健康づくりチャレンジ 大募集!参加費無料
簡単料理TOP

簡単料理で健康に!!

● 春の野菜と卵を使った料理

〈卵)の栄養について〜
 卵は、価格が安定し、しかも安くて栄養価の高い、とっても優れた食品です。調理法も手軽で、誰にでも好まれますから、成長期の子ともをはじめ、家族みんなのタンパク源のひとつといえるでしょう。卵のタンパク質は消化吸収されやすく、疲労回復や内臓の働きの活性化に効果的です。
 卵といえばコレステロールが気になるところ・・・確かに、卵にはコレステロールが多く含まれていますが、反面、コレステロールをとり除くレシチンも豊富に含まれています。レシチンは善玉コレステロ−ルを増やし、血管の壁にこびりついたコレステロールを溶かして、血液の流れをサラサラにする働きがあります。なので、健康な人なら1日に1〜2個程度なら大丈夫です。普段からコレステロール値が高めな人は、卵を食べる量を控えたり、野菜、芋、きのこなど食物繊維をしっかり取るようにしましょう。
 最後に、購入した卵の保管は冷蔵庫(10℃以下)に、卵のとがった方を下にして置いてくださいね!!卵の賞味期限は、卵を安心して「生食」できる期限です。賞味期限が過ぎたら、できるだけ早く加熱調理をしてから食べるようにしましょう。

(春のオムレツ)

■作り方

  1. じゃがいもは薄いいちょう切りにし、玉ねぎはみじん切り、赤ピーマンは粗いみじん切りにする。
  2. (1)の野菜をフライパンで軽く炒めて火を通す。
  3. ボウルで卵を溶き、(2)の野菜と、塩ゆでしたクリンピース、シーチキンを加え、塩、コショウする。
  4. フライパンに油をよく熱し、(3)を流しいれる。大きく3、4回かき混ぜ、蓋をして弱火にし8分通り焼き、返して両面焼いて出来上がり。

■材料4人分

・玉ねぎ    ・・・ 1/2個
・じゃがいも  ・・・ 1個
・赤ピーマン  ・・・ 1/2個
・グリンピース ・・・ 1/2カップ
・卵      ・・・ 5個
・シーチキン  ・・・ 50g
・油      ・・・ 大さじ1
・塩      ・・・ 少々
・コショウ   ・・・ 少々

■献立例

○つくねと若竹煮
○根菜汁

栄養士 工藤 万紀



淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ