健康友の会

 ・健康友の会のご案内
 ・機関紙「健康の友」

トップページ

機関紙「健康の友」
健康の友

=核兵器のない世界を一日も早く=

●原水爆禁止2007世界大会in長崎

7000人が参加の世界大会・閉会総会(8月9日、長崎市の市民会館体育館)
7000人が参加の世界大会・閉会総会(8月9日、長崎市の市民会館体育館)

 8月9日、原子爆弾が投下されて62年目の長崎。「2007年原水爆禁止世界大会」が開かれ、「核兵器のない世界を一日も早く」と海外代表や全国から7000人が参加し、「原爆の悲劇は長崎を最後に」との誓いを新たにしました。西淀川原水協から参加した18人の内、淀協・ファルマと健康友の会から15人が参加しました。
 今年の大会は、「原爆投下はしょうがない」発言や憲法改定などの動きにたいし、参議院選挙が国民的な審判となったことも受けて、総会や分科会で「運動を強め、共同をいっそう広げよう」と意気高い討論がされました。海外代表からも「9条を守る運動と核廃絶の署名運動は、世界の活動家と政府を励ましている」と高く評価されるなど、日本の運動が果たす責務は一段と大きくなっています。青年が大会参加者の半数以上を占め、被爆者の証言を聞き、学び、議論する若者に、明日を切り開く行動への発展を強く感じました。参加者は、「核兵器廃絶署名」の推進と多面的な行動を大いにすすめる決意で帰ってきました。


●「払える国保料に」と364人が集団減免申請(淀川区)


国保料減免申請の参加者(8月6日、淀川区役所)

 淀川区国保をよくする会は8月6日・7日と2日間にわたり、淀川区役所で「払える国保料に」と集団減免・分納申請を行い、364人が参加しました。
 今年は自民・公明の安倍内閣による定率減税廃止のため、住民税が大幅に値上げされ、さらに昨年から大阪市は国保料の計算方法を変え、大幅に国保料を引き上げた上に、今年も残酷にも4・5%の値上げで大きな怒りと悲鳴が爆発、また声にもならないうめきがあがるのも当然です。
 国保をよくする会では集団申請に先立ち、医療制度改悪の中味もしっかり学び、国民の命綱となる社会保障制度の拡充こそ必要だと、地域で62回、延べ515人が参加の学習懇談会を開催しました。


相談中の姫野浄・大阪市長候補(左)と
寺戸副会長・大阪市会議員(右)


8月6日西淀川区に今年も“平和の鐘”が鳴る

 広島への原爆投下日の8月6日は、今年も西淀川区の百島・乗願寺と大和田・善念寺の2ヶ所のお寺で“平和の鐘”が鳴り響きました。


=お知らせ=

友の会強化月間スタート集会

 友の会強化月間(10・11月)は、安心して住みつづけられるまちづくり・健康づくりをすすめるため、地域から平和と生存権を守りぬき仲間との連帯を強め、仲間(会員)・協同基金をふやして地域から頼りにされる友の会をめざします。
「強化月間スタート集会」にお集まりください。

と き: 9月27日(木)午後2時〜4時 
ばしょ: のざと診療所3階研修室
内 容: 「特別報告」・地域行動

第11回(2007年)健康まつり

 楽しい企画が盛りだくさんです。多数のご参加をお待ちしています!

と き:10月28日(日) 
◎参加協力券300円 ※豪華賞品が当たる福引つき
    ところ:三国本町公園(淀川区三国本町1丁目)


●健康塾 第2講「お口の健康」で講義と実技

 健康塾第2講は7月28日、「お口の健康・歯を無くさないために」をテーマに、講師・生協森の宮歯科の歯科衛生士による講義と実技指導で17人が受講しました。
 講義はスライドを使い歯周病の恐ろしさを詳しく説明、実技指導では歯ブラシの使い方や赤い染色液を使って歯磨きの仕方の指導がありました。
 受講生の感想は「歯の磨き方や歯磨きの大切さを実感出来た」「歯は自分で守るもの、こまめに時間をかけて歯磨きを心掛けたい」等でした。

第10期健康塾のページ


●病院リニューアルニュース

 「明るい!」「きれい!」「予想以上の仕上がり!」8月7日、1階リハビリテーション科(写真)・健診課ならびに待合ホールの美装改修工事が完成しました。これまでのイメージを一新する明るさに、リニューアルすると、こんなにも変わるんだと大きな反響が広がっています。


西淀病院リニューアルニュース・ナウ NO.1


●支部だより

【塚本支部】 こんな身近な所に戦争のツメアトが

 8月の朝日新聞でも取り上げられましたが、塚本のすぐ隣「新北野」の府立北野高校に、太平洋戦争のつめあとが保存されています。米軍の機銃掃射による弾痕が残るレンガの校舎の壁面。そして、この戦争で失った生徒達を慰霊する「殉難乃碑」が建てられています。二度とこんな事があってはいけない。戦争が決して過去のものではなく、いつ巻き込まれるか、いつ加担させられるか分からない今、憲法9条を守ることの大切さを、改めて痛感しました。


北野高校の校舎壁面に残る機銃掃射の弾痕

御幣島支部】 恒例の平和バザー

 7月19日(木)10時より、在宅福祉総合センター前にて平和バザーを取り組みました。晴天に恵まれ、物品もみなさんの協力で集まりました。
 友の会の役員さんやご近所の方々の声かけもあって、1時間足らずの間にある程度売り切りました。自転車で通る人も足を止めて下さったりと、和気合あいとした雰囲気の中で無事に終りました。


物品に見入る人々(総合ステーションみてじま)

千北支部】 祈りをこめ平和の鐘を鳴らしました

 広島に原子爆弾が落とされた8月6日、大和田5丁目の善念寺で平和の鐘をつきました。八木住職から、自らが体験されたことにもふれながら広島でのあの悲惨なできごとを二度とくりかえしてはいけない、平和ほど尊いものはない。一瞬にして人間のいのちを奪うのが戦争、憲法9条は何としても守りぬかなければならないとお話がありました。その後、参加者一人ひとりが祈りをこめて平和の鐘を鳴らしました。


“平和の鐘”をつく会員・職員

【佃支部】 大繁盛、行列のできた健康チェックコーナー

 毎年恒例の「佃コーポまつり」が8月4・5日に開催され、佃支部として初めて参加をしました。健康チェックは血圧・体脂肪・血管年齢の測定とお医者さんの一言アドバイスもあり、たちまち行列ができました。健康についての関心が高く健康診断の予約がされたり、メタボリック症候群についての質問や血管年齢の結果で「医療機関に相談をされては」「今の症状で気をつける事」などの相談が寄せられていました。当日は西淀病院医局からお医者さんをはじめ、検査技師・看護師・職員さんが参加していただきました。「西淀病院健康チェック」「西淀川・淀川健康友の会」ののぼりも用意しました。


「佃コーポまつり」の健康チェック


【よどの里】 デイケアのみなさん作成の超大作!


はり絵(たて・よこ234cm)


●淀協理事会報告

7月26日(木)、第11回理事会を開催しました。主な内容は次の通りです。

【報告協議事項】
○2007年度当初予算の上方修正を確認するとともに、病院リニューアル成功の裏づけをつくるため、1億の利益確保を必ずやりあげることを確認しました。
○病院リニューアル工事の期間について検討をおこない、病棟工事期間をできるだけ短縮する方法で工程を再検討することにしました。
○淀川区で友の会活動の飛躍をつくるため、人口が急増している阪急宝塚線「三国」駅近辺を候補地に、地域の寄り合い所となる事務所を開設することを確認しました。
○旧沓脱先生宅を改修した「認知症対応型通所施設」の名称について意見交換をおこない、職員の意見を聞いたうえで最終判断することにしました。
○労働条件見直し提案の内容について検討しました。




淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ