健康友の会

 ・健康友の会のご案内
 ・機関紙「健康の友」

トップページ

機関紙「健康の友」
健康の友

謹賀新年

友の会強化月間
新春の金閣寺     撮影  三谷 翔


=新年のごあいさつ=

●仲間づくり2万世帯へ共同の輪をひろげましょう

西淀川・淀川健康友の会会長 清藤 友令 新年おめでとうございます。
 2006年は、平和を守るとりくみや安心して住み続けられるまちづくりの活動でも、会員が力を合わせてとりくんできました。長年の念願であった淀川区への診療所・ファミリークリニックなごみの建設が実現しました。
 2007年は、昨年より着手した西淀病院のリニューアルを成功させるため、引き続き友の会会員・地域の皆様のご支援ご協力をお願い申し上げます。
 一方、社会保障や医療改悪を進める政府(自民党・公明党)による私達への“いたみ”のつけまわしは介護や受療権を奪い生存権さえも危うくする事態となっています。これらを押返していく運動と、とりわけ2007年の地方と国政の選挙では明確に審判を下しましょう。
 西淀川・淀川健康友の会は、草の根から世論の声を高めいのちと暮らしを大切に、仲間づくり2万世帯の目標達成をめざして共同の輪をひろげましょう。

西淀川・淀川健康友の会会長 清藤 友令


●憲法とともに60年西淀病院リニューアル成功を

(財)淀川勤労者厚生協会理事長 澤田 佳宏 新年おめでとうございます。
 今から60年前、日本国憲法が施行された年の2月10日に淀協・西淀病院は誕生しました。 そして、地域の人達の支えがあったからこそここまで大きくなってこれました。しかし、医療や介護のたび重なる改悪のもと、一度病気で倒れると、本人のみならずその家族の生活も体もボロボロになってしまう人達に出会うことが多くなってきています。今こそ私達は、本当に困難な人達に寄り添い、これまで私達の平和を守ってくれた憲法9条を守りぬくんだという決意の中で、今年は西淀病院の本格リニューアルに着工します。
 私達の未来に夢をたくす事業にしていくためにも、是非、地域・友の会の人達の御支援・御協力を心よりお願い申し上げます。

(財)淀川勤労者厚生協会理事長 澤田 佳宏


●第9期健康塾第4・5講を開催

第4講「認知症の正しい知識」
 健康塾第4講「認知症の正しい知識」は、10月28日に大野塾長が講義され21名が受講しました。講義は認知症の症状や認知症の人と接するときの注意等について詳しく話されました。受講者の感想は、「症状が充分理解出来た。認知症の人には人格を尊重した態度で接し、決して叱ったり、幼児扱いをせず、じっくり聞き、間違いを訂正したり否定せず、相手に合わせてあげる事が大切だと痛感した」などでした。

第5講「介護老人保健施設とパワーリハビリの見学」
 健康塾第5講は、11月25日に介護老人保健施設・よどの里の概要などを聴き、施設を見学しました。パワーリハビリは、理学療法士からスライドで説明を受け、実際に体験しました。塾生の感想は「明るく居心地の良い場所だと思った」、「職員の方々が利用者の経済面の対応にまでよくされている事に好感を持った」、「動かなくなった部分の筋力アップに役立ち機能回復につながっていることがよくわかった」、「根気よく続ける事の大切さがいかに大事か、他の人達にも話したい」等々でした。

第9期健康塾のページ


●支部の健康まつり 3ヶ所で開催!

ひめしん支部

 11月19日、よどの里2階で開催されたひめしん支部健康まつりは、約600人が参加する盛況ぶりで、「健康でにこやかに皆と楽しめたらいいね」との思いが実りました。「まつり」は来賓者・主催者の挨拶の後、午前のメインテーマ「いきいきころりん100歳まで」の記念講演(講師:井上賢二・姫島診療所所長)がおこなわれ、特にお年寄りの参加者が心強く励まされる内容でした。その後、舞台では落語や各サークルの演芸などを楽しみ、模擬店での食べ物、フリーマーケットでの買い物など、ボランティアの方々のご努力により成功裏に終了し、最後に「豪華抽選会」では当選者発表時に大きな歓声があがりました。

健康まつり
落語を楽しむ参加者(よどの里2階)

塚本・柏花・竹島加島の支部が合同で

 11月19日(日)朝から冷たい風と時折り雨が降るなか、塚本公園で設営が開始。風に煽られながらも藤棚をうまく利用した模擬店が完成しました。この様な天気のなか約400人が参加し、模擬店はすべて完売、バザーの売上も上々でした。雨のため精密機械での検査はできませんでしたが、37名の方が健康チェックもしていただきました。抽選は、特賞が塚本の小学生に、1等のお米もそれぞれ入場者に当てていただき、会場中みんなで手をたたいて一緒に喜びました。寒くて大変でしたが、とてもホットな1日でした。尚、バザーの収益金27,000円は、ユニセフへ寄付いたしました。

健康まつり
時折り強い風雨のなか楽しむ参加者=塚本公園

デイサービス1日体験などで健康まつり

 11月26日みてじま支部第2回健康まつりが、在宅福祉総合センターみてじまで開催されました。今回のテーマは「健康いきいきこころもなごむ デイサービス一日体験」で、一日の過ごし方を見て頂き、ゲーム、試食、特殊入浴を体験。第二会場では健康チェック、会員さんの喫茶コーナー、サークル紹介など。クイズコーナーは右脳を刺激し、答えが分かると歓喜の声があちこちで聞こえました。職員と会員の交流の場となり楽しい一日でした。

健康まつり


●淀協理事会報告

 11月30日、第3回理事会を開催しました。主な内容は次の通りです。
【報告協議事項】
○病院リニューアル工事に伴い、現在病院内にある施設の一部を病院外に移転することにしました。
○労働組合との秋年末交渉経過と協定内容を確認しました。
○65歳までの雇用延長制度の提案内容を検討し確認しました。
○10月度経営結果が194万円の剰余(予算比13%)にとどまりました。予算未達成が続いている状況を打開するため、管理執行体制を強化していきます。
○病院で検討している病棟構造転換の討議報告を受け、法人全体の課題として成功させていくことを確認しました。
○病院リニューアルを淀協創立60周年記念事業と位置づけ成功させること、07年春以降に淀協創立60周年の集いを計画することを確認しました。




淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ