健康友の会

 ・健康友の会のご案内
 ・機関紙「健康の友」

トップページ

機関紙「健康の友」
健康の友

=さあ、社会保障の充実・市政の刷新=
=友の会の強化をすすめよう!=

●月間「スタート集会」

「後期高齢者医療制度」の報告をする北山副会長(大阪市会議員)
「後期高齢者医療制度」の報告をする北山副会長(大阪市会議員)

 2007年度友の会強化月間(10・11月)の「スタート集会」は、9月27日午後・のざと診療所3階で、清藤会長の冒頭挨拶、北山良三副会長・大阪市会議員の「後期高齢者医療制度」、茨木診療所健康友の会の矢頭事務局長の「高齢者会員の熱中症予防訪問活動」、武田組織部長の「月間方針」の報告がされ、会員・職員65人が参加しました。
 今年の「月間」は、国民の大きな反対の声に政府も「凍結」と言わざるを得なくなった来年4月からの高齢者の医療費負担増や後期高齢者医療制度の実施を「凍結」ではなく、中止・撤回させるとりくみと社会保障制度拡充運動や切実な市民要求の実現と市政改革(11月18日投票の大阪市長選挙)の運動が求められています。
 こうした運動課題を地域住民と共にすすめつつ、友の会の独自課題(仲間ふやし1,450世帯、協同基金の増資1億6千万円、班会開催300回、「いつでも元気」誌50冊、健康まつりチケット普及5,000枚)をすすめようと提起しています。全体の目標は大きく見えますが、会員・職員一人ひとりの自主的で意識的な活動(「私のガンバル宣言」)を集めれば達成は可能です。


●「後期高齢者医療制度は中止・撤回を!」

2000人が参加した
全日本民医連第9回共同組織活動交流集会in長野

2000人が参加した
史上最高の参加者で「交流集会」開催(松本文化会館)

 9月30日・10月1日、長野県松本市で全日本民医連第9回共同組織活動交流集会が、史上最高の2000人の参加で開催され、西淀川・淀川健康友の会から会員・職員26人が参加しました。
海老名香葉子さん 「集会」は、「高齢者の生きる権利を奪う『後期高齢者医療制度』は中止・撤回を!」の特別決議を確認し、「強化月間」での奮闘を誓いました。
 第1日目の分科会は全国から259演題、「西淀川・淀川」が10演題(全支部)を発表しました。第2日目の全体会は参加者の熱気がぐんぐん伝わり、海老名香葉子さんが「戦禍に残された一つの命」と題して記念講演を行い、東京大空襲の体験を通して「戦争は一瞬にして家族の幸せを奪い人間の心まで変えてしまう、このような戦争は絶対してはいけません」と重みのある言葉と、落語家のおかみさんの日常生活を面白おかしく語り、会場は涙と笑いに包まれました。 


●はい、福祉部です【20回】

「ケアプランセンターみてじま」が独立・移転しました

 「ケアプランセンターみてじま」が、9月14日独立・移転しました。在宅福祉総合センターみてじまの機構から独立し、すぐ近くにある御幣島の旧林喜彦先生(西淀病院名誉院長)宅を一部改修し、ケアマネージャー6名が引越ししました。
 最初は物の整理がつかず大変でしたが、今は利用者さんやご近所の方の介護保険の相談に気軽に訪問していただけるようになりました。
 事務所は以前の2階部分より1階ですので玄関を開ければ、すぐに訪問者のお顔が見え、対応しやすくなりました。すでに利用者の方が「近くに寄ったから」とおこしになり、「便利になった」と喜んでいただいております。6名は看護師と介護福祉士です。これからも、地域の皆様と一緒に福祉をよくするために歩んでいきたいです。 (鈴木牧子) 


インフルエンザ予防接種をはやめに受けましょう!

インフルエンザ予防接種 インフルエンザのワクチンは接種後2週間から5ヵ月間有効といわれています。今年は10月中旬から接種を開始しますので、早めに接種を受けましょう。今年度の実施期間・方法・料金は以下のとおりです。

1.実施期間  10月中旬から2008年1月末日まで

2.実施方法  成人は1回、13歳未満の小児は2回接種が原則
 ○各診療所で実施、事前に予約が必要です。

3.実施料金
(1)65歳未満の方(一般料金)
    ・友の会会員   1回  2,000円  
    ・会員でない方   1回  5,000円
(2)65歳以上の方(大阪市在住者・公費負担あり)
    ・生活保護受給者      1回  無料
    ・非課税世帯の方      1回  無料          
    ・友の会会員         1回  500円
    ・会員でない方        1回 1,000円
尚、公費での実施は1回のみです。
2回接種を希望される場合は一般料金となります。

※実施日・時間等は各診療所で違いますので、お問い合わせください。
 各診療所の電話番号は以下の通りです。
   のざと診療所:4808―8151  姫島診療所:6473−5151
   千北診療所 :6473−1864  柏花診療所:6471−8128
   ファミリークリニックなごみ:6300−5517


「大阪市の制度を利用して乳がん検診をうけましょう!」

お待たせしました。
 西淀病院が乳がん検診(マンモグラフィ)の施設認定取得

 日本人女性がかかるガンの多くは乳がんです。女性の22人に1人が乳がんになると言われています。年間1万人が命を落とす乳がん。今春、厚生労働省は40歳以上の女性の乳がん検診は、マンモグラフィ(乳房レントゲン撮影)をするべきという指針を出しました。
 マンモグラフィとは、乳房専用のレントゲン撮影のことです。「マンマ」はラテン語で「乳房」のことです。早期がんの発見率を向上させた撮影法です。乳がんは早期に発見されれば、95%が治癒すると言われています。定期検診で乳がんを早い時期に発見しましょう。
◎ご相談は、西淀病院健診課までご連絡ください。
 
06−6472−1141

 
マンモグラフィー(乳房専用レントゲン撮影機械)と撮影模様


●健康塾第3講「生活習慣病・高齢者の健康と病気」を開講

 健康塾第3講・「生活習慣病・高齢者の健康と病気の理解」(講師:小松孝充・西淀病院院長)が9月29日に開講され、14人が受講しました。講義は、病気の予防・健康的な生活習慣・健康の定義・生活習慣病・老化・認知症・高齢者の病気の特徴など多岐にわたる内容で、受講者から「『笑いのすすめで、笑って難病を克服した』という話はとても興味をもちました。」「面白く・楽しく、理解しやすい講義」と好評でした。

第10期健康塾のページ


●病院リニューアルニュース

 10月15日、1階での総合案内・外来受付・会計・医事課事務室(写真)と第4診察室から結石破砕室のゾーンが完成。今回、受付・医事課はOAフロアー化、受付カウンターも新しくなり、身障者用の低いカウンターも併設しています。


☆「協同基金」にご協力ください☆

西淀病院リニューアルニュース・ナウ NO.2


●支部だより

【千北支部】 関西スーパー前でまちかど健康チェック

 大和田の関西スーパー前で、8月29日に「まちかど健康チェック」を実施しました。炎天下の取組でしたが、役員・職員合わせて7名が参加し、署名を集めたり健康チェックを勧めたりと奮闘しました。
 健康チェックと同時に実施した、憲法9条守ろう署名と国保・介護保険料引き下げ署名は30筆集まりました。署名に応じてくれた方からは「ご苦労さまです。家族の分も一緒に書いてもいいですか?」、「暑いのにご苦労様です。」などの温かい声をかけていただきました。地味な活動ですが、継続すれば大きな力になることに確信を持ち、これからも頑張って続けていきたいです。


健康チェックと署名活動にとりくむ会員・職員

塚本支部】 念願のパソコン教室開く

 年1回、お礼と感謝の気持ちを込めて、自分なりの年賀状を出したいと考えていました。職員に講師をお願いし、10月で3回目になります。思ったより難しく、「何でキーがABCの順でないの」とか「っ」「を」「ん」「じゃ」など覚えるのが大変です。今はまだまだですが数年後には立派にマスターして、美しい年賀状を差し出す日を目指してこれからもがんばります。こんな塚本支部に遊びに来ませんか。


職員の説明でパソコンの操作をする会員

佃支部】 「健康で住み続けたい」を大切に支部活動

 支部ができて6ヶ月、毎月の支部世話人会と健康チェックを続け、「健康の友」新聞も世話人の協力で仕分けと配布をしています。支部世話人会では「住み続けたい、そのためにも健康で居続けたい」という会員の思いを大切に支部活動をすすめています。世話人会では「健康診断をうけた?」「こんな健診結果だけど、どんなことに注意したらいいの?」「医療費の還付ってどうしたらいいの?」「駅前の自転車の放置どうしたらいいんだろうね?」と、お互いの健康に関わることから地域のことなど、多岐にわたる会話がされ話は止まりません。和気あいあいと会員さんになくてはならない友の会をと、相談している今日この頃です。


毎回活発に意見を出し合う支部世話人会

【竹島・加島支部】 「話せてよかった」半年ぶりの班会 

 10月9日、加島3丁目の中山さん宅班会を開催しました。久しぶりの班会でしたが、なじみの会員さんが6人集まり、ざっくばらんに盛りあがりました。学習会では研修医の金子医師より「大腸がん検診のすすめ」をスライドを使って分かりやすく、お話いただきました。普段は手押し車を使っていて、なかなか外に出る機会のない会員さんは、「久しぶりに外に出て、みんなといろいろ話せてよかった。」と喜んでくれました。


金子医師(右から3人目)の「大腸がん検診」の話を聞く会員


●淀協理事会報告

9月26日(水)、第13回理事会を開催しました。主な内容は次の通りです。

【報告協議事項】
○8月度の経営結果は、病院が予算を突破する奮闘でしたが、診療所群が患者減・収益減で苦戦、介護事業所が引き続き厳しい状況で法人全体では予算に1000万円未達でした。
○インフルエンザ予防接種の料金について、今年度は薬品の納入価が下がったため前年より500円値下げし、2000円の友の会料金にすることを確認しました。
○友の会拡大強化月間、秋の大運動方針を確認しました。
○病院リニューアル工事の状況報告を受け、追加工事の内容等を確認しました。
○よどの里1階フロアーの利用・活用検討チームを理事会に設置することにし、メンバーを確認しました。
○大阪民医連川添事務局長より「共愛会・相川病院への事務幹部派遣要請」の説明を受け検討した結果、要請内容を正面から受け止め事務幹部を派遣することを確認しました。



淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ