12日、支部センター)


●淀協理事会報告

6月22日、第22回理事会を開催しました。主な内容は次の通りです。

【報告協議事項】
○厚生労働省は採血用穿刺器具の調査を行い不適切使用医療機関名を公表する予定です。淀協の独自調査結果は、西淀病院・のざと診療所で不適切使用の期間があり、対象の方にお詫びと資料を送付しました。あわせて事業所内にお詫びを掲載し対応しています。
○5月度経営結果は、4月に続き赤字となり依然厳しい状況です。
○友の会班会月間では78回開催し、7月末までに目標100回達成をめざします。
よどの里10周年記念集会は170名の参加で大きく成功しました。
○電動ベッド基金は4千万円の目標に対して3,736万円の到達となっています。
後期高齢者医療制度廃止・大阪府「維新プラン」反対の取り組み強化を確認しました。
○介護ウエーブの強化に向け、8月末までの署名目標5千筆と淀協スタート集会の開催を確認しました。
○経営改善に向けて「全職員討議資料」で意思統一を推進中。今後の経営課題について議論しました。




淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ