健康友の会

 ・健康友の会のご案内
 ・機関紙「健康の友」

トップページ

機関紙「健康の友」
一口アドバイスTOP

薬剤師の一口アドバイス

「 手荒れについて 」  

 手指の皮膚は分泌される皮脂と水分による皮脂膜により保湿・保護されています。繰り返しの刺激や水仕事・冬の乾燥によって皮膚の保湿成分が失われ乾燥がひどくなり指先が硬くなったり割れたり赤くなるのが手荒れです。
 これに加え、指先の血流循環が悪く角化・亀裂を生じるのが「進行性指掌角皮症」です。また、アトピー素因を持つ人に多いのが手の平や背・指先に皮膚炎が出現し痒みを伴う「手湿疹」です。
 治療として亀裂がある時は保湿剤(ザーネ・ウレパール・ヒルドイド)をこまめに塗ることです。角化を防ぐ時はサリチル酸ワセリンなども使います。また、血行改善のために飲み薬を使うこともあります。手湿疹ではステロイド含有外用剤も一緒に使います。他に日常的に洗剤を原液で使用しないことや、手袋や水ばんそうこうを使って刺激を少なくする工夫も大切です。
 ケアをしていても良くならない場合は、別の皮膚病の可能性もあるので皮膚科に相談をしましょう。



淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ