2006.10.1

−患者様各位− 70歳以上の方対象

10月より窓口での自己負担額が変わります

 2006年10月より、70歳以上の方(前期高齢者・老人医療受給者)の窓口でお支払いいただく 自己負担限度額が変わります。おなじく、一部の70歳以上の患者様(現役並み所得者)の患者負担割合が2割から3割へ変更となります。
 また、06年度税制改正に伴い現役並み所得者に移行する高齢者、低所得者に該当しなくなる高齢者につき、06年8月から08年7月までの2年間は従前とおりとする経過措置があります。

1.月額の自己負担限度額  4回目(直近1年以内)から、自己負担限度額が【】内の金額に減額されます。
所得区分
自己負担限度額(月額)
世帯単位(外来・入院)
個人単位(外来のみ)
現役並み所得者
患者負担2割⇒3割
80,100円+α(食事代を除く)
【44,400円】
44,000円
一 般
44,400円
24,600円
低所得者U
24,600円
8,000円
低所得者T
15,000円
8,000円
※ 高額長期疾病患者の自己負担額は月額1万円

「現役並み所得者」は月収28万円以上、課税所得145万円以上の高齢者
「低所得者U」は世帯員全員が市町村民税非課税者、或いは受診月に生活保護法の要保護者であって自己負担限度額・食事標準負担額の減額により保護が必要でなくなる者
「低所得者T」は世帯員全員が「低所得者U」に該当し、さらにその世帯所得が一定基準以下

2.入院時のお食事代(食事療養費)について

 入院時のお食事(食事療養費)は自己負担限度額の対象外となり、診療費には含まれておりません。
 お支払いされた食事療養費の金額については、『老人一部負担金一部免除』の資格をお持ちの方に限り、お住まいの各区役所にて返金の手続きができます。(一部、できない場合がございます。)

≪上記の資格をお持ちの方は、区役所にて返金の手続きをされることをお勧めします≫

地図
西淀川区役所淀川区役所



淀協ホームページ 淀協トップページ サイトマップ