2006.10.1

−患者様各位− 70歳未満の方対象

高額療養費委任払制度を受けられる方へ

  これまで、一部の患者様には、入院費を会計窓口で一度全額お支払いしていただいてから返金の手続きをしていただいておりましたが、2006年10月より上限額の決まったお支払いとなり、返金などの手続きが不要となります。

1.高額療養費支給の対象

 同じ月に受けた診療について、医療費の自己負担の額が高くなり定められた限度額を超える場合、超えた額は高額療養費として支給されます。但し、入院食事代高額療養費支給対象外となります。


2.高額療養費の自己負担限度額 4回目(直近1年以内)から、自己負担限度額が【】内の金額に減額されます。
所得区分
限度額
上位所得者
(月額53万円以上の者)
150,000円 +α(食事代は除く)
【83,400円】
一 般
80,100円 +α(食事代は除く)
【44,400円】
低所得者
(市民税非課税世帯)
35,400円 +α(食事代は除く)
【24,600円】
※高額長期疾病患者の自己負担額は月額1万円。但し、人工透析を要する上位所得者は月額2万円

3.高額療養費受領委任払制度

 市民税非課税世帯、または一部負担金が高額なため、その支払いが困難な方には一部負担金の高額療養費部分を大阪市から直接病院に支払う方法(受領委任払制度)があります。
 この制度を利用していただくことにより患者様が病院に支払う金額は定められた自己負担限度額までとなります。但し、大阪府下の医療機関のみの取扱いとなります。
 くわしくは、お住まいの区の区役所保険年金課保険担当までご相談ください。


4.高額療養費の申請時に必要なもの

 保険証、印鑑、当院でお渡しする『高額療養費受領委任払承認申請書』の3点
 区役所に提出後、区役所で渡される『委任払承認通知書』等の2通を受付にて提示してください。

 

地図
西淀川区役所淀川区役所



淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ