健康づくりチャレンジ 大募集!参加費無料
簡単料理TOP

簡単料理で健康に!!

●鯛の梅マヨネーズ焼き

 今回は、2月の旬な食材、体を紹介します。
 鯛は、「くろだい」「ちだい」「きだい」など、タイと名のつく魚は日本の周辺だけでも200種を越えますが、一般的に鯛といえば真鯛(まだい)のことを指します。日本各地で漁獲されますが、天然物は少なく、市場に流通する8割以上が養殖物です。
 鯛は良質なタンパク質を豊富に含み、脂質が少なめなのが特徴です。良質なタンパク質は、体力、筋力、免疫力を向上させ、代謝活動を促進する働きがあります。多価不飽和脂肪酸のドコサヘキサエン酸(DHA)とエイコサペンタエン酸(EPA)の含有量は、青魚類に比べると落ちますが、鯛にもしっかりと含まれています。

■作り方

  1. 鯛は塩と酒をまぶして30分以上おき、味をなじませます。
  2. 菜の花は熱湯で色よくゆでて冷水にとり、水気を絞って食べやすく切ります。
  3. 梅マヨネーズの材料を合わせ、よく混ぜておきます。
  4. 鯛の水気をふいてオーブンで両面を香ばしく焼き、皮目に(3)をたっぷりぬり、表面に薄く焦げ色がつくまで焼きます。
  5. 器に鯛を盛って、(2)の菜の花を添えます。

■材料(2人分) 1人259kcal・塩分1.2g

鯛       ・・・ 4切れ
塩       ・・・ 小さじ半分
酒       ・・・ 大さじ1杯
菜の花     ・・・ 1束
◇梅マヨネーズ
マヨネーズ   ・・・ 大さじ4杯
梅肉      ・・・ 小さじ2杯
卵黄      ・・・ 1個分

 

西淀病院食養科・科長 村田 敬也



淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ