健康づくりチャレンジ 大募集!参加費無料
簡単料理TOP

簡単料理で健康に!!

● 秋刀魚の南蛮漬け

 秋刀魚のおいしい季節がやってさました〜♪
 新鮮な秋刀魚は、腹が銀白色に光り、身がしまって、ぴんと反り返っています。また、口先や尾のつけ根が黄色いものは脂がよくのっています。
 秋刀魚といえば、塩焼き!塩焼きには大根おろし、すだちやレモンといったかんきつ類がつきものですが、大根には魚の焦げで心配される発ガン物質を抑える働き、かんきつ類に豊富なビタミンCには発ガン物質の生成を抑える働きがあります。食味も含めて、絶妙の取り合わせといえますね。その他に、かば焼き、煮付け、フライなど・・・味付けをしっかりすると、生臭さが気にならなくなります。今回は ″秋刀魚の南蛮漬け”の紹介です。

■作り方

  1. 秋刀魚は頭を落とし、内臓を出してよく水洗いをし、一尾を3〜4等分に切って、しょうが汁と酒を絡めて10分ほど置く。
  2. 薄切りにした玉ねぎと、千切りにした人参をAの漬け汁に漬け込んでおく。
  3. (1)の秋刀魚は汁気を切って、片栗粉を薄くまぷす。フライパンに大さじ2の油を入れ中火にかけ、秋刀魚の両面をこんがり焼く。
  4. 焼けた秋刀魚は油をきり、熱いうちに(2)に漬け込む。途中秋刀魚の上下を返して全体になじませ、器に盛り、貝割れ大根を散らして出来上がり。

■材料(4人分)1人395kcal

・秋刀魚   ・・・ 4尾
・玉ねぎ   ・・・ 中1個
・人参    ・・・ 30g(1/3本)
・貝割れ大根 ・・・ 15g
・しょうが汁 ・・・ 小さじ2
・酒     ・・・ 大さじ2
・片栗粉   ・・・ 適宜
A(漬け汁用)
・醤油    ・・・ 大さじ4
・酢     ・・・ 大さじ3
・砂糖    ・・・ 大さじ1
・ごま油   ・・・ 小さじ1/2
・水     ・・・ 1/2カップ
・油     ・・・ 大さじ2

■献立例

○里芋のそぽろかけ
○焼きしいたけと青菜のおひたし

栄養士 工藤 万紀



淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ