健康友の会

 ・健康友の会のご案内
 ・機関紙「健康の友」

トップページ

機関紙「健康の友」
一口アドバイスTOP

薬剤師の一口アドバイス

「 インフルエンザのときの解熱薬の使用に注意 」  

 発熱は細菌やウィルスなどから体をまもる、大切な防御機能のひとつです。解熱剤、鎮痛剤を使用すると、熱や、痛みは一時的に和らぎますが、体を守る免疫反応も抑えてしまい、インフルエンザを悪化させ、脳炎などを起こさせる可能性もあります。
調査では、アセトアミノフェン以外の解熱剤をインフルエンザに使用すると急性脳症の起きる可能性が高まると言われています。インフルエンザの高熱にはアセトアミノフェンが基本です。

(実際に解熱剤を使うときの注意) 
 解熱剤は体温を下げるだけで病気そのものをなおすものではありません。しかしとくに小児や、高齢者などでは高熱状態が続くと体力を消耗してしまいます。解熱剤で一時的に熱を下げ、体力の消耗をふせぎ回復を助けることが大事な場合もあります。
 インフルエンザにかかったら、充分な休養と栄養、水分摂取、体を温め、熱が出てきたらわきの下や、首の後ろなどを冷やすなどの手当てをしてください。さらに様子をみて、高熱のときは大人も子供もアセトアミノフェンを使用します。解熱剤は頓服で一度服用したら、熱が下がらないからと何度も服用せず、5〜6時間はあけて下さい。



淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ