健康友の会

 ・健康友の会のご案内
 ・機関紙「健康の友」

トップページ

機関紙「健康の友」
健康の友

 

西淀病院「機能評価認定」を受ける

 西淀病院は2005年11月21日付で、財団法人日本医療機能評価機構から病院機能評価(バージョン4)の認定を受けました。
 病院機能評価は、(財)日本医療機能評価機構(国民が適切で質の高い医療を安心して受けることができるよう、病院の機能を中立的な立場で学術的に評価し、その結果明らかになった問題点の改善を支援する第三者機関)が病院の現状と問題点を明確にし、改善の成果が認められる病院に認定証を発行します。認定病院は標準的水準以上と評価され、認定証の有効期間は5年間です。

 評価は(1)病院組織の運営と地域における役割(2)患者の権利と安全の確保(3)療養環境と患者サービス(4)診療の質の確保(5)看護の適切な提供(6)病院運営管理の合理性(7)療養病床に特有な病院機能を柱に606項目に及びました。評価者が病院に3日間来院し、書類と実態を審査しました。こうした厳しい審査の結果、西淀病院が「認定基準を達成している」と証明されました。

※現在、全国9,040病院のうち1,835病院(20%)が認定されており、西淀病院と同じバージョン4又は5で認定されている病院は1,101病院(12%)となっています。

病院機能評価認定のページ(西淀病院)


友の会20年誌
「あゆみ」を発刊

 友の会の創立20周年を記念してパンフレットが発刊されました。私も編集作業にたずさわることになり、これまでの友の会の運動資料をあらためて整理しました。友の会活動の「宝物」の蔵出しです。「宝物」は蔵の中では、その値打ちに気づかないものです。
 パンフでは20人の方が「その時」の友の会を語りました。7人の支部長さんはそれぞれの支部への思いを謙虚に語っています。友の会の全34のサークルの活動紹介も揃いました。みんな友の会の「宝物」です。
 この「宝物」を20年誌の発刊を機会にみんなの共有の財産にして友の会の運動に生かして頂きたいと思います。さらに資料として阪神大震災の被災者救援のための「健康の友特別号外」や「民医連綱領」「憲法の前文と9条」が入っています。新しい会員のお誘いや班会などに役立て頂ければと願っています。

「20年誌」編集委員



淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ