健康づくりチャレンジ 大募集!参加費無料
簡単料理TOP

簡単料理で健康に!!

●秋刀魚(さんま)と舞茸(まいたけ)の南蛮漬け

 舞茸は繊維を多く含んでおり、現代人にとっては大変合理的な食材といえるでしょう。また、味よし、香りよし、そのうえ成人病予防にも適しています。
 “きのこの王様”と言われている舞茸の成分・MDフラクションが免疫力を増強し、群を抜いた抗ガン作用があると言われています。秋刀魚と舞茸で秋を味わいましょう。

■作り方

  1. 秋刀魚は腹わたを取り一口大に切り、水気をよくふいて片栗粉を薄くまぶしつけておきます。
  2. 天婦羅鍋に揚げ油を熱し、170℃でカラリとなるまで揚げます。
  3. 舞茸は大きく裂き、油で約2分、素揚げにします。
  4. 予め作っておいた合わせ酢に、揚げたての秋刀魚、舞茸を漬け込みます。
  5. 時々混ぜ合わせ、味をなじませます。一晩漬け込めばより美味しくなります。

材料(2人分) 1人300kcal

・秋刀魚   ・・・ 2匹(250g)
・片栗粉   ・・・ 20g 
・舞 茸   ・・・ 2パック

<合わせ酢>
・淡口醤油  ・・・ 15cc
・味 醂   ・・・ 15cc
・砂 糖   ・・・ 15g
・りんご酢  ・・・ 60cc
・だし汁   ・・・ 60cc

■献立例
○きんぴらゴボウ
○小松菜と薄揚げのお浸し

西淀病院食養科・科長  高芝 雷太



淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ