健康づくりチャレンジ 大募集!参加費無料
簡単料理TOP

簡単料理で健康に!!

● 春キャベツとアサリのクラムチャウダー

 春がやってきました〜♪
 あたたかくなってくると…装いが軽くなり、心も足取りもはずんできますね。あちらこちらに色々な花が咲き始めてくるのが楽しみの一つです。
 春には“新玉ねぎ”“新じゃがいも”“春キャベツ”〜やわらかくて、みずみずしい野菜がたくさん食べられる季節です。野菜をスープ煮にして、たっぷり摂ることが出来ます。今回は、春野菜とアサリを使ったスープの紹介です。
 アサリの選び方は、生きたものはしっかり殻を閉じているか、塩水の中で水管を伸ばし、さわるとすぐ殻を閉めるのが新鮮で、殻の色が黒っぽいものが良いです。むき身は、身が太りつやのいいものが良いでしょう。調理のコツは、殻つきは殆どが砂出ししてから売られていますが、砂出しをするなら2〜3%の塩水に一晩つけて砂を吐かせ、殻をこすり合わせながら水洗いします。むき身は塩を振ってヌメリを取り、水洗いしてから使います。アサリは、火の通りが早いので、加熱しすぎないように気をつけましょう!殻が開いたら火を止めるくらいでちょうどよいです。

■作り方

  1. アサリは殻をこすり合わせてよく洗う。キャベツはざく切り、じゃがいも・人参・玉ねぎは、1.5cm角に切る。Aは混ぜ合わせておく。
  2. 鍋に(1)の野菜、水、コンソメを入れて火にかけ、やわらかく煮たら牛乳とAを加え混ぜる。
  3. 沸騰したら、(1)のアサリを加え、口が開いたら出来上がりです。塩・コショウで味をととのえる。

■材料4人分

・アサリ(殻つき)・・・ 250g
・キャベツ    ・・・ 4枚
・じゃがいも   ・・・ 1個
・玉ねざ     ・・・ 1/2個
・人参      ・・・ 1/2本
・水       ・・・ 2と1/2カップ
・固形スープの素 ・・・ 2個
・牛乳      ・・・ 2カップ

・小麦粉     ・・・ 大さじ2
・マーガリン   ・・・ 大さじ1

■献立例

○鰆の塩焼き
○菜の花の辛し和え

栄養士 工藤 万紀



淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ