健康友の会

 ・健康友の会のご案内
 ・機関紙「健康の友」

トップページ

機関紙「健康の友」
健康の友

謹賀新年
=ふれあいの輪をもっとひろげて=

●第11回健康まつり


第11回健康まつりに3500人が集い、舞台で親子リトミックを披露(10月28日・淀川区三国本町公園)

 快晴の10月28日、4年ぶりの淀川区(三国本町公園)での開催となった第11回健康まつりは、健康な暮らしをつくる知恵と体験・憲法を学び交流を深める場となり3500人が参加しました。
 舞台では、英真学園高校の軽音楽部のバンド2組の演奏でオープニング、西淀病院・小松孝充院長の「健康の話」、漫談・木藤なおゆき氏の「地球のすみずみに憲法の花を」、職員のマジックショーや会員・地元から多くの人々が出演しました。
 会場は、様々な食べ物や物品販売の模擬店・フリーマーケットで賑わい、シャボン玉遊び・バルーンアート・布わらじや竹とんぼ作りの子どもコーナー、行列が途切れない健康コーナー・歯科検診など、大盛況でした。
 「まつり」が終って参加者から「楽しく、みんなとあれこれ食べ歩きました」、「青空の下でいいお話、明るくて、楽しくて平和な一日を有難うございました。友の会がもっともっと大きくなりますように、知恵と力を出し合いましょう」などの「お便り」が寄せられています。


=力をあわせて平和・健康・くらしを守り、=
=安全・安心のまちづくりをすすめよう!=

新年のごあいさつ

●友の会の出番、大きな世論を

 春はすべての人に平等に訪れ、心に和みをもたらします。いきなりですが自公・小泉政権が打出した「構造改革」は格差と貧困を広げ、生存すら奪う最悪の事態です。先の参院選挙では、国民の怒りの1票はこの路線を否定し、地方にも表れました。しかし、今の福田内閣は反省せず、ひき続きこの路線を維持するとしています。腐敗した「政治と金」、国民不在の政治は「ノー」です。医療(いのち)の分野も、診療難・受療難でもうがまんも限界です。私達が求め続けている無差別平等の医療環境が維持困難となっています。こうした生活環境の中でこそ「友の会」の出番です。地域に根ざした新しい仲間づくり、励ましあい助け合いの輪を広げ、対話と心のつながりを深め、大きな世論の力をもって健康一揆をおこし、やさしい春を味わいたいと思います。

西淀川・淀川健康友の会会長 清藤 友令


●医療・介護、くらしの危機をともに打開しましょう 

 新年おめでとうございます。
 今ほど、医療構造改革の名のもとに貧困と格差が広がる中、医療・介護・暮らしが雪崩をうつように国民を苦しめているときはありません。“医療崩壊”“介護地獄”が叫ばれる中、淀協・西淀病院は最も苦しんでいる人たちの立場に立ちきった医療・介護をめざしていきたいと決意しています。
 その中で何より平和憲法を守り、地域の人たちに支えられ、いよいよ今年は本番をむかえる西淀病院の病棟リニューアルを、成功させる大事な年にしたいと思っています。
 また、医療を守るためには、医師・看護師の数が日本では他国に比べても国の政策で極端に低くおさえられているのが現状で、今の医療危機の原因ともなっています。淀協・西淀病院も大変苦労しています。協同基金とともに、医師・看護師の紹介も含め、友の会・地域の皆様方のご支援ご協力是非よろしくお願い申し上げます。

(財)淀川勤労者厚生協会理事長 澤田 佳宏


医療の破壊を許さない

 明けましておめでとうございます。
 昨年は患者様のニーズに応え、安全・安心の医療が提供できる様にISO9001の認証を取得したり、注射薬の無菌調製ができるクリーンルームを増設し、在宅医療の可能性を広げるなど会社の土台造りに力を注ぎました。
 薬学6年制への対応など現場での課題は山積みですが、正念場となる今年、これ以上の医療破壊は許さないと決意も新たにしています。
 友の会運動が「憲法がしっかり根づく我が街づくり運動」としてさらに発展することを心から願っています。
 本年もどうかよろしくお願い致します。

(有)大阪ファルマ・プラン社長 奥村 禮子


友の会の皆さんと地域に根ざし頑張りたい

 新年おめでとうございます。昨年はみなさんにとってどんな一年でしたか?1年を振り返り、格差は至る所に広がり、困難は極みとなる一方で少しづつですが色んな変化を生んできた年だったと思います。友の会の皆さんにご協力いただいた「看護師増員の署名」が、国会の両院でその主旨を受け入れて採択されたことは、今後の看護師確保・患者様への安心安全な看護の提供にとっても大きな成果だったと思います。7月に安倍自民・公明政権が国民の審判をうけ、教科書検定撤回を求め「歴史を捻じ曲げてはいけない」と沖縄県民集会には11万人が集まり、声を行動に移すことの大切さを感じました。今年も様々な風が吹くでしょうが、友の会の皆さんとともに地域に根ざし頑張りたいと思います。

西淀川医療労働組合委員長 小玉 裕加子


私たちの府政を取り戻しましょう!

 1月27日は、大阪府知事選挙の投票日です。1971年から79年までの8年間、私たちが力を合わせて黒田了一さんを大阪府知事にしたことがありました。「15の春は泣かせない」と府立高等学校をつくり、65歳以上の老人医療費の無料化を全国に先がけて実施しました。商工業者には無担保・無保証人の融資制度の拡充を行いました。住みよい街づくりでは、公害発生源の大幅な削減で大阪に青い空を取り戻しました。
 今こそ、あの時の合言葉「憲法知事さんこんにちは、公害知事さんさようなら!」を思いおこし、「憲法を暮らしに生かす府政を一緒につくろう!」を合言葉にして、府民が主人公の府政を取り戻しましょう。健康、暮らし営業を支える暖かい府政、談合・裏金問題を一掃し清潔な府政の実現で、再び皆さんの力で福祉都市「大阪」をつくり上げましょう。


インフルエンザ予防接種をはやめに受けましょう!

インフルエンザ予防接種 インフルエンザのワクチンは接種後2週間から5ヵ月間有効といわれています。今年は10月中旬から接種を開始しますので、早めに接種を受けましょう。今年度の実施期間・方法・料金は以下のとおりです。

1.実施期間  10月中旬から2008年1月末日まで

2.実施方法  成人は1回、13歳未満の小児は2回接種が原則
○各診療所で実施、事前に予約が必要です。

3.実施料金
(1)65歳未満の方(一般料金)
・友の会会員   1回  2,000円  
・会員でない方   1回  5,000円
(2)65歳以上の方(大阪市在住者・公費負担あり)
・生活保護受給者      1回  無料
・非課税世帯の方      1回  無料          
・友の会会員         1回  500円
・会員でない方        1回 1,000円
尚、公費での実施は1回のみです。
2回接種を希望される場合は一般料金となります。

※実施日・時間等は各診療所で違いますので、お問い合わせください。
各診療所の電話番号は以下の通りです。
のざと診療所:4808―8151  姫島診療所:6473−5151
千北診療所 :6473−1864  柏花診療所:6471−8128
ファミリークリニックなごみ:6300−5517


●健康塾10周年記念講演会を開催

 10月20日、健康塾第4講・10周年記念特別講演会「知ってほしい認知症、メタボリック症候群の知識」(講師・大野啓文塾長)を開催し、40人が受講しました。講演は大野塾長の体験談も交えながらの話に、受講者が熱心に耳をかたむけていました。受講者からは「認知症の人への対応の仕方などよく理解できた」「まず運動と食事、よく笑う、一人にならないよう気をつけたい」などの感想がよせられました。


「認知症・メタボリック症候群」で講演する大野塾長

第10期健康塾のページ


●病院リニューアルニュース

 11月19日、2階生理検査室が完成しました。中央階段側から(1)腹部エコー(2)生理検査(心電図・スパイロなど)(3)心エコー室(写真)・トレッドミル(4)脳波・筋電図室の順です。同じく19日より、1階の地域医療連携室入院受付から食養科事務室が1月20日完成予定。2階の医局等の改修工事は、年内の完成予定です。


☆「協同基金」にご協力ください☆

西淀病院リニューアルニュース・ナウ NO.2


●支部だより

【ひめしん支部】 大阪市のムダづかいにビックリ

 11月17日、北山良三大阪市会議員(友の会副会長)と一緒にムダな大型開発・乱脈な同和行政の実態を見学しました。咲洲・舞洲・夢洲、さらに沖合いに何の計画もない4つめの埋め立て開発を見て唖然としました。ゴミ処理場の趣味の悪いデザインひとつひとつに使われている億単位のお金、夢洲トンネル・地下鉄の計画(街づくり構想もないままの北港テクノポート線)、テナントが集まらず負担増大のWTC(地上55階の立派な超高層ビル)、夢舞大橋の回転しない大橋、大規模な修繕代を市に負担させる大阪ドームなど、大阪市のムダづかいにビックリしました。また、同和地区への見学では、芦原病院・地区の学校・資料館を一周し、病院の使途不明金、立派な住宅、公園の施設等に使われる金額を聞いてビックリしました。


北山市会議員からゴミ焼却場の説明を受ける参加者

柏花支部】 久しぶりにとりくむ友の会「ゼロ番」

 柏花支部では、月間の成功にむけて何年ぶり?かの「ゼロ番」にとりくみました。
 中塚先生の夜診時に出資コーナーを設置。患者さんに出資と入会を呼びかけました。
 13名の方が快く出資に応じてくれました。1万円出資してくださる方や「今持ち合わせがないので」とお家にもどって再度診療所に来て出資してくださる方も。
 また新入会の方が2名、後期高齢者医療制度撤回を求める署名が12筆と、とりくんで元気の出る行動となりました。


診療所で「ゼロ番」に座る浅野支部長

西淀病院支部】 第7回史跡・戦跡ツアー

 10月13・14日の第7回史跡・戦跡ツアーは大久野島(広島)の「毒ガス資料館」、大津島(山口)の人間魚雷「回天」記念館と発射台などを巡る旅でした。9名の参加者でゆっくりと戦争について学ぶことができました。
  美しい瀬戸内海の島々には消すことができない戦争の悲惨さと、日本の軍隊が加害者だったことを証明する証拠がありました。
 二度と悲惨な戦争をおこしてはならないとの思いを強くし、人命の尊さと平和の大切さを学ぶ旅となりました。


人間魚雷「回天」記念館

【御幣島支部】 恒例の旅行は「神戸のしあわせの村」 

 11月8〜9日で、神戸のしあわせの村へ行きました。2日間とも大変お天気に恵まれ、会員7名・職員2名と参加者は少なかったのですが、和気あいあいと楽しむことができました。ジャングル温泉で汗を流した後は、食事とカラオケで大変盛り上がりました。翌日は日本庭園をゆっくりと散策し、紅葉している木々を眺めながら静かな時を過ごし、その後はバスでしあわせの村を一周見学し、敷地の広さに驚き自然を満喫しました。


神戸のしあわせの村内で記念撮影


 



淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ